「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NDソフトスタジアム山形で見つけた旨いもの

NDグルメ_1

 久しぶりにスタジアムグルメ情報を。アウェーに行くたびにあれこれと食べ歩いては写真を撮っているのですが、やはりチームの状態が悪いと中々掲載するのがためらわれてしまいます。そんな柔な気持ちじゃいけないと思っているのですが・・・。ということで、内容はともかく、勝利したNDソフトスタジアム山形でのグルメ情報です。この日は取りすぎたカロリーを消費するために、「高擶」駅から徒歩30分かけてスタジアムへ。気合いが入ってのグルメ取材でした(汗)。

 まずは手に入れるのが難しい「炎のカレーパン」から。写真は対戦相手にちなんで販売される限定発売のもの。水戸戦では納豆が入っていたそうですが、この日は福岡名物「めんたいこ」が入っていました。開場と同時に売店に行ったのですが、すでに残りは2個。売店の女の子に2個とも買わされそうになりましたが、そこは笑顔に負けずに1個だけゲット。山形にしてみれば「福岡を食ってやる」ということだったのでしょうが、「めんたいこパワー注入」と呟いて、おいしくいただきました。

NDグルメ_6
NDグルメ_4
NDグルメ_5
 そして左の写真。メインスタンドで一番目立っていた売店です。ハンバーガーから芋煮まで、およそのものがここだけで売っています。なんだか味のデパートのようでうれしい気分になってしまいました。これでけあると、さすがに何を食べていいのか迷いますが、なにはともあれ、地元ならではのものを食すことにしました。

 まずチョイスしたのは、山形といえば玉こんにゃく。鍋の中で醤油ベースのタレに使って美味しそうに煮えていました。串に3本さしてあって100円は安い!味もいいし、低カロリー(汗)。おなかが気になる私にはうれしい一品でした。~四をちょっとつけて、ハフハフしながら食べるのはたまりません。

 写真下は、ご存じ「芋煮」。ネギ、里芋、牛肉、豆腐と具だくさん。メインが里芋ではなく豆腐だったのは残念。価格の関係かもしれません。食べながら思ったのは、やはり芋煮は河原でワイワイやりながら食べるのが美味しいということでした。小さめの寸胴で煮ていましたが、もっと大きな鍋で煮たらおいしかったのに。
NDグルメ_2

 そして、この日最もおいしかったのがコレ。山形の名産米「はえぬき」を使った「弁慶にぎり」。表面に味噌を塗った焼きおにぎりのことです。普通の焼きおにぎりと、その焼きおにぎりを高菜の葉っぱで巻いたもの、それに沢庵がついて260円。写真を撮りながら「福岡から来た」と言うと250円にまけてくれた上に、麦茶までサービスしてくれました。中身は何も具が入っていないシンプルなものですが、手造りの素朴の味が最高。まさしく、「お母さんの味」でした。

NDグルメ_7
NDグルメ_3
 なんでも、朝3:00に起きて準備したそうで、おにぎりは2度焼きしているそうです。三川町のかつらぎ会の皆さん(写真左)が売っていたのですが、やさしそうな雰囲気と絶妙にマッチしていたのも美味しさの秘密かも知れません。何がどうといわれても、とにかく本当にうまい。日本人なら絶対に好きになること間違いありません。早い時間に完売しました。

 この売店で売っていた、もうひとつの素朴な味が里芋団子。里芋をすりつぶしたものを団子のように串に刺して味噌だれが塗ってありました。さすがにお腹が一杯で食べることができませんでしたが、きっとこれも素朴な味でおいしいに違いありません。次の対戦で訪れたときは、絶対に食べようと決めて売店を後にしました。

コメント

「炎のカレーパン」はおもしろいですね^^
なかなかアウェーまで足を運ぶ機会がないので、
グルメ情報は結構楽しみにしています。

でもカレーと明太は合うんですか?

コメントありがとうございます。
ネタはそれなりに集めているので、少しずつお披露目していきたいと思います。

さて、カレーパン・明太子入りの味ですが・・・
特に違和感はありませんでした。ただ、カレー自体の味が濃いので、明太子は食感を楽しむ程度のものでした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。