「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝ち点3が最良の薬

キックオフ2時間前のNDソフトスタジアム

 前節を勝利で終えたものの内容的には疑問符のつく福岡と、敗れたものの内容的には強かった頃のサッカーを再現した山形。前節の影響がどちらに、どのように影響するのか興味深い試合でしたが、結論からいえば、やはり勝ち点が最良の薬だったということ。山形は勝てないときのサッカーに逆戻りし、福岡には第1クールで見せていたパスワークが戻ってきました。しかし、布部陽功、久藤清一、久永辰徳の3人はそろって厳しい顔を見せました。

 それは、やはり内容が手放しで喜べるようなものではなかったからです。前半は多少のミスもあったものの、基本的には福岡のペース。ボールを前後左右に回して山形にプレスの的を絞らせず、山形にほとんど何もさせませんでした。先制点のオウンゴールは田中佑昌の積極的な姿勢が生んだもの。2点目は、流れるようにつないで、最後はリンコンのスーパーラストパスからアレックスが落ち着いて流し込んだもの。ほぼ問題のない内容でした。

 ところが問題は後半に起こります。「立ち上がりは良かったんだけれど、1点を取られてから、またバタバタしてしまった」(久藤清一)。2点目を狙って前に出てくる山形に対し、明らかに福岡の最終ラインのパス回しが不安定に。つながなくていいところをつないでパスを奪われ、蹴ってはいけないところで蹴ってボールを失う。この悪循環から何度もゴール前へ攻め込まれます。「勝ったのに負けたような気分」。久永は試合をそう振り返りました。

 原因は、受け手のボールを引き出す動きがなくなること。その結果、足元に出すパスを狙われてしまいました。もうひとつはリードしているときのゲームコントロールが確立していないこと。しっかりと守ってカウンターというのが定石ですが、福岡はリードしていてもリスクを背負って仕掛けることでしか試合を進められません。そして、プレッシャーに慌ててしまうこと。ゆっくりと無難なところで落ち着かせて様子を見ることができません。

 結論から言えば、本質的な課題はまだ解決したわけではありません。それでも、厳しい試合でも勝ち点を積み重ねることがリーグ戦を戦う上での必要条件。そういう意味では、草津、山形との2連勝は、福岡が少しずつ前進していることの証でもあると思います。「負けたら悪い所を修正するだけになってしまうが、勝った試合の修正は成長につながる」とは久永。矛盾するようですが、結果が先行することでチーム状態が整備されていくのはよくあること。そういう意味では、非常に貴重な勝利と言える試合でした。

コメント

中倉さんお久しぶりです。

ご指摘通りに後半のバタバタ感は、相変わらずでしたね。
後半開始から山形のプレッシャーがきつく川島・宮本の両CBからの組み立てが全くできずミスパスからカウンター食らってましたが、
山形が1点返してからは全くプレッシャーかけてこなくなり、助かったと思いました。
前と後ろの意思疎通もあってない部分があると思うので引くときは引く・出るときは出るとメリハリのあるプレーができればもっともっと良くなっていくのではないかと思います。
とはまぁ勝つことが何よりだし目先も大事ですが
来季以降J1で定着できるようなチームになって欲しいと思いますね。

>東京住いさんへ

 リトバルスキー監督のサッカーは、選手たちが主体的に考えて臨機応変に対応することが幹になっていますが、リードしている展開で同じことが起こっているので、簡単な決まり事をつくるというのも手かも知れません。「困ったときはまずこうする」というものがあれば、あそこまで慌てなくても済むでしょうし。自分たちのサッカーをやりやすくするために、多少は型にはめる部分があってもいいような気もしています。

 状況に応じて常に考えながら答えを探すサッカーは、要求されることも多く非常に大変だと思います。しかし、それはチームが一つ上のレベル、すなわち、J1で勝てるチームになるためになは必要なこと。それがリトバルスキー監督が指揮を執っている意味でもあるように思います。選手にとっては難しいチャレンジですが、やり方を貫いたうえでJ1に昇格してくれることを願っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。