「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずは勝ち点3

苦しい時こそチームを支える

 せっかく勝ったというのにバタバタとして更新できずにいました。申し訳ありません。

 チームが志向している攻撃的なサッカーとはかけ離れた試合でしたし、主導権を草津に握られる時間が多かった試合でしたが、今の福岡には勝ち点3が最優先。実際には草津の詰めの甘さに救われた感もありますが、まずは勝ち点3を取れたことで良しとしていいのかなと思っています。ただし、課題はキチンと整理して次の試合に臨んでほしいものです。

 さて、目についた課題をいくつか書いてみたいと思います。少しずつボールを回せる感覚が戻ってきたようですが、まだ縦に入れるタイミングが早いような気がします。福岡の特徴はゆっくりとボールを回して相手の守備網のほころびが大きくなるのを待ってから、そこを一気に突くというもの。はやる気持ちが分からなくはないですが、もう少し我慢してボールをポゼッションし、相手のマークがズレるのを待つべきだと思います。

 守備面では、セットプレーやクロスボールの時に相手をドフリーにしてしまう癖は全く改善されないままでした。中盤の守備は1対1で潰すことを求められていますが、それにしても連携がなさすぎるために、数的優位を保っていながら簡単に抜けだされるシーンが目立ちました。その結果、中盤が下がらざるを得なくなり2ndボールを拾えなかったのも草津にペースを握られた原因でした。個々の責任を明確にするということが必要なように思います。

 いい面を見つけるのが難しい試合でしたが、その中で光っていたのが再三、左サイドを突破した久永辰徳、いつものようにいぶし銀のプレーを見せて試合を決める2点目を挙げた久藤清一、そして中盤のバランスを取っていた布部陽功のベテラン3人衆でした。苦しい時は、やはりベテランが頼りになるということを痛感した試合でもありました。しかし、いつまでも頼っていては彼らも潰れてしまいます。本田真吾、城後寿の2人がレギュラーを脅かすようにならなければいけません。

 それにしても、草津は随分いいチームになっていました。そして草津に限らず、どのチームも連動した守備をベースに非常に組織的なサッカーを実践しています。言ってみれば、昨シーズンまでの福岡と同じタイプ。そういう相手に点を取るのは難しいし、不用意に攻めれば相手の思う壺。そういう意味では、これからも難しい試合が続きますが、慌てず、騒がす、ボールをポゼッションして、じっくりと攻める感覚を早く取り戻してほしいものです。

コメント

難しいから面白い

リトバルスキー監督が今年アビスパに導入した戦術はキャンプで基礎を浸透させただけで開幕を迎えました。1クールは思った以上に成果を見せてくれましたが2クールは応用に悩み自ら基礎を見失いかけていました。此処から脱出できるかどうかは選手の努力とサッカー経験がものを言うと思います。ベテランの選手にはどんどん若手を鍛えて、かつ考え方を伝授してくれる事を願います。また、レギュラーのベテランですら難しいけどサテの選手には早く基礎を理解して欲しいです。サテの底上げなくして昇格や強いチームになる事はできないのですから。とにかくみんな頑張れ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。