「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5年ぶりのナビスコカップ

ナビスコカップ@三ツ沢
 
 スコアは0-1でしたが完敗でした。それぞれの選手は最後までボールに喰らいついていたと思いますが、フルメンバーでない現状では、やむをえない結果かなという印象でした。今まで戦ったどのJ1のチームよりも、個の強さ、スピード、組織力、型にはまったときの絶対的な強さ等々を感じました。シーズン前に自分がイメージしていたJ1のチームでした。もちろん、横浜FMも代表を欠いていてベストメンバーではなかったのですが、それでも、やはりJ1でした。

 まだ6試合しか見ていないので断言することは出来ませんが、どうもJ1は、上位チームと、それ以外のチームの格差が大きいような気がします。3~4チームを除けば、どこも同じような力で、どのチームも一桁の順位が狙えるし、どのチームも降格争いに顔を出す危険性を抱えている。それがJ1のような気がします。加えて組織というよりも、チームの中にいる個の強い選手の人数、あるいは個の強さの程度で、チームの順位が決まっているように思えます。

 福岡には個の強い選手はいませんが、他のチームにない組織力があります。そういう意味では、「J1でも十分にやっていける。けれども楽は出来ない」というのは間違いないと思います。そんな混戦リーグを生き残るためには、どんな状況であっても勝ち点を積み重ねることが必要ですから、選手が揃わない中での4引き分けは悪くない。自分たちの力を信じて、集中力を切らさずに戦うことが出来れば結果は付いてくると思います。

 さて、昨日の試合の収穫といえばFWとして先発し、Jリーグ公式戦デビューを果した城後選手。一方的に押し込まれた前半は見せ場を作れませんでしたが、ポジションをボランチに変えてプレーした後半は、チームも落ち着きを増し、まずまずのプレーが出来たように思います。本人は全く緊張しなかったと言っていましたが、デビュー戦とは思えない落ち着いたプレーは大物の予感を漂わせていました。その才能を大きく花開かせて欲しいものです。

コメント

こんにちは。ぼっちです。
今のアビスパ福岡そしてJ1の状態が良く判りました。
そうですね。我がアビスパ福岡には、松田監督が築き上げた組織・ディシプリンがありますからどんな局面でもある程度はやってくれると信じています。
個人技の高い選手は諦めも早いと良く聞きます。しつこく食いついて仕事をさせければ組織のアビスパに勝機が見えてくると思います。選手は強い気持ちを90分維持して戦って欲しいです。

こんばんは。明日の試合に備えて1日早く大阪入りしてホテルで、あれやこれやと準備中です。

我慢の試合が続きますが、明日はJ2時代からのライバル京都が相手。なんとしても勝ちたいものです。西京極に来られる方も、福岡から念を送ってくださる方も、みんなの力を合わせて勝ち点3をもぎ取りましょう

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。