「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閑話休題 「何かを変える」

絶対に勝つ

 勝負の世界でゲン担ぎをする人は意外と多いものです。リトバルスキー監督も右手首に、お子さんからプレゼントされたというドイツ国旗を模したリストバンドをつけていました。そういえば、Jリーグが開幕した頃、多くの選手がミサンガを手首や、足首に巻いていたものですが、最近、全く見なくなりましたが、いったいどこへ行ってしまったのでしょうか。ゲン担ぎの方法にも「はやりすたり」があるということなのかもしれません。

 かく言う私は、ゲン担ぎをほとんどしたことがありません。どこかで運命論者的なところがある私は、与えられた状況や環境の中で、どこまで頑張れるかということが大事なのであり、自分が望むものであろうと、望まないものであろうと、ある結果は自分にとって必要だから起こったことであり、すべてを受け入れつつ、それでも決してあきらめないということを信条にしているからです。そんな私が一度だけゲン担ぎのようなことをしたことがあります。

 中学生の頃、軟式テニス部に所属していた私は全道大会を控えた夏の練習中に、女子部のキャプテンと練習試合をして負けてしまい、情けなさのあまりラケットを地面にたたきつけて折ってしまったのです。冷静になってみれば馬鹿なことをしたものですし、そのキャプテンに好意を寄せていたこともあって恥ずかしさで一杯になってしまいました。そこで、折れたラケットを試合のたびに審判台の下に置きました。自分を戒めるためと彼女のためにも絶対に勝つという思いを込めて。結果はベスト8でした。

 そして火曜日、30年ぶりにあることを決行しました。別に私が何をしたからと言ってチームがどうなるものでもないのですが、「何かを変えよう」という思いが日に日に大きくなっていったからです。しかし、たばこはやめられないし、酒もやめられない(汗)。サッカー以外に趣味があるわけでもない。そこで、古典的な方法で「何かを変えよう」という思いを形に表しました。まあ自己満足なんですけれど(汗)。

 サラリーマンを辞めた時に、職業柄できなかったことをやってみたいなと思っていましたし、暑くもなってきたことだし、自分の中でマンネリのようなものも感じていましたし、いい機会かなと。そのせいか自分の気持ちを切り替えられたような気がします。そして、全く根拠はありませんが、何かが変わってくれるのではないかと確信しています(汗)。けれど、これで何かが変わったら、しばらくはこのままか・・・。だけど何かが変わってくれないと困るし。人生は矛盾の連続だなとしみじみ感じ入っています。

コメント

もしかして坊主??
土曜日お見かけするのが楽しみです。
きっと叶う、いえ、絶対叶う!!

私も丸刈りに一票

現実から目を逸らさずに前向きに応援します。

こんにちは。
坊主頭に10万点です!
その気持ち必ず伝わると思います!
とことん、アビスパ福岡を信じます!

今日雁の巣でお見かけしました。
ここを読む前だったので
「あれ???」と(笑)
自分も色々げんかつぎ的なものをしています。
首位に立った湘南戦のときに使ったもつすきやを予約したりとか。
レプリカもあの日はキーパーシャツだったから今日もとか・・・。

中倉です。

 みなさん、コメントありがとうございます。今日、バモス・アビスパの中でカミングアウトしましたが、正確には坊主に近いスポーツ刈りです。変わった姿を見て、びっくりする人、唖然とする人、にっこりとする人といろいろですが、それぞれの表情を見ては楽しんでいます。自分ではそんなに思わないのですが、ずいぶんと印象が変わったようで、私だと気がつかない人もいました(笑)。

 いろいろと思い悩むこともありましたが、非常にすっきりしました。あとは迷わず福岡の活躍と昇格に向かって、チームのために何ができるかを考えて行動するだけです。Just do it!!。思いは必ずサッカーの神様に届くものと信じています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。