「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JUST DO IT !!

Just do it !

 さて、少々遅くなってしまいましたが・・・。
 試合は相手があってのことなので、札幌戦の前半のような完璧なサッカーを90分間できるわけではありません。相手の出方によっては、多少は変化することもあります。しかし、やろうとしているサッカーの本質が変わってしまうことに非常に違和感を感じています。ボールを保持することでリスクを抑え、じっくりと相手の穴を突くサッカーと、リスクを背負って、ゴールに向かって直線的に速く攻めるサッカー。攻撃的な姿勢ということでは同じですが、その本質は全く違うものです。

 堅守をベースに待ち構え、相手が出てきたところをひっかけて、そこから攻守を素早く切り替えてカウンターを狙う。J2の多くのチームが用いる戦術です。そういう相手にとっては、直線的に攻めてくる相手は怖くはありません。昨年までの福岡のように、一見、攻められているように見えても、それがチームの狙いだからです。実際、福岡が縦に急いでいるときには、ほとんどゴールは奪えていません。

 また、縦へ急いで、跳ね返されてを繰り返せば、必然的に上下動が激しくなります。また、前線が縦へ急げば急ぐほど、中盤や最終ラインがコンパクトなゾーンを保つことが難しくなり、全体のバランスが崩れます。中盤が間延びしたり、相手よりも先に足が止まるのは、そういったことからくる現象で、その結果、相手に中盤でスペースと時間を与えてしまうことになります。これでは、どんなDFを連れてきたところで守れるものではありません。

 4連敗中も、前半はいずれもいい内容でした。しかも、東京V戦を除けば、狙いどおりの形から先制点も奪いました。やらなければいけないサッカーは明確で、それをやれる力も備えていると思います。問題は、その戦い方を後半になるとしなくなること。反撃しようと相手が前に出てくると、明らかにバタバタしはじめ、相手のテンポに合わせ、そして縦に急ぎ始めることです。これでは相手の思う壺。ホームで3試合連続逆転負けを喫しているのは偶然ではありません。

 求められているのは、相手の出方や試合の流れを見て、いつ、どこで、自分たちのサッカーを出すか、そのために、相手の時間をどうやってかわすかということ。相手が多少戦い方を変えてきたからといってパニックにならないことです。言い尽くされた言葉ですが、いわゆる勝者のメンタリティが今の福岡に求められています。そして、こればかりは自分で身につけるしかありません。「Just do it!」。クラマー氏が残した言葉を実行するだけです。頑張れ!!

コメント

4連敗という現状。
救いはアビスパのサッカーをしているときは、
いい形、結果がでていることです。
力で圧倒されてるわけではない。
問題はアビスパ自身にある。
それならば自分次第で取り戻すことが出来るし、それが出来るチームだと信じてます。

負荷の中でのプレー

現状の分析は中倉さんが書かれている通りだと思います。自分達のサッカーが後半できなくなる理由は私にもこれだというものは解りませんが試合を見てて感じるのは相手のプレスや体より脳の疲れ?か判断速度が前半と比べて遅くかつ考えてない(疲れからかまわりの状況判断をしなくなる)様に見えます。その為か走らず前に向かって直進的にボールを進め様ているのかなぁと思います。あと攻めに前がかりになる時に相手にカウンターを狙われた際の守り型(選手のポジションややるべき守りのプレー)をはっきりしてない様な感じも受けます。どちらもチームとしてハッキリとやり方を浸透させる事である程度は修正できると思います。2日は仕事で見にいけませんが良い結果が聴ければと思いま
す。

>YOSHIさんへ

 今の福岡は自分で責任を持ってプレーすることが必要とされています。それができない中では、以前のように細かな決まり事を作って、それに選手を従わせるという方法もなくはありません。しかし、それでは選手として一流にはなれないし、長くプロの世界で生きていくこともかないません。しかも、彼らは、いい形を自分たちで作り出せる力を手に入れつつあります。それを完全に自分のものにしてこそ、リトバルスキー監督が指揮している意味があるのだと思います。今が正念場。これを乗り切れれば必ず選手として、チームとして、ひと回りも、ふた回りも大きくなれます。自分たちの力で、それを手に入れてくれると私も信じています。

--------------------------------------------------------------------------------
>ヒロカドさんへ

 おそらく、どのようにサッカーを進めていくのかという意識面での差が選手同士であるのだと思います。だから、いつもの形ならできるけれども、違った形の時にばらばらな対応になってしまうのかなと。じっくりと考える時間があれば一致はするのでしょうけれど、サッカーは時間もスペースも限られた中で判断しなければならず、疲労から判断が鈍ってきたときに、それぞれが、それぞれの考えで動いてしまうのだと思います。
 昨日も念入りにミーティングが行われ、リトバルスキー監督からは細部にわたって厳しい話があったようです。それが結果に表れることを願っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。