「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辛抱強く攻めたい札幌戦

雁ノ巣の風景

 雁の巣球技場は土曜日ということもあって大勢の見学者が訪れていました。選手たちと触れ合いたいという気持ちと、選手たちに力を送りたい思い、そして調子を落としているチームを心配する思いが重なってのことだったかもしれません。そんな気持ちは十分に選手たちに伝わったようです。「とてもいい雰囲気の中で練習ができた。選手たちもモチベーションを上げる力になったはず」とはリトバルスキー監督。明日は、その気持ちを結果に結び付けてほしいものです。

 さて、J's GOALにもプレビューを書きましたが、明日の試合は福岡にとっては難しい試合になりそうです。堅守を誇る札幌はここまで9失点。全員の高い守備意識をベースに徹底してリスクを回避する戦い方に対抗する方法は簡単に見つけることは難しいのが現状で、どのチームも札幌から得点を挙げるのに苦労しています。しかも、互いに置かれているシチュエーションを考えれば福岡に必要なのは勝ち点3。札幌は勝ち点1でも悪くはありません。

 攻めたい福岡と、攻めさせたい札幌。もし、これまでの3試合と同様に前がかりになって攻めに出れば相手の思う壺です。しかし、にらみ合いのような展開になれば、おそらく札幌はよほどのチャンスが来ない限り前には仕掛けてこないはずです。いずれにせよ、福岡がどこかで何かを仕掛けなければ試合は動きません。相手が待っているのを承知で、いつ、どのタイミングで、どうやって仕掛けるか。非常に難しい判断が求められることになります。

 ポイントのひとつは攻め急がないこと。90分間で1点取ればいいという気持ちで、ゆっくりと、大きく、そして様々な伏線を張りながらボールを回すことです。それともうひとつは札幌のボランチの前のスペースを利用すること。ビデオを見る限り、守備意識の高い札幌はすぐに下がるため、バイタルエリアよりも、そのひとつ前に大きなスペースができる傾向にあるように見えました。ここへトップ下、あるいはボランチの選手が入り込んで起点を作れば効果的な攻撃ができそうです。

 前がかりになりさえしなければ、失点を心配する必要はそれほどないと思います。とにかくじっくりと攻めてほしい。それが福岡のサッカーだからです。「シーズン当初は勝つことに飢えていた。勝利に対する飢えを取り戻さなければいけない。そして、プロのサッカー選手にとって、勝つことが最も大事だということを再認識する必要がある」(リトバルスキー監督)。初心に戻って仕切り直し。すべてを出し切って勝利を手に入れてほしいものです。

コメント

札幌戦も逆転負けしましたね
相手もアビスパを研究しているのだから、こっちも相手の弱点を研究しながらいかにチームを立て直していくかが連敗脱出の鍵でしょうか!?
やはり、攻守のバランスによる意識のズレが選手達にあるんでしょうか!?
選手達で意識のズレを話し合うのも一つの方法だと思いますが・・・

>九州っこさんへ
 おそらくどのチームも「後半に入って福岡の中盤にプレスをかけろ」ということを徹底していると思います。リードされれば当然のように打ってくる手ですが、それをいなすくらいの心の余裕が欲しいところです。ゆったりとパスを回しているときの方が、攻められないし、ゴールも挙げられているという結果が出ているのですから、自分たちのサッカーを信じ、仲間を信じ、そして仲間を助ける気持ちを忘れずにやってほしいと思っています。

 てで、そうは言っても、連敗していることで遂々われを忘れてしまうようです。九州っこさんがおっしゃる通り、そんな時こそ、話し合って、試合中には声を出し合って、常に自分たちのやり方を確認し合うことが必要だと思っています。とにかく、やるべきかたちは分かっているのですから、あとは死に物狂いでやるだけですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。