「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難しい、けれど楽しみな試合

雁の巣の風景

 福岡にとって非常に重要な試合。今日の試合を私はそのように捉えています。

 ポゼッションサッカーをベースにした攻撃型スタイルへの転身は思った以上にスムーズに行われ、福岡は守りを固める相手に対しては点が取れるチームに変わりました。その反面、DFラインへプレッシャーをかけられた時に思うようにパスが回せないという課題を持ち合わせています。山形戦、C大阪戦がその典型。プレスをかけられる苦しい時間帯をどうやって凌いで自分たちのペースに変えていくか。それが今の福岡に求められています。

 そして湘南は、まさしく高い位置からボールにプレスを掛けて、相手のパスコースが限定されたところを激しく囲い込んでくるチーム。山形やC大阪よりもチームの完成度は高く、福岡にとっては、ポゼッションサッカーをより高度なものにするための鬼門のような相手と言えます。福岡にとっては非常に難しい相手ですが、だからこそ、この試合に勝利することはチームの成長を大きく加速させます。ここでの勝利は単なる勝ち点3以上の価値があります。

 パスをつないでビルドアップする福岡にとって、最も大事なのは最終ラインからのボール回し。そして湘南にとっての生命線は高い位置からのプレスで相手を制限できるかどうか。J's GOALのプレビューにも書きましたが、互いのストロングポイントが真っ向からぶつかり合う試合は、チャンスとピンチが常に隣り合わせ。わずかな隙が試合の形勢を一気に変えてしまいます。たとえ主導権を握っていても少しの油断が致命傷になりかねません。

 そんな試合のポイントを布部陽功は次のように話しています。「試合の流れや相手の出方を見て、どの時間帯、どのタイミングで自分たちのサッカーを出すかということ。相手もポゼッションしてくるチーム。相手のリズムを出させないようにしたい」。我慢のしどころなのか、真っ向からぶつかる時間帯なのか、一気に襲いかかる時間なのか。それを的確に読みながら、それでいて迷うことなくプレーしなければいけない試合。頭も体力も使わなければいけない難しい試合だと思います。

 しかし、私は勝利が難しい試合とは思っていません。第1クールで最も重要と思われる試合で、流れを読んで、いくつもの伏線を引きながら、じわじわと相手を追い詰めていく、福岡がそんな理詰めのサッカーを展開してくれるのを楽しみにしている自分がいます。思わず唸ってしまうようないい試合。きっとそんな試合を展開してくれると思っています。

コメント

サポも頭使わなネ

言われてる通りだと思います。難しいけど乗り切って勝てればとても大きい試合だと思います。選手だけでなく僕らサポも頭使って流れ考えながら危ないシーンにもオドオドせず、選手を信じてしっかり応援したいです。では。いざ博多の森へ!

まさにそのとおる?

「DFラインへプレッシャーをかけられた時に思うようにパスが回せないという課題を持ち合わせています。」
まさにその通りですよね。
自陣でボールを回しているときに余裕が感じられず、ハラハラしていると案の定、亨が相手にナイスパス・・・今日もありましたよね。
コレはどうにかならないものなのでしょうか。
スペインの白い何とかみたいに神山頼みじゃ困るんですけど...

自分は、ビルドアップの段階でパスコース選択のまずさが問題だと思います。
相手がコンパクトに押し上げて来てるのに、毎回密集地でショートだけで繋ごうなんてあまりに無謀ですし‥
プレッシャーのない局面(ツートップのチームに対するサイドバックやGKの処理)では、辰徳や久永,神山がもっと起点になって気の利いたパスやランが欲しいです
その点では、チェッコリがいれば‥‥なんて考えたりしてしまいます
特に昨日の前半は、アジエルが絞り過ぎて辰徳がドフリーの時間帯が長くて‥‥辰徳に入った場面ではユースケへの縦のコースが空いてましたし‥‥
そこでのシンプルな横パスはちょっと勿体なかった気がします‥‥

たっとこさスカパー入りました・・・
展開的には、アビスパのペースの試合だったと思いますが、湘南はジャーンの存在の大きさを痛感したのではないでしょうか?
第一クール最終戦で首位に立てたのは今後大きな意味を持ってきそうです。

ラモス監督は、やっぱり解任かな・・・

中倉です。

試合の感想もアップしないうちに、多くのコメントをいただいて恐縮しています。ありがとうございました。申し訳ありませんが、まとめてレスをさせていただきます。

>ヒロカドさんへ
 いい試合でしたし、最高の結果を得られたと思います。いい形で第1クールを終えられたので、チームの成長がさらに加速するのではないかと思っています。首位という成績もさることながら、得点、失点ともにリーグ2位。J2で最も攻守のバランスの良さを示したことが何よりでした。課題を修正しながら、さらにいいチームになってほしいものですね。

>rogerartさんへ
 今年の福岡は戦いながら自分たちのスタイルを少しずつ成長させていっています。試合後に「キャンプの時よりは良くなっているけれど、目指すスタイルにはまだまだ」と布部陽功が言っていたように、今ある課題は、これからも戦いながら修正していくことになります。でも、作りながら結果を残しているのですから、選手たちの頑張りは評価できると考えています。とにかく、これからも練習を積み重ねて改善していくしかありませんまで、我々も、長い目で見ながらサポートしていく必要があると思っています。

>ドクさんへ
 おっしゃる通りですね。ただ1人の選手だけの問題ではなく、全体のバランスの問題だと思います。サポートの角度、距離、タイミング、それと試合の流れを読んだプレーの選択。リトバルスキー監督は蹴ることすべてを否定しているわけではありませんから、そのあたりのバランスをどう取っていくかということだと思います。また、今のスタイルは両SBがフリーになることが多いですし、GKを含めてのボール回しというのはキャンプ以来、チームが目指しているものなので、試合を追うごとに、どのように変わっていくのかを楽しみに第2クールを見たいと思っています。

>東京住いさんへ
 これでアビスパの試合を欠かさずチェックできますね。是非、楽しんでください。
試合内容そのものは、いい時があったり、悪い時があったり、抜群に強いというイメージはなかったと思いますが、地道に一歩ずつ進んできた結果でした。新しい監督を迎え、新しいスタイルにチャレンジする中で、首位という結果を得たことは、これからのチームの方向性を貫くためには非常に大きな意味があったと思います。第2クールが楽しみです。

>>ラモス監督は、やっぱり解任かな・・・

 戦力と、投じたお金を考えれば監督の責任は明白ですから、このままでは済まないと私も思っています。それにしても、J's GOALの記者会見を読む限り、読売(敢えて、こう書きました)出身者の指導者には何か共通点があるように感じています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。