「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徳島といえばラーメンということで・・・

「いのたに」のラーメン

 徳島に来たからにはラーメンだ(?)ということで、中華そばの「いのたに」に行ってきました。店内は吉野家のようなカウンターが2つ。30人ほどが座れる作りでしたが、ひっきりなしにお客さんが出入りするほどの盛況ぶり。さすがは人気店です。メニューは中盛りと大盛とライスのみ。トッピングに肉、卵、メンマがありました。味はとんこつベースの醤油味で濃い目。なんでも肉と生卵が徳島ラーメンの特長だそうで、肉には生姜焼きのような味が付いていました。

 注文したのは「中肉玉(中盛り、肉、卵入り)」。ラーメンだけでおなかいっぱいにするのなら、大盛がいいかもしれません。どちらかというと家庭的な味。お客さんも近所の人という感じの人が大半でした。観光ガイドに掲載されていることから、観光客は必ず「いのたに」の名前を口にするそうですが、好きになるかどうかは人それぞれという感じでした。お店の人たちが「中肉玉だけ」と叫んでいるので、「だけって、麺がなかったらラーメンにならないのに、一体どんなものだ?」と思いながら、その疑問を店員さんにぶつけると、「だけ」とは「竹(メンマ)」のことでした(汗)。

小松島名物(?)フィッシュカツ
行列のできる大判焼き
 昼食後は「はな・はる・フェスタ2007」の会場で行われていた物産展へ。そこで見つけたのがフィッシュカツ。ご存じ、林祐征選手が育った小松島の名物(?)です。魚のすり身にパン粉をつけて揚げたもので、簡単に言ってしまえば「丸天のフライ」です。カレー味がついていました。清水(静岡)にも似たようなもので「黒はんぺんのフライ」というものがありますが、どちらがおいしいかと言われれば・・・。林選手、ごめんなさい。

 そして、行列が出来ていたのが駅前通りにあった「元祖・大判焼き」。油を引いて、タネをいれて、餡を落として、ひっくり返して・・・。全て機械がやっていました。「大判焼きロボットだね」と子供がおじいちゃんらしき年配の方に話していましたが、お店の人は出来上がるのを待って取り出すだけ。小さい頃、大丸の地下にあった、まんじゅうを焼く機械をじっと見ていた記憶が蘇りました。ちなみにインターネットで「徳島 駅前 大判焼き」と検索したら、続々とヒット。有名店でした。食べ損ねたのが残念です。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。