「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閑話休題 「思わぬところで阿波踊り」

阿波踊り

 一足早く徳島にやってきました。少々風が強いのですが、晴れ渡った空はさわやかで、ポカポカ陽気が非常に心地よい1日でした。明日も好天が続くようなら絶好の観戦日和といえそうです。ただし、ピッチの上でプレーする選手にとっては、やや高め。場合によっては、明日は消耗戦になるかもしれません。しかし、第1クールも後2試合。しっかりと連勝で占めたいところです。チェッコリ選手は欠場ですが、まずは徳島戦をものにしないといけません。

 さて、現地トレーニングの取材を終えて、徳島では中華そばの人気店「いのたに」で食事を済ませあと、徳島駅に向かって新町川公園に差し掛かったところで思わぬものに出くわしました。公園内に屋台がたくさん出ていたので、何かをやっているというのは分かっていたのですが、行われていたのは「はな・はる・フェスタ2007」。そのイベントの一環として、徳島市内の有名連による阿波踊りが披露されていたんです。

 阿波踊りを生で見るのは初めて。さっそく観客に交じってカメラを向けました。いや、感動しました。本当にいいです。やや滑稽とも思える男踊りは実際には非常に男らしく、力強さを感じますし、女踊りはしなやかで上品できれいです。独特のリズムを刻む鳴り物も、心の底を揺さぶられるような気がして、知らないうちに自分でもリズムを刻んでいました。サッカーと同じで、TVで見るのと生で見るのは大違い。やはり実際に見ないと良さは分からないものです。

 来る日も、来る日もサッカーばかりを見ていますが(それは、それでとても充実している毎日です)、少しばかりサッカーから離れて、とても新鮮な気持ちで、それぞれの「連」の踊りをややしばらく見ていました。久しぶりに心が洗われたような気持ちになりました。やはり、いいものはいいということですね。町中が阿波踊りに熱中する理由がわかったような気がした1日でした。

阿波踊り2 阿波踊り4 阿波踊り3

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。