「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見せつけた力の差



 危ないシーンを作られたこと。何度もあったカウンターからのチャンスを決められなかったこと。注文をつければ、まだまだ改善の余地はありますが、全体を見れば自分たちのサッカーができた試合。いい試合だったと思います。スタジアムを引き上げる選手たちは、課題を口にしながらも満足気な表場を見せていましたが、それも、この日の試合内容に納得する部分が多かったからだと思います。これで今シーズン初の2連勝。このまま連勝を伸ばしてほしいものです。

 この日のポイントのひとつは立ち上りの攻防にありました。戦前の予想通り、草津はDFラインの裏へボールを入れて、そこへFWがスピードを生かして飛び込んでくるスタイル。立ち上がりから攻守にわたってアグレッシブな姿勢を見せてぶつかってきました。この攻勢を受けて立つのではなく、自分たちも前からボールを奪いに行くことで押し返したことが、その後の流れに大きく影響を与えました。そして18分の先制点。草津は立ち上がりに勝負をかけてきていただけに、この1点は非常に意味のある得点になりました。

 二つ目は中盤のバランス。この日のシステムは4-2-3-1。ボランチに並ぶ布部陽功と久藤清一、そしてトップ下のアレックスが三角形を作ってグルグルとポジションチェンジをしながら隙を作らず。そして攻めては相手を翻弄して面白いようにボールを回しました。また、左アウトサイドで先発した山形恭平は、最初から高い位置でプレーすることで自分の持ち味をフルに発揮。攻守にわたる献身的な働きで3得点すべてに絡む活躍を見せました。

 草津は先制点を奪われたことで下がってしまいましたが、攻撃の形を持っている福岡にとって、引いて守る相手は怖くありません。そして普段は中盤の底で我慢していることの多い布部も、積極的に前線まで駆け上がって攻撃参加。草津に守備のポイントを絞らせませんでした。得点は3点にとどまりましたが、それ以上に力の差を見せつけた試合。特に前半は、理詰めでボールを運び、計算通りの形でフィニィッシュまで持ち込む場面を何度も作りました。まさに、福岡が目指しているサッカーを実現してくれたと言えます。

 あえて苦言を呈すれば、布部、久藤の代わりを務める選手がまだ出てきていないこと。中盤のバランスを取るには、この2人が欠かせないことが改めてわかりましたが、もう1人、変わらぬ働きをする選手が必要です。誰かといえば、もちろん城後寿しかいません。サテライトでチャンスを待つ日が続いていますが、今のうちに力を蓄えて、チャンスが与えられた時には、この2人を上回るプレーを見せてくれることを期待しています。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。