「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく勝ち点3

大きな勝ち点を得た愛媛戦

 勝ててよかった。これが率直な感想です。J's GOALにどういうレポートを書こうかと悩みましたが、底力を見せたと言える試合ではありませんでした。今日の試合に限っては、愛媛が勝ち点3を落とした試合でした。手を抜いたわけではないでしょうが、立ち上がりの数分間を見た時にやばいかなと思いました。チャンスは作っていたけれども、ちょっとおかしいなと。しっかりつないで相手を崩すことをせず、あまりにも簡単に点を取りに行こうとしていたからです。

 自分たちが強いチームであるのは、やるべきことをやっているから。それをしなければ、どんな相手であっても勝つことはできません。しっかりとボールをポゼッションする。きちんと手順を追って攻撃を組み立てる。そして、堅実な守備をする。それが福岡の戦い方です。そのいずれが欠けても、いいサッカーにならないということを、サッカーの神様に知らされたような試合でした。

 左サイドの出来も問題でしたが、最も問題だったのは中盤の守備バランスの悪さでした。福岡はいくつの布陣を併用していますが、実際には固定されているポジションは4バックと、中盤の底と、1トップだけ。残りの4人の選手は自由にポジションチェンジをしながらボールをつなぐことが原則です。誰もがボランチであり、誰もがトップ下であり、その流動性が福岡の最大の武器です。ところが、今日は守備意識に大きな問題がありました。

 布部以外の中盤の選手は、守備に戻るわけでも、相手のMFをケアするわけでも、パスコースを切るでもなく、ただ前に気持ちが行くばかり。そのおかげで、バイタルエリアには布部がただ1人。これでは、いいようにバイタルを使われるのは当然のこと。実際に、愛媛の田中俊也に何度も攻撃の起点を作られました。また山形恭平とアレックスの動きが被ることも多く、アレックスの自由度が制限されるシーンもありました。

 この傾向はキャンプ中から続く課題です。これをどうやって整理するのか。今後のリーグ戦を戦う上で大切なポイントになりそうです。しかし、それでも勝ったことは大きい。決して必然と言える勝ち方ではありませんでしたが、どんな内容であれ、勝つのが強いチーム。そして、勝利はチームの調子や、ゲームの内容を変えるものです。矛盾するようですが、そういう意味では大きな意味を持つ試合でもあったと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。