「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽田へ向かう機内にて

羽田へ向かう機内にて

 羽田へ向かう飛行機の中で、あれこれと思いを巡らせながらパソコンのキーボードを叩いています(もちろん、送信は羽田空港に着いてからですが)。今日はなぜか西が丘サッカー場で札幌との1戦。リトバルスキー監督が序盤戦の山場と位置付けた3連戦の最後の試合になります。現在のところ1勝1敗。当面の敵である札幌を叩いて勝ち越すことが福岡に求められています。前節の東京V線同様に、闘争心と限界ギリギリまでプレーする強い気持ちを持って戦わなければいけません。

 対戦相手の札幌は福岡とは対照的なチームです。徹底的にリスクを回避して試合を進め、90分の中でやってくる少ないチャンスを決めるというのが基本的なパターン。まずは負けない戦い方を徹底することを志向しています。フォーメーションは4-4-2。最終ラインの前に中盤の選手4人をフラットに並べ、2列のブロックで相手の攻撃を受け止めます。奪ったボールはサイドか前線へ。中央のエリアでプレーすることはあまりありません。

 札幌の守備が始まるのはFW中山元気のチェイシングから。今シーズン、まだ得点のない中山ですが、献身的なチェイシングと攻撃の起点となるポストプレーでチームには欠かせない存在になっています。中盤はそれほど高い位置から来るのではなく、ややリトリートした体制で相手を待ち受けます。そして、攻撃を仕掛けるのは左右のMFの藤田征也と西谷正也。スピードを活かした縦への突破で攻撃の糸口を探します。

 福岡にとっての最大のポイントは相手の2列のラインをどう崩すかということ。ボールキープ率で上回ることは確実ですが、だからと言って攻め急いだり、ボールを足元でつないでは相手の思う壺。ポジションチェンジを繰り返しながら、丹念に人もボールも動かすことを続けなければいけません。それができれば、ジャブのように相手のラインを苦しめ、やがて中盤のラインにギャップができるはず。そうすればしめたもの。攻撃の形を持っている福岡なら得点を挙げることは難しくありません。

 そうは言っても、これはあくまでも机上での話。我慢比べのような難しい試合になることは間違いありません。ただし、中3日で試合を行う福岡に対して、札幌は中2日。しかも開催場所は両チームにとって中立地である西が丘。状況は、福岡にとってアドバンテージがあるように見えます。「願わくば攻撃的なサッカーが守備的なサッカーに勝つことを望んでいる」。勝ちきることかが今年の福岡のアイデンティティ。リトバルスキー監督の言葉を、是非、実現してほしいと思っています。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。