「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悔しい・・・

キックオフ1時間前とは思えない西京極

 悔しい敗戦でした。福岡のリズムで始まり、京都が盛り返し、最後はノーガードの打ち合いのようになって・・・。どちらにも勝つチャンスは同じようにありましたし、同じように負ける危険性もありました。「引き分けがフェアな結果だったと思う」とリトバルスキー監督は語りましたが、私もそのように思います。しかし、最後のパウリーニョのFKと、アンドレの反応の良さは脱帽でした。あれは止められない。けれど、悔しさは晴れません。

 組織的にボールを動かして攻撃を組み立てるチームと、前の強さを前面に押し出して戦うチームの対戦。特徴は正反対ですが力は五分と五分。予想していたとおり、それぞれが自分たちの形からチャンスを作り、それぞれが相手の特長を消しに行くという戦いになりました。90分間、ゲームをコントロールできなかったのは仕方のないところ。実力伯仲の対戦では、どちらかが一方的に試合を支配することはできませんし、相手のエースを1試合にわたって抑え込むこともできません。

 ぎりぎりのところで我慢しながら、隙を見逃さずに攻撃を仕掛ける。そして相手もぎりぎりのところで踏ん張る。簡単にはゴールが奪えない。しかし、不用意なプレーは確実に失点につながる。福岡にとっても、京都にとっても我慢を強いられる戦いでした。そんな試合で勝敗を分けるのは、ミスとセットプレー、そして2ndボールのコントロールだと思っていましたが、生まれた3つのゴールはセットプレーとミス絡みからのものでした。

 福岡の敗戦の理由を問われれば、やはりミスとしか言いようがありません。先制点を喫したシーンでは、福岡は流れの中で大きなミスを2つ続けました。実力に差があるのならともかく、一連のプレーの中で2つもミスが出ればやられるのは当然でした。2点目を呼んだパウリーニョのFKは素晴らしいものでしたが、その前に、あの時間帯、あの場所でファールを犯してしまったことが問題でした。敗因は守備のシステムというよりも、肝心なところでミスを犯したことにあるように思います。

 さて、困ったときは原点に戻る。これがすべての原則です。以前のように無失点を前提にするチームなら、リトリートした体制から囲い込むのが原則。攻撃的にシフトした今のチームなら、攻められる前に自分たちで仕掛ける守備をするのが原則です。敗戦という結果に囚われて腰が引けるようなら悪循環に陥ります。ただし、明らかに対戦チームに狙われ始めた左サイドの守備の整備は急務。このポジションにはチェッコリと柴村しかいませんが、どう立て直すのか注目したいと思います。

コメント

左のビルドアップ

左のチッコリがボールをある程度持つ為そこへプレスをきつくかけるのが相手チームの後半の狙いになって来てる様ですね。チッコリは前に少し上がって速いクロスを中や逆サイドに出したい様です。そこでプレス受けるのでサポートを欲しいみたいだけど工藤&布部さんは攻めたい為、前に張るユウスケと光平のサポートへ引っ張られて戻って来られない。亨が前に出てさばく事ができればチッコリも上がれるのですが。後半間伸びした時に川島がドリブルで上がってパスした時は少しビルドできたし。あれが本人の判断かどうかは判りませんが。もちろんCBがさばく場合は逆サイドのSBやDMFが絞りや下がる必要ありますけど。監督の考えてるのは攻めが守りになるビルドアップを求めてると思うのは私の間違いでしょうか。次の東京戦では少しでも改善の兆しを見たいです。

結果が欲しいですね。

試合内容はそんなに悪いとは感じませんでした。
課題が多いのは相変わらずですが、鳥栖戦を除けば、一番「波」が少なく、しっかり戦っていたと感じてます。
心配なのは、結果が出ず、選手・サポーターが疑心暗鬼になることでは・・・・。
厳しい試合が続くはずですが、幾らかの「運」も欲しいところです。

中倉です。コメントありがとうございました。

>ヒロカドさんへ

 左サイドの問題はチェッコリ1人の問題ではなく、要するにコンビネーションの問題だと思います。言葉の問題もあるでしょうし、開幕1週間前に合流したことなどを考えれば、やむを得ない部分もあるのではないかと思っています。ファン、サポーターから絶大な支持を受けたホベルトでさえ、チームになじむのに半年もかかったのですから・・・。新しい通訳も決まりましたし、あとは時間が解決してくれるのではないかと思っています。

 守備に関してはヒロカドさんが感じていらっしゃる通りだと思います。戦い方の前提が昨年とは全く違うチームでは、リトリートした体制から守ることは却ってマイナスになります。相手に攻めさせないためのポゼッションサッカーであり、攻めに転じる前に攻撃の芽を摘んでしまうのがリトバルスキー監督の守備だと思います。それは、少しずつ出来ているように感じています。東京V戦でどこまでやれるか、今から楽しみにしています。


>初老男さんへ
 おっしゃる通りですね。私も内容自体はそれほど悪いとは思っていません。特に仙台戦でズルズルと下がってしまった最終ラインは高い位置をキープして、相手を何度もオフサイドに仕掛けるなど改善点も多く見られました。試合後の京都の選手たちの声を聞いていると、彼らもいっぱい、いっぱいのところで戦っていたようで、精神的にも、内容的にも、全くの五分だった事は間違いないようです。

 それに、両チームの特徴からすれば、京都が福岡に勝つには、ああいう形でしかあり得ませんから、京都に負けた試合だけをクローズアップして個の力が足りないとか、決定力が足りないとか悲観する必要はないと思っています。けれども悔しい気持はまったく晴れませんが(汗)。

 感じ方は人それぞれでしょうが、私はリトバルスキー監督は、あらゆる面でアビスパというクラブに変革をもたらしてくれる可能性を持った監督だと思っています。ただ、世論というものは勝たなければすべてを否定しがちです。そういう意味では、ぜひとも勝利が欲しい。「いくらかの運がほしい」のも同感です。東京V戦は難しい試合になりそうですが、あらゆるものを利用して勝利を挙げてほしいものです。

初めてお邪魔したのに、ご返事までいただいて恐縮です。
また時々お邪魔しますのでよろしくお願いします。
まだまだ気候が変わりやすい時期ですのでお体にご自愛下さい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。