「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥栖スタで見つけたグルメな一品

IBUSKI HOTDOG_1

いつまでくよくよしていても仕方がないので、気分転換に

 開幕戦の九州ダービーの時に長蛇の列が気になっていたので、第2節の鳥栖-愛媛戦の時に覗きにいってきました。既に昼食を済ませていたので写真だけでもと思ったのですが、運悪く、買い物を待つ列が途切れたときで(汗)、さすがに写真だけでは帰れなくなって購入しました。「IBUSUKI HOTDOG」。スタジアム内のオーロラビジョンでも宣伝していましたが、何でも阿蘇で作ったソーセージだそうです。網の上で焼かれるソーセージのにおいと色が食欲をそそります。

 網の上で焼かれているパンに、焼きたてのソーセージをはさんで渡してくれるのでいつも熱々。がぶりと噛み付くと、長径で2センチはあろうかというソーセージから染み出るジューシーな肉汁と、キャベツの甘さが口に広がって美味。味付けはシンブルにマスタードのみで、ホットドックと言えば、ケチャップと洋がらしを連想してしまう私にとっては、少々物足りなくもないですが、ソーセージ本来の味を楽しむにはこれが一番です。これで1本500円。十分に納得のいく一品です。

IBUSKI HOTDOG_3 IBUSKI HOTDOG_2 IBUSUKI_4

 お店の場所はメインスタンド通路のやや北側。ドイツ国旗が飾られています。まあ、場所が分からなくても、メインスタンドの通路を、長い列と煙を目指して進めば簡単に見つけられます。また、鳥栖スタジアムは、スタンド内通路にホーム、アウェーの仕切りがありませんから、アウェーチームのサポーターの方も購入可。鳥栖スタジアムに行かれた際には、是非、味わっていただくことをお勧めします。私の取材予定では、次に鳥栖スタジアムに行くのは第10節(4/22)の鳥栖-湘南戦。今から楽しみにしています。

コメント

三瀬のIBUSUKIのパンは、アビスパスポンサーのサイラーさんのパンです。

>パン好きさんへ

 サイラーさんのパンだったとは知りませんでした。勉強不足でした。パンがおいしかったのも道理ですね。博多の森でもサイラーさんのパンは食べられますが、ホットドックもメニューに入れてほしいものです。鳥栖ではドイツソーセージとオーストリアパンのコラボですから、博多の森では、ブラジルソーセージ、あるいはシュハスコを挟んだホットドックなんていいかもしれませんね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。