「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開幕を迎えて

さあ行きますか

 日付が変わって3月4日。いよいよアビスパ福岡の新しいシーズンが始まります。ここのところ慌しい毎日を過ごしていたので、開幕戦は万全の体制で臨むために、3日は休養に当てようと思っていましたが、なぜかこんな時間にブログを更新しています(汗)。最近、「貧乏暇なし」という言葉を痛感していますが(汗)、その一方で、多くの人たちに支えられて好きな道を歩かせてもらっている喜びを改めて感じています。今シーズンは、いつにも増して大事な年。心して臨もうと思っています。

 さて福岡。1月15日から始まった49日間にわたるトレーニングを順調に終えました。けが人もいるし、リンコンはコンディションが整わずメンバーから外れるなど、多少の問題もありますが、そういうこともあるのがサッカー。全体的に見れば、いい準備ができたように思います。開幕前の最後の練習を終えてクラブハウスを引き上げる選手たちの表情が明るかったのが何よりの証拠。気負わず、程よい緊張感の中で開幕戦が戦えそうです。

 ただし、簡単な試合ができるかは別。明日だけにかかわらず、厳しい戦いが続くと感じています。それは、福岡に問題があるのではなく、現在のJ2がそういうリーグになったから。J1昇格争いを繰り広げるのは、福岡を含めて、C大阪、京都、東京V、仙台、札幌の6チーム。それに鳥栖が食い下がるという図式が今シーズンのJ2。どのクラブにも優勝のチャンスがあり、どのクラブにも7位になる危険性があります。もちろん、昨シーズンは下位に甘んじたクラブとて簡単には勝たせてくれないはずです。

 リトバルスキー監督が思考するポゼッションサッカーも絶対的な戦術ではありません。もちろん、うまく機能することあるでしょう。しかし、ボールを持つが故にやられることもあります。自分たちの特徴と、相手の特徴をぶつけ合い、どうやって相手の良さを消し、自分たちの良さを出すかがサッカーというスポーツ。丁々発止のやり取りをどうやって切り抜けるか。悪い流れの時にどう対応できるかが順位を決めることになります。

 結局のところ、今シーズンも福岡にかかわる人たちが試される1年になります。いま感じている期待感、そして今感じているJ1への強い思い。どんなことがあっても、それを持ち続けることができるか。監督、スタッフ、サポーター、メディア、そしてかかわるすべての人たちの思いをひとつにできるか。すべてはそこにかかっているように思います。誰もが当事者意識を持って、自分にできることを行動に移すこと。その先にJ1のゴールが待っています。

 さて、それでは行きますか。仲間を信じ、自分を信じ。そして1年でのJ1復帰を信じて。

コメント

シーズン序盤はうまくいかない事も多いと思うけど、悪いなりにも勝ち点を拾っていってほしい。

イヤーブックはいつ頃発売されるか分かりますか?

>アビさんへ

お返事が大変遅くなってしまいました。
まだまだ福岡は発展途上のチーム。しばらくは山あり、谷ありの試合が続くように思います。それでも、選手たちは異口同音に、「必ずチームはよくなる」「もっといいサッカーが見られるようになる」と話しています。厳しいトレーニングを重ねてきたことで、自分たちのやり方に自信が生まれつつあるように思います。彼らを信じて、精一杯後押ししたいと思っています。

>イヤーブックはいつ頃発売されるか分かりますか?
今年も、一部、お手伝いをさせていただきました。詳細については私には分からないことがありますが、少なくとも、現在、急ピッチで仕上げているはずです。もう少し、お待ちになっていただければと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。