「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開幕まであと一週間

キックオフフェスタ2007

 市役所前広場に集まった2000人を超すファン・サポーターは、今シーズンの福岡への期待の表われだったように思います。1年でJ2に降格したという事実自体はクラブにとっても、ファン・サポーターにとっても受け入れがたい事実ではありますが、そういった思いを超えたクラブへの期待、何かが変わるかもしれない予感、そういったものが、今の福岡には漂っているように思います。「今度こそ、これを本物にしたい」。誰もがそう思っているように思います。

 さて、24日には開幕前の最後のJリーグとの練習試合が博多の森陸上競技場と島原で行われました。私が足を運んだのは博多の森。結果はご存知のように1-1の引き分けに終わりました。陸上競技場には大勢のサポーターが訪れていましたが、開幕先発が予想されているメンバーの大半が島原へ行っていたこともあり、残念ながら、リトバルスキー監督が目指すサッカーの本当の姿を確認することはできなかったように思います。「楽しみは開幕戦で」ということになりました。

 そんな中で確認できたのは新外国籍選手のチェッコリ。合流して1週間足らずということもあり、周りとの連携は今ひとつでしたが、ロングスロー、ロングキック、そして器用な足裁きなど随所に見せてくれました。時間さえたてば十分に戦力として戦ってくれる予感を漂わせていました。もう1人の助っ人リンコンも45分間プレーしましたが、こちらは少し時間がかかりそう。怪我やコンディション不良で、キャンプ中も含めて、ほとんど満足に練習ができていない状況ではやむを得ず。焦らずに調整をしてほしいものです。

 島原での様子はわかりませんが、ここまでのトレーニングから察するに、DFラインは博多の森でプレーしたメンバーを中心に、そして中盤から前は、島原組を中心にして開幕戦のメンバーを決めることになりそうです。24日の午後には監督はじめスタッフによる鳥栖の偵察も終わり、いよいよ、開幕メンバーが絞り込まれます。どんなメンバーで、どんなサッカーをするのか。期待と不安が入り混じった中で、あれこれ1週間にわたって考えるのもサッカーの楽しみのうちのひとつ。存分に味わいたいと思います。

「アビスパはまだまだ赤ん坊です。これから成長が必要です。是非、サポーターの皆さんの力を貸してください。そして一緒にJ1に行きましょう」。リトバルスキー監督の、この言葉で閉会した今日のキックオフフェスタ。後はチームを信じ、仲間を信じ、一緒に戦うだけです。あと一週間。しっかりと気持ちを高めていきたいと思っています。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。