「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C大阪戦

選手に指示を与えるリトバルスキー監督

 さて、2連敗の後に迎えたC大阪戦。結果は既にご存知のことだと思いますが、45分×3本の結果、2-1で勝利を手にしました。先制点は福岡。1本目の27分でした。柴村直弥が左サイドをドリブルで持ち上がってチャンスを作ると、鮮やかに展開して宮崎光平がヘディングシュート。最後はゴール前にこぼれたボールを田中佑昌が落ち着いてゴールに押し込みました。同点ゴールを喫したのは2本目の34分。ゼ・カルロスに右サイドを突破され、そこからのクロスを森島康仁に頭で合わされます。

 そして福岡の決勝ゴールは3本目の30分。山形恭平の右足から放たれたCKに宮本がドンピシャリのタイミングで頭を合わせました。「J2の試合だった。簡単なミスをしているし、まだ、うまくスペースを使えていない。でも、選手たちがライバルに対する気持ちを見せてくれたので1点差で勝てた」と、リトバルスキー監督は試合を振り返りました。

 収穫もあり、課題もあり。そんな試合でした。C大阪が、やや引いた体制で待ち受けていたためにボールはキープできるものの、互いの連携が取れず。ポジションを移動した後のスペースを相手に使われてピンチを迎えるシーンや、簡単に裏を取られるシーンが散見されました。結果としてオフサイドに救わましたが、これは過去2試合と同じ傾向でした。

 先制ゴールを奪った後は、徐々に連携が取れるようになります。中盤の選手がポジション移動した後のスペースを、CBが前へ出てカバーしたり、SBが高い位置取りをして中盤をフォローするなど全体の動きがスムーズになり、狙い通りの展開からチャンスも作ります。しかし、そのリズムを最後までキープすることができません。同点ゴールのシーンは、サイドにもゴール前にも人はいましたが、いとも簡単にやられてしまいました。3本目は終始福岡のペース。しかし、今度はゴールが奪えず。セットプレーから決勝ゴールを挙げましたが、決して、上手い試合運びとは言えませんでした。

 チームが形になるまでには少し時間がかかりそうに思います。それはリトバルスキー監督が高いレベルのサッカーを選手たちに求めているからです。勝つことだけを最優先させた戦い方を選ぶのか。勝利を得るために、それにふさわしいチームを作り上げるのか。それは方法論の問題でどちらが正解とは言えません。でも、リトバルスキー監督は後者を選び、選手たちは、それを理解すること、チャレンジすることに充実感を感じています。それならば、彼らを支持するだけ。結果を重視しながらも、1年間を通してチームの変化を見ていきたいと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。