「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタジアムの歩き方 フクアリ編

フクダ電子アリーナ

関東方面に遠征するときは、「各航空会社の割安チケット+ホテル」を自分で手配するか、「旅行代理店の格安ツアー」を利用するのですが、今回は「往復割安チケット+ホテル」を自分で手配しました。一部の場所では旅行代理店のツアーの方が安いのですが、関東の場合は自分で手配したほうが安いことが多いようです。

 さて、行程、料金は以下の通り。

3/18 福岡空港  9:30 羽田空港  ANA246  11:00  29800
羽田空港第二  11:30 東京  モノレール快速 11:49 500
浜松町 11:55 東京  JR山手線内回り 12:01
東京 12:15 蘇我  JR京葉線快速 12:58 740
アーバンホテル三幸泊(全室ラン対応) 6090
3/19 蘇我 10:10 東京  JR京葉線快速 10:56 740
東京 13:54 浜松町  JR山手線外回り 13:55 150
浜松町 14:00 羽田空港  モノレール 14:19 470
羽田空港  15:20 福岡空港  ANA257  17:10
総合計 38490

東京都内での乗り換えは、JRでも、地下鉄でも、それぞれの駅が直結しているのでスムーズに行けますが、東京駅での山手線から京葉線の乗り換えは、ホームが非常に離れており、私の足でも早足で10分強かかりましたので、少し余裕を見ておくことをお勧めします。また、浜松町での乗り換えも然り。改札を抜けてからモノレール乗り場まではスムーズに行けますが、切符を買う手間を考えると5分はギリギリ。こちらも少し余裕を見たほうがいいかもしれません。ただし、モノレールは、朝の早い時間帯(5:00台)と、夜の遅い時間(22:00以降)を除けば、1時間に12本以上走っていますから、乗り過ごしても心配は要りません。

フクアリへは、蘇我駅西口から出て、そのまま直進。約10分ほどで付きます。ただまっすぐなので迷う心配はありません。

今回は旅行代理店の格安航空券を使用しましたが、各航空会社で発売している「旅割」とか、「超割」を利用すれば、さらに5000円ほど費用を下げることが出来ます。また、デーゲームの場合、キックオフの時間によっては日帰りも十分可能なので、20000円台での往復も可能です。

そんなわけで、「スタジアムの歩き方 フクアリ編」でした。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。