「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅ればせながら甲府戦について

生目の杜陸上競技場

 さて、1日遅れましたが昨日の試合について。

「4-4-2と4-3-3を併用して戦う」というリトバルスキー監督は、4-4-2を選択。GKは内藤友康。最終ラインは右から山形辰徳、柳楽智和、金古聖司、柴村直弥の4人。ダブルボランチは城後寿と本田真吾。右MFに大塚和征、左MFにアレックスを置いて、2トップは林祐征とリンコンが務めました。甲府は去年と変わらぬ4-3-3。前日の鳥栖との試合には欠場した藤田も顔を見せ、ベストといえる布陣でした。

 最終ラインからつなごうとする福岡に対し、甲府はボールホルダーを激しくチェイシング。パスコースを限定させておいて、福岡がパスを受けに行くところにプレッシャーをかけてボールを奪います。奪ったボールは、3人のMFに茂原を加えた4人が流動的にポジションチェンジしながら前へ。豊富な運動量は相変わらずでした。そして、巧みなポジション取りを見せる林健太郎が、中盤の底で絶妙の間を作って、試合に緩急を与えていきます。

 しかし、前半は福岡もプレスに対してはプレスで対抗。甲府が前に出てくるところを厳しい寄せで囲い込んで突破を許さず。攻めてはアレックスが裏へ飛び出してチャンスを何度か作ります。若い2人が組むボランチの出来もまずまず。甲府に若干の余裕があるように感じられますが、それでも試合は一進一退。DFラインの裏側に送られるスルーパスに対するカバーリングが不安定ながらも、互角の勝負に持ち込んでいるように思えました。

 ただしそれも前半まで。後半に入っても強烈なプレスをかけ続ける甲府の前に福岡が耐え切れなくなります。やがてジリジリと後方へ。ただ引いてしまって、相手の動きを見ていることしか出来なくなります。これでは甲府の思うつぼ。ダイレクトバスを多用され、的を絞れずに振り回され始めます。1試合目の後に行われた45分の試合も基本的には同じ展開でした。1試合目は0-0、45分ゲームは0-1でしたが、内容的には完敗でした。

 この試合でリトバルスキー監督がチェックしたかったのは、ブレス、ビルドアップ、パスワークの3つ。しかし、甲府の激しいブレスの前に、いずれも表現出来ませんでした。大木武監督が就任して4年目の甲府と、まだ作りかけている段階の福岡との塾精度はいかんともし難かったといったところでしょうか。ボールを受ける前から二手、三手先まで組み立てている甲府と、受けてから次のプレーを選択している福岡の差が如実に表れた試合でした。

 練習は非常にいい雰囲気で行われていますが、リトバルスキー監督の要求の高さを選手が消化しきれていないようです。キャンプ中の練習試合は残り3試合。キャンプ中にきっかけを掴みたいものです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。