「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西日本フレンドリーカップ交流会

フレンドリーカップ交流会

 西日本フレンドリーカップという大会をご存知でしょうか。大阪ダイバンズ、京都プリティウエル、ラッキーストライカーズ福岡の3チームが参加して行われている、ブラインドサッカーのリーグ戦のことです。28日、それぞれのチームの選手たちと、大会ボランティアを務める子どもたち、そしてその親御さんたちとの交流会&ブラインドサッカー体験会が福岡高等盲学校で開かれ、その様子を覗いてきました。

 ブラインドサッカーとは視覚障害者のためのサッカーのことで、フットサルとほぼ同じ広さのコートとゴールを使って行われます。いくつかの特殊ルールがありますが、基本的にはフットサルとほぼ同じルール。GKだけは視覚障害のない選手が務めます。ただし、音と気配を頼りにプレーする選手のために、鉛の鈴が入ったボールを使用する他、監督とGK、そして相手ゴール裏に立つコーラーと呼ばれる役割の人が、ボール、ゴール、そして選手の位置を大きな声で知らせます。またボールをとりに行く際は、選手は「ボイ」という大きな声を出して相手に自分の存在を知らせなければなりません。

 また、ルール上ではサイドラインは壁になっており、選手は壁を触ることで自分の位置やゴールの方向を確認することもあります。しかし、日本には壁のあるブラインドサッカー用のグランドがほとんどありません。そこで、国内の大会では、サイドラインに沿ってボランティアが整列し、「壁、壁」と叫びながら外に出るボールをグランドの中へ向かって蹴りいれることで、その代用をしています。この日集まった子どもたちは、その「壁役」を引き受けているボランティアでした。

 午前中は選手と子どもたちが一緒に遊ぶことで視覚障害とはどういうことなのかを自然に学ばせ、午後からはブラインドサッカーの実戦練習。そして締めくくりは、交流会に参加した8人の選手たちによる試合でした。その激しさは想像をはるかに超えるもの。大きな声でコーチングするのも普通のフットサルと変わりません。視覚の条件を一緒にするためのアイマスクと、危険防止のためのヘッドギアがなければ、視覚障害者がプレーしているとはすぐには信じられません。

 さて、最初のうちは、うなづいたり、動作で応えたりしていた子どもたちですが、それでは相手に意思が伝わりません。次第に自分の伝えたいことを、相手にわかる大きさとタイミングで伝えるようになりました。健常者と視覚障害者という関係だからではなく、人間として意思を通じ合うための、相手に対する思いやりや、自分をしっかりと表現することの大切さを学んだ1日だったと思います。貴重な体験になったはずです。

なお、当日の様子は、後日、オンラインマガジン2002world.comで紹介する予定です。

コメント

先日は寒い中取材ありがとうございました。
2002world.comに視覚障害者サッカーが
連載され始めたら協会のホームページ等に
リンク先を掲載してもよろしいでしょうか?
多く方に記事を読んでいただけたらと思います。

これからもよろしくお願いいたします。

先日は取材のご協力をいただきありがとうございました。

詳細のレポートについて、2002world.comにまだ掲載できておらず、大変もし分けなく思っていますが、もう少しお待ちいただければと思います。
杵川希(キネカワ・イツカ)さんによるブラインドサッカーのコラムは、先日から掲載を開始いたしましたが、リンクにつきましては、こちらからも是非、お願いしたいと思います。よろしくお願いします。

スケジュールが合えば、西日本フレンドリーカップも、是非、見に行きたいと思っています。その際は、またご協力をお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。