「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日もハードな1日

今日も練習はハード

 さすがはリトバルスキー監督と思わせる1日でした。23日は福岡県知事、福岡市長への表敬訪問が行われましたが、練習は当然のように2部練習。いつもと同じ練習時間を確保するために、午前中はなんと8:30から練習開始。午後は表敬訪問が終わるとすぐに雁の巣球技場に戻って予定を30分繰り上げて15:00から練習開始。そしてみっちりとトレーニングに取り組んで、結局、1日の予定が終了したのは18:00頃でした。いやいや、本当によく練習します。

 練習メニューを見ていると、少しずつ戦術練習が増えているように思えます。例年なら、キャンプの途中から行われるようなメニュー。昨年の今頃は、沖縄でフィジカル中心のキャンプをやっていたことを考えると、かなりハイペースでチームの整備が行われています。1人、1人のコンディションに差があるとはいえ、それだけ体ができているということ。オフ中の事前準備も含めて総じて順調に進んでいるということなのでしょう。選手もトレーニングの厳しさを口にしつつも、非常に充実した表情を見せています。

 そして昨日は、初めてフルコートを使っての戦術練習が行われました。4-4-2を意識しての戦術練習から始まり、4-3-3の戦術確認まで。ここまでのトレーニングを見る限り、リトバルスキー監督はどちらのシステムにも対応できるように準備を進めているように見えます。また豊富なMF陣には、いくつものポジションでプレーさせながら、様々な可能性を探っていました。アレックスの中盤へのコンバートは確実でしょうが、その他にもサプライズがあるかもしれません。

 ところで一部で話題の林征祐選手。前日は別メニューでの調整でしたが、この日は朝から通常トレーニングに復帰。トレーニングの最後に行われたミニゲームでは2得点を挙げて気を吐いていました。体調を崩したことで、まだ様子を見ながら少しずつ上げていく段階ですが、例年と比べて体のバランスが良くなっているように見えます。ただし、今年は彼にとって後がない状況で迎えるシーズン。厳しいようですが、トレーニング開始直後の離脱は、正直に言って残念でした。

 林と言えば、思い出されるのは2003年J2第27節の博多の森で行われた広島戦でのプレー。相手DFを腰にぶら下げながらのドリブルシュートと、ニアに走りこんで放った豪快なヘディングシュートは今でも私の目に焼きついて離れません。あれから4年。期待されながらも、あのパフォーマンスは封印されたままですが、誰もが認める潜在能力の高さを生かすかどうかは自分次第。結果を出してくれることを願っています。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。