「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の雁の巣

練習終えて、日が暮れて

 激しいトレーニングが続く雁の巣球技場。22日もすべてのメニューが終了したのは18:00少し前。相変わらずハードなトレーニングが続いています。そんな中、今週から4-3-3の戦術練習が始まりました。午前中はまずは守備の戦術練習。4枚のDFラインに3枚のボランチを加えた7人で守るところから始まり、最後は守備側にFW1人を入れて8対8での守備練習へ。ただ守るだけで終わるのではなく、奪ったボールをすばやく切り返し、攻めきれないときはボールをポゼッションしてビルドアップするところまで行われていました。

 午後は攻撃の戦術確認。3枚のボランチに3枚のFW、そして両SBを加えた8人で、DF4枚+ボランチ3枚の相手を攻めるというものでした。トレーニング初日から最終ライン4人による守備戦術の確認を行われていたこともあり、比較的スムーズに行われた守備練習に比較すると、攻撃はまだまだこれから。何度もプレーを止めて細かく確認をするシーンが目立ちました。しかし雰囲気はいい感じ。選手たちも積極的に意見を言い合っていました。

 さて、そんな中で思わずうなるプレーがありました。攻撃の戦術確認の際、守備側がどうしても下がってしまうのを見たリトバルスキー監督が、ビブスを来て守備側の中央の位置へ。自らボールホルダーにプレスをかけながらボールを追い込み、全体を押し上げるように指示します。そして、ここぞというタイミングで「ヘイ!プレス」と大きな声をかけます。その声にしたがって守備側が前に出ると、いとも簡単に攻撃側からボールを奪ったのです。しかも2度、3度と。その抜群のタイミングとボールの追い込み方は見事なものでした。

 トレーニング終了後、「見事なプレーでしたね」とリトバルスキー監督に声をかけると、照れたような笑顔を浮かべながら、「若い選手が多いから、何回も説明しなくちゃいけない。選手たちを近くで見て、自分でプレーしながら説明することも大事なことだと思うよ」と話してくれました。かつて「日本サッカーの父」と呼ばれたデットマール・クラマー(西ドイツ)は、「やって見せられなかったら指導者じゃない」と言っていたそうですが、リトバルスキー監督にも同じ思想が流れているのかも知れません。

 さて、両SBとFWの駒不足が心配される福岡ですが、その反面、中盤の層の厚さはおそらくJ2では別格。練習を見ていても、誰がどこで出るのか全く予想もつきません。アレックスを1枚前で使うのはどうやら決まりのようですが、その他のポジションは、いろいろと試しながら最もいい形を模索しているようです。最終的にフォーメーションと選手が決まるのはキャンプを終えてからですが、それまで、あれこれと予想してみるのも楽しいものです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。