「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代表として何を見せてくれるのか

札幌の町

 今晩行われるアジアカップ最終予選、日本代表vs.サウジアラビア代表を取材するために、昨晩から札幌入りしています。街路樹のイチョウ並木はすっかり黄色。既に葉を落とした樹木もあり、札幌はすでに冬を感じさせる季節になっています。昨晩、19:00現在の温度は6度。寒いというよりも、肌を引き締めるようなピリッとした冷たい空気が体を包みます。中学校から大学卒業まで、そしてサラリーマン時代にも3年を過ごした札幌の空気を、とても懐かしく感じています。

 さて日本代表。昨日の記者会見でオシム監督が語ったように、日本代表はモチベーションという面で非常に難しい状況にあります。リーグ戦で優勝争いをしているチーム。既に目標を達成したチーム。逆に目標をなくしてしまったチーム。精神的にも、フィジカル的にもコンディションはまちまち。しかし疲労は確実にたまっている。しかもアジアカップ最終予選突破が決まっている日本にとって、この試合の結果は何かをもたらすものではありません。

 しかし、だからこそ今日の試合に注目したいと思っています。代表チームの最終的な目標はワールドカップに出場すること。数々の国際Aマッチも、それぞれの大会で勝利を目指すのも、全てはそのためにあるものです。それともうひとつ。代表チームとは、その国の全てのサッカー選手のトップに立つもの。試合に勝つことだけではなく、日本のサッカーを表現する責任と義務があります。それは試合の重要性がどうかとか、シチュエーションがどうかとかは別なものです。

 アジアカップのことだけを考えれば、勝っても負けても特別に得るものがない試合。しかもチームとしてコンディション不良とも言える状態の中で、そういったものを感じさせてくれるかどうか。今日はそれを見て来たいと思っています。けれど、そんなに大きな期待をしていない自分もいます。新しくなったばかりのチームが、この難しい状況の中で代表チームにふさわしい戦いをするのは難しいもの。今日の試合を含め、様々な経験を重ねる中で代表チーム、代表選手としての責任と自覚が身につくものだと思うからです。

 2006年W杯が終わり、完全にリセットされた日本代表。いまはひとつ、ひとつ積み重ねていく時期。今日の試合で、ひとつでも、ふたつでも何かを手に入れるところを見せてほしいと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。