「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡の戦いは続く



 アビスパ福岡の東北2連戦は対象的な試合でした。山形戦のミックスゾーンを通る選手たちの表情から察するに、仙台戦の内容については選手全員が強く反省しているようで、それが山形戦での気持ちが溢れる戦いにつながったのだと思います。(山形戦レポートはINSIDE-WEBで、ご覧下さい)。勝利にも拘わらず笑顔を見せなかったのは、そういう思いがあったから。同じことを繰り返せば、浦和戦で手痛い想いをするという危機感も持ち合わせているようでした。

 以前、浅野哲也監督が話していましたが、技術・戦術はもとより、今の福岡の最大の欠点は、戦いのベースになるメンタルコンディションの部分が安定しないことにあります。強い気持ちを見せて観客を引き込む試合ができたかと思えば、この試合こそはという時に、戦う気持ちを見せることなく敗れることがあるのが今シーズンの福岡。その差が非常に大きいというのが率直な感想です。技術的な問題が、そうしたことを引き起こしている要因の一つではありますが、やはり、メンタル面での弱さは否めません。

 そんな福岡に求められているのは、残されたリーグ戦2試合を、ファン、サポーター、観客が何かを感じられる試合にすることにあります。勝負の世界にいる以上、勝利もあれば、敗戦も、引き分けもあります。しかし、どんな結果になろうとも、自分たちが目指すもの、自分たちが表現したいものを、余すことなくピッチの上で見せること。それが残された試合でやらなければいけないことです。そういう意味では、残りの2試合は、自分たちの原点を見つめ、それを表現する2試合であると言えます。

 そして次節は浦和戦。甲府と激しい降格争いを繰り広げている浦和は、いわば手負いの虎。併せて、チームをサポートする力ということで言えば、J1で1、2を争うサポーターも大挙してレベルファイブスタジアムへやってきます。その相手に対して、一歩も引かず、堂々と戦い抜き、勝利を手にすること。それが福岡に求められています。難しい試合になることは間違いありませんが、山形戦の翌日に行われたイベントで「プロの意地を見せる」と話した中町公祐の言葉を、チーム全員で表現してくれることを期待しています。

 シーズンも差し迫ってきましたが、サッカーを続ける選手も、別の道を歩むことを決めている選手も、いまここで何が出来るかで、これから先の人生が大きく変わっていきます。無駄なことなど何一つないのが世の中。浅野監督の言葉を借りれば、「常に今日の自分を超える、今日のチームを超える」という気持ちを持ち続けることで何かが開けるのだ思います。いま、目の前の勝負にこだわることが、これからの自分のために、これからのチームのために必要なこと。心して大一番を迎えてほしいと思っています。

スポンサーサイト

勇気と元気をもらった仙台の1日



 非常に残念な結果に終わった仙台戦でしたが、もうひとつの目的であるUstream「INSIDE-FUKUKA」の初の福岡県外からの配信という点においては、非常に有意義な遠征になりました。今回の配信はアリティービーの佐藤貴之代表取締役とスタッフの皆さん、スタジアムDJにしてUst「蹴球魂」のMCを務められている大坂ともおさん、古くからのライター仲間である板垣晴朗さん、小林健志さんの絶大なるご協力なくしては実現しなかったもので、本当に感謝しています。ありがとうございました。

 番組内でも話しましたが、私にとって仙台は特別な場所です。学生時代に東北大学、あるいは東北学連との定期戦に出場するため、毎年のように訪れていたこともあるのですが(いまでも東北大学の校歌はソラで歌えます)、ライターとして初めてユアテックスタジアム仙台に訪れた時のメディアの皆さんの温かなお出迎えは、今でも忘れることができません。そして、福岡と同じ地方都市でありながら、一つの形を作りつつあるクラブと地元の人たちの想いに接するたびに、勇気と元気をもらっています。

 今回の「INSIDE-FUKUOKA」の仙台からの配信は、さらにそんな気持ちを強くするものになりました。アリティービーにお邪魔した時の皆さんの温かな笑顔は、初めて仙台を訪れた時に出迎えてくれたメディアの方たちと同じものでしたし、事務所はとても古びたビル(失礼)の4階でしたが、その空間には新しいものを作ろうとする意欲が溢れていました。あの場所で得た感覚は、これからの私にとって貴重な糧になるものだと確信しています。また機会があれば、一緒に何かをやらせていただければとも思っています。

 そして、ツイッターを通して仙台のサポーターと、福岡サポーターが交流できたのも、大きな出来事だったと思います。限られた時間、限られた人との交流ではありましたが、こうしたことがきっかけになって、新たな流れが生まれることに、スポーツ情報誌「INSIDE」、Ustream「INSIDE-FUKUOKA」を展開している意味があるのだと改めて感じました。運営は厳しいですが(汗)、何としてもやり遂げようという、勇気と元気をもらった1日でした。

 また、番組配信後に案内していただいた「酔亭よっちゃん」を切り盛りされているご夫妻、紹介していただいたサッカーバー「ヘイスタ」のマスター、そして、ヘイスタで深夜までサッカー談議にお付き合いいただいた仙台サポーターの方、みなさん、とてもよくしていただきました。ありがとうございました。今回の遠征で、お知り合いになった皆さんの温かな気持ちと、地域を愛する気持ちを力に代えて、スポーツ情報誌「INSIE」、Ustream「INSIDE-FUKUOKA」を軌道に乗せるべく、頑張っていきたいと思います。仙台の皆さん、そして遠くから視聴していただいた福岡の皆さん、ありがとうございました。

サッカーの話をしよう その5

111115_01.jpg

 いろんな思いを抱えながら走ってきた2011年シーズンも間もなく終わろうとしています。振り返れば、それぞれが、様々な想いを抱きながら走ってきたシーズンでしたが、ひとつの区切りとして、リーグ戦終了直後に、久しぶりにオフ会を開催することにしました。場所は、なんと大阪。最終戦終了後に集まり、大阪の町で食い倒れよう(汗)という企画です。福岡からサポートに行かれる皆さんはもちろんのこと、全国各地から大阪へ足を運ぶ人たちにも集まっていただいて、思いっきりサッカーと、アビスパを語りつくしたいと思っています。

 詳細は以下の通り。ただし、福岡と違って土地勘があまりないので、時間・場所はあくまでも目安です。また、参加状況を見ながら適当な場所・時間を決めますので、あらかじめご了承ください。

 日時:12月3日(土)19:00 or 20:00位から
 場所:難波、あるいは梅田あたり(いい場所があったら教えてください)
 会費:4000円程度に抑えたいと思っています

 参加してくださる方は、参加人数・お名前・連絡先の携帯番号をご記入の上、以下のアドレスへメールにて申し込みをお願いします。改めて、こちらから個別にご連絡させていただきます。

 e-mail : event@office-eleven.co.jp

 なお、事前に参加者の規模を確認させていただきたいと思っていますので、参加希望者の方で、現時点では未定の方も、メールにその旨をご記入の上、ご連絡いただければ幸いです。改めて、最終確認のメールをこちらから差し上げますので、最終決定は、その時にしていただければ結構です。

 宿泊を伴う遠征は、費用的に負担もありますが、今シーズン最後のリーグ戦です。ここは少し奮発して、想いのたけをぶちまけて(汗)、新しいシーズンに向けて気持ちを整理したいと思います(笑)。是非、是非、多くの方たちのご参加をお待ちしています。翌日、時間に余裕がある方は、私が新世界までご案内します(笑)。昼から串カツを頬張りながらビールを飲み干すのも楽しい物です。それでは、皆さんのご連絡をお待ちしています。

 なお、スケジュールの都合で大阪へは行かれない方も大勢いらっしゃると思いますので、福岡でも、オフ会を企画したいと思います。年内開催は難しいかもしれませんが、必ずご案内させていただきますので、その際には、ぜひ、ご参加をお願いします。

 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。