「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

力の限りに戦え!



 甲府戦は残念な試合でした。いつもの通り、選手たちは頑張っていたと思います。危機感も十分にあったはずです。しかし、それがプレーに表れない。そこに今のアビスパの問題があり、悲しく、さびしく、残念に思います。技術・戦術面での違い以前に、ディテールのところで集中力が切れたり、運動量が落ちたり、プレーを止めてしまったりすることが散見される。それが、自分たちの気持ちを伝えられない原因になっているように思います。

 特定の失点シーンを見れば、直接的に関わった選手の責任のように見えます。しかし、そのシーンを作り出した要因となるプレー、さらには、そのひとつ前のプレーと見ていけば、それぞれの所に問題があり、それが重なった上での失点であることが分かります。たとえば、甲府戦での先制点を失ったシーン。そもそもは、片桐に誰もプレッシャーをかけずに自由にさせたことから始まったものですが、どこかで、誰かが、基本に忠実なプレーをしさえすれば、簡単に防げた失点だったと思います。

 けれど、その、どこかで、誰かがという部分が非常に曖昧になっている。そして、このくらいで大丈夫だろうというプレーが散見される。それが、鹿島戦以降、続いている傾向です。危機感の欠如と言ってしまえばそれまでですが、おそらく、様々なプレッシャーの中で、一見、何ともないように見える場面で、ふと安心してしまって楽なプレーを選択してしまっているのだと思います。しかし、J1の舞台では、そのディテールの部分ですべてが決まってしまいます。

 他のチームとの間に技術・戦術面で差があるアビスパが、上位チームに対して勝点を掴もうと思えば、90分間に渡って相手以上にディテールにこだわり続けることが最低条件。それを徹底することで、ようやく勝利への糸口が生まれ、そこに向かってチームの力のすべてを集中させることで、はじめて勝点を手にする可能性が生まれるのだと思います。とても難しいことです。しかし、現状を抜け出すために死に物狂いで戦うとは、そういうことだと私は思います。

 残り8試合という現実と、今のチーム状況を考え合わせれば、降格に対する恐怖やプレッシャーは、確実に選手たちのメンタル面に影響しているはずです。しかし、自分たちの結果を他人の成績に委ねなければならない現状にあっては、結果を考えることに、あまり意味はありません。自分たちがやるべきことは、目の前の1試合、目の前の相手、目の前にあるボールにだけ集中し、すべてのプレーに100%の力を出すことだけ。広島戦では、そんなプレーを見せてほしいと切に願っています。
スポンサーサイト

やれることはあるはず



 厳しい結果でした。記者会見(J's GOAL参照)で木村和司監督(横浜FM)が、ぼやき続けたように、中村俊輔を欠く横浜FMは攻撃の形を作ることができず平凡な出来。アビスパにも付け入る隙は十分にあったのではないかと思いましたが、そのアビスパも同じように攻め手を欠く展開。前半に放った中町公祐の決定的なシュート、そして、終了間際の攻防と、あと一歩と思わせるシーンもありましたが、90分間を通してみれば、アビスパ、横浜FMともに、物足りなさばかりが残る試合でした。

 そして福岡は、すべての試合に勝たなければいけない状況にありながら、結果として決勝ゴールになった先制点を奪われたシーンをはじめ、いくつかの場面で、不用意なプレーや、チームの意思統一を欠いたシーン、あるいは消極的なシーンが見られたことが残念でした。1人、1人は必死で戦っているのは間違いなかったと思います。けれど、それぞれの気持ちや想いが、大きなパワーを生みだすほどにはひとつになっていない。そんな想いを抱きながら試合を見ていました。それが今の状況を生んでいるのだと思います。

 ハマゾッチのトップチームへの合流が遅れたことや、チームが置かれている厳しい状況が、そうしたことを引き起こしているのかも知れません。けれど、このままで9試合を戦うわけにはいきません。個々の能力をフルに発揮することはもちろん、それらの力をひとつにまとめて、チームとしてのパワーを最大限に引き出すこと。それが、これからの9試合で求められていることです。簡単ではないと思います。けれど、それを表現するのが、戦う者としてのプライドだと思います。

 目標達成の確率がわずかであっても、可能性が残っている限り、ありとあらゆる手段を講じて、持てる力のすべてを注ぐのは当たり前のこと。その姿勢をチームが見せるのではなく、クラブを上げて示すことが必要です。様々な障害を抱える中でも、工夫次第でやれることはあるはずで、クラブとしての想いを、誰にでも見える形で示すことで、何かが動き出すのだと思います。チームがクラブに所属している以上、チームはクラブの力以上のものを発揮することはできないからです。

 そして、結果がどうなろうと、いま目の前の戦いに、すべての力を結集できないようなら、その先の戦いに参加する資格はありません。目の前の戦いに全力を注ぐことは、今の状況を変える唯一の手段であり、それを実践することで、これからの未来が見えてきます。もう9試合。まだ9試合。捉え方はそれぞれだと思いますが、やることに変わりはありません。今日を入れて、甲府戦までは、あと4日。「やっておけばよかった」と後悔しないように、有意義な4日間にしてほしいと思います。

新天町1日店員イベント



「いかがですか、このポーチ、お似合いだと思いますよ」。
9月4日の新天町商店街。アビスパの選手たちの大きな声が響いていました。この日は「新天町1日店員」というイベントが行われた日。浅野哲也監督をはじめ、全チームスタッフ、全選手のほか、クラブ職員も参加して、商店街の物販のお手伝いを行いました。このイベントが行われるのは昨年に引き続いて2回目。ファン、サポーターをはじめ、町行く人たちも足を止め、新天町は大盛況の1日になりました。

 最も人気を集めていたのはドトールの店頭でパック入りのコーヒーと紅茶を販売していた浅野監督、城後寿、山口和樹のグループ。商品に監督、選手のサインを書くというアイデアが当たり、か飛ぶように売れていきます。眼鏡天の店頭に立った成岡翔と六反勇治のコンビも、眼鏡ケースを完売するという働きぶり。そして、「目覚めましたね。向いてるんじゃないかな(笑)」と言うのは、和装品展の店頭でポーチを打った丹羽大輝。「1日で、こんなにポーチが売れたのは初めて」とお店の方も驚いていました。

110907_02.jpg
110907_03.jpg
 さて、「Jリーガーの肩たたき+電波目覚まし時計=1000円」という商品を販売した株式会社ハナブサの衛藤憲太郎社長は、次のように話してくれました。
「選手たちが自分たちのフィールドを離れて、福岡市民と一緒に入り乱れて、触れ合いを超えたイベントにしたいといつも思っています。今はコアなファンがチームを支えている状況ですけれど、普段はサッカーと縁がない人たちが、アビスパが自分たちにとって身近な存在であることを知ってもらえるところに、このイベントの価値があると思います」

 その言葉を実践するように、選手たちはファン、サポーターだけとではなく、新天町商店街に買い物に訪れた人たちとも笑顔を交わしながら談笑し、商品を勧めていました。岡本英也は、普段はサッカーとは縁がないという、ご年配のお母様方に囲まれて大忙し。最後は、お母様方から「おかもっちゃ~ん」との掛け声も飛び出しました。そして、選手たちが、練習場やスタジアムでは見せたことのない笑顔を浮かべていたのが、とても印象的でした。。

 そして、城後は話します。
「去年、物販を手伝ったお店の方が、わざわざ挨拶に来てくれて、ちょっと感動しました。そして、多くの人たちと触れ合うことで、もっと頑張らなくちゃいけないと改めて感じました。新天町で会った人たちがスタジアムに来てくれるかも知れないし、その人たちが感動するような、気持ちのこもったプレーを見せなければいけないと思います」  アビスパが「俺らが町のチーム」であることを、お互いに知るための素晴らしい機会。お互いに元気を分け合ったイベントになりました。

110907_04.jpg 110907_05.jpg 110907_06.jpg

 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。