「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栃木が勝利を重ねる理由



 劇的な結末でした。第2節の鳥栖vs栃木戦。「アウェイで1-1でも仕方がないかなと思った」と松田浩監督が話したように、後半は攻め込む鳥栖に対して栃木は我慢の試合。猛暑の中の消耗戦ということもあり、まさか、アディショナルタイムに1点を取る力が残っているとは思っていませんでした。その中で生まれた栃木の決勝ゴール。千葉との激闘から中2日で迎えた試合で、先発メンバー5人を入れ替えて戦った栃木にとっては、非常に大きな1勝になりました。

 ただし、両監督とも「これがサッカー」と口を揃えたように、内容はまったくの五分。どちらが勝っても、あるいはドローのまま終わっていても、おかしくない試合でした。決勝ゴール以外にも互いに決定的な場面もあり、互いの持ち味を発揮しながらチャンスと自分たちの時間帯を作った試合。こういう試合は、「決定力の差が明暗を分けた」という安易な言葉で表現されてしまいがちですが、そういうことではなく、結果として栃木が2点、鳥栖が1点という試合でした。

 この試合を観て強く感じたのは、ある目標を持って積み重ねてきたチームとは、この両チームのことを言うのだろうということでした。3年でJ1を狙う栃木は今年が勝負の年。バランスの取れた堅守と素早い攻撃は3年間かけて作り上げたもの。そして、とにかく走り回ってアグレッシブにプレーする鳥栖のスタイルは今日もしっかりと現れていました。目先の勝負にこだわることは当然ですが、そのベースには、方向性を定めて積み上げてきた力が必要だということを改めて感じさせられました。

 そして松田監督の采配。「相手も間延びしていたので、何とか1点取れないかなということで船山を投入した」とは松田監督の言葉。結局、船山は最後の最後で仕事をしたわけですが、この時、昨年、ホームで栃木に敗れた試合を思い出しました。監督采配そのものが直接的にゲームを左右することは、それほど多くはありません。しかし、たとえ少ない可能性であっても、それを求めて細かな策を打ち続けるからこそ、いつか、どこかで結果が出る。結果論ではなく、そう感じました。

 栃木の勝利は、冒頭でもふれたように「これもサッカー」という試合でした。鳥栖よりも運が少しばかりあったということだったと思います。けれど、それを呼び込んだのは、最後まであきらめず、監督を含めて全員がやるべきことを明確に理解し、それをやり続けることを徹底する姿勢だったと思います。J2はまだ約3分の1が終わっただけで、栃木が、これからどうなるかは誰にも分かりませんが、現時点で栃木が昇格争いの中心にいることが頷ける試合でした。
スポンサーサイト

改めて思うこと



 磐田戦は気持ちの見える試合でした。勝てない影響で観客数は激減していますが、それでも、スタジアムが一体となる空気を作り出せたのは間違いなく選手たちの最後まで諦めない姿勢が生んだものでした。しかし、それでも、これまでに何度も見てきた形での敗戦。その事実が非常に重いとも感じています。連戦中は課題の修正に割く時間がなく、根本的な改善は難しいとは思っていましたが、改めて、いまの福岡の現状が浮き彫りにされた試合でした。

 改めて思うことは、守備の改善なくして浮上はないということです。ここまでの失点を含めて、ほとんどの失点が自らのミスや、ちょっとしたところから生まれたものではありますが、それが毎試合、しかも複数回起こることが最大の問題です。一見、ちょっとしたことに見えても、それが必ず起こるということは、どこかに根本的な問題があるということを示しています。そこから目をそらさず、組織としてどうやって守るかということに取り組む必要があると思います。

 磐田との比較で言えば、その違いは顕著でした。どんな時でも、ボールホルダーに対して数的優位を保ち、前に出られない時はブロックを形成して相手に縦にボールを入れさせないのが磐田の守備の基本。鮮やかなパスワークが印象に残る磐田も、実際には、そうした細かいことを確実に実行する堅実なチームであるというのが、ここまで3回戦った感想です。こうした守備は個の能力で劣るアビスパこそ実行しなければいけないこと。週1ペースのスケジュールに戻ったのを機に、しっかりと取り組んでほしいと思っています。

 それは守備的な戦い方にシフトすることを意味するものではありません。サッカーは攻守が一体となったスポーツ。攻撃だけ、守備だけと言うのでは、勝利は手にできません。チームがアグレッシブでスピーディな攻撃を志向しているからこそ、それを可能にするベースとしての守備の整備が必要なのだと思います。成岡をトップ下に配したことで、チームには変化の予感も漂っていますが、それを現実のものにするためにも、やはり、守備の安定は欠かせないと思います。

 アビスパの置かれている状況が厳しく、戦いを重ねるごとに、それが深まっているのは事実です。そして、現時点では、それを覆すだけの力を持ち合わせていないのもまた事実だと思います。しかし、それを憂いているだけでは何も生まれません。現実を見つめ、問題点と真摯に向き合い、どうやったら力を身に付けられるかを考え、そして、具体的な手段を持って対処すること。それしか現状を脱する方法はありません。苦しくても前を向いてコツコツと取り組む。その精神で進んでいってほしいと思います。

サッカーの話をしよう4



 アビスパは苦しい戦いを続けています。そしてチームをサポートする多くの方たちも、辛い思いで一杯の毎日を過ごされていることと思います。けれど、下を向いていても何も始まりません。と言うことで、もう一度気持ちを整理して、残された試合を全力で戦うために、オフ会を開催することにいたしました。

 昨年の10/23にオフ会を再開させて以来、4度目の開催になりますが、これまでと同じように、福岡を愛する仲間が集まって、サッカーを話題にして、そして、アビスパが前へ進んでいくことを願って、飲んで、食べて、大いに盛り上がろうという企画です。1人でも多くの方の参加をお待ちしております。

 日時:7月16日(土)19:00頃~
 場所:福岡市天神界隈(参加者の方に別途連絡させていただきます)
 会費:4000円程度
 幹事:中倉一志(オフィスイレブン代表)
 
 参加を希望される方は、必要事項を記載した上でメールにてお申し込みください。
 場所等の詳細情報について、こちらから返信させていただきます。

 必要事項:参加人数・氏名・連絡先電話番号 or メールアドレス
 e-mail:event@office-eleven.co.jp

 参加資格はサッカーが好きだという1点のみ。オールドファンの方も、サッカーを見始めたばかりの方も大歓迎。お酒を飲める年齢であれば、老若男女を問わず誰でも参加いただけます。話題は高度な戦術論から、誰がイケメンかというミーハー話まで、サッカーの話なら何でもござれ。愚痴も結構(汗)。文句が出るのも当然。けれど、あくまでポジティブに、とにかく、サッカーという名のつく話題でとことん盛り上がろうというイベントです。楽しいことは私が保証します(汗)。ご家族、ご友人、お誘いあわせの上、是非、足を運んでいただければと思っています。

 前回参加された方は是非もう一度。来られなかった方は、是非この機会に。心のモヤモヤを晴らしたいと思っている方は必ず。とにかく、多くの方たちとお会いして、サッカーの話をとことんしたいと思っています(汗)。是非、是非、皆さんのご参加をお待ちしています。どうしようかなと迷っているあなた。今すぐ、メールしてください。メールしないと後悔します(笑)。

 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。