「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さあ、G大阪戦



 ガンバ大阪戦の朝を迎えました。厳しい試合になることが予想されていますが、まだ勝ち星がないアビスパにとっては勝点3が必要な試合。「もう負けられない。横浜F・マリノス戦の前半は、いい内容の試合ができたので、その時間帯をできるだけ長く続けられるようにしたい。失点は細かいミスや、少し集中力が切れた所からやられている。細かいところで集中を切らさなければ、つまらない失点は減る」と話すのは鈴木惇。それはチーム全員の思いでもあります。

 まずは、いつも通り、高い位置でのプレスから始まるアグレッシブなプレーができるかがポイントだと思います。90分間をどのようにコントロールするかが課題とはいえ、自分たちの力をセーブして試合に入って戦えるほどJ1の舞台は甘くはありません。互いの力関係によって、守勢に立たされることはあると思いますが、それでも、コンパクトなゾーンを形成して高い位置からプレスをかけること、奪ってから素早く攻撃に転ずること、これらの姿勢を失わないことが、まずは戦う上での最低条件だと思います。

110515_02.jpg
110515_03.jpg
 そして、誰もが感じるように、90分間をどうやってコントロールするかが最大のポイントです。これまでの試合を振り返れば、後半に失速する試合が続いていますが、私自身は、時間的な問題ではなく、相手に押し込まれた時に、どうやって耐えるかという部分にポイントがあるのではないかと思っています。ただボールを弾き返しているだけでは、セカンドボールを支配され、連続攻撃を受け、やがてはゴールを奪われるのは当然のこと。押し込まれる中、どうやって時間を作るかが求められています。

 昨シーズンは失点数が少なかったアビスパですが、それは守備力と言うよりも、攻撃力で相手を上回っていたからだと私は思っています。「相手の勢いを受けて守る」ということに関しては、それほど大きな力は持っていないようにも感じています。長いシーズンの中では、トレーニングを重ねて、そういった力をつけることが必要ですし、ゲームの流れを的確に読んで、自分たちのプレーを変化させる対応力を身に付けることも必要です。しかし、今日の試合と言うことで言えば、現時点の力で、どうやって攻撃を跳ね返すかが求められています。

 いまできることは、プレーの選択を明確にすることだと思っています。クリアする場面なのか、ボールを外に出して流れを切る場面なのか、カウンターを狙う場面なのか。それらのメリハリをしっかりつけて戦うこと。それが今日の試合での大きなポイントになるような気がしています。
力の差は否めません。しかし、それでも勝点3を取らなければいけない試合。それが今日の試合です。スタジアムの全ての力を結集して戦ってほしいと思っています。
スポンサーサイト

もっと、もっとやれるはず

ドリブルでペナルティエリアへボールを持ち込む川村真理。その実力はトップリーグでも十二分に通用する。

 さて、アビスパ同様に苦しいスタートになってしまった福岡J・アンクラス。8日のホーム開幕戦で今シーズン初勝利を目指しましたが、新潟に終始ゲームをコントロールされ、自らのミスで失った2失点を取り戻すことができずに0-2で敗れてしまいました。後半の立ち上がりには、自分たちの時間帯を作ることもできましたが、力不足の感は否めず、勝機はなかったように思います。そして何より、この試合で何を表現したかったのかが窺えなかったことが残念でした。

 強く印象に残ったのが、チームとしての約束事のなさでした。特に顕著だったのが守備。ボールをどこで、どうやって取りたいのかが全く定まっていません。ボールホルダーを必死で囲みに行ったり、高い位置から積極的に追いかけたりするシーンは見られるのですが、いずれも個々の判断の範疇でのプレー。これでは2人、3人と連動するシーンが作れないのは当然で、それぞれのプレーは結果的に1人よがりのものになってしまっています。まずはチームとしての守備のコンセプトを徹底させる必要があるように思います。

田頭陽子にとって、今シーズンは怪我から復帰した勝負の年。その力強いプレーで多くの観衆の目を引き付ける。
チームキャプテンの内堀律子。強いリーダーシップでチームを引っ張る
 攻撃に関しては、トップに楔のボールを当てて、落としたボールを2列目が拾ってサイドへ展開するという意図は感じられました。昨年のように、まずはロングボールで前へ送るという選択肢は少なくなったようで、敗れたとは言え変化は感じられました。ただ、それでも、チーム全体の意思統一の不確かさは否定できません。出し手と受け手の関係だけでボールが動いており、その先をどうするのかという絵が明確になっていない以上、2人目、3人目の動きは見えてこないように思います。

 では戦えないのかと言ったら、そうではありません。トップリーグの中に入っても遜色ない実力を見せる川村真理や、将来が嘱望されているU-19代表の猶本光の存在は際立っていると言えますし、恵まれた体格を活かした田頭陽子の力強いプレーは、トップリーグでも十分に武器になり得るものです。そして、何より、頑張れる選手が多いというのも武器のひとつです。現役代表選手や、代表経験者がゾロゾロいるトップリーグの中では、個のレベルの差は否定できませんが、それもチーム戦術で十分に補える範囲だと私は思います。

「サッカーには正解がない」と言われるように、局面において、どのようなプレーを選択しても、それ自体は問題ではありませんし、局面における判断は選手個人に委ねるしかありません。しかし、団体競技である以上、その選択肢のひとつ、ひとつがチームの意思としてつながらなければいけません。まず必要なのは全員が同じ判断基準を持つこと。それが「約束事」と呼ばれるものだと思います。リーグはまだ始まったばかり。次に彼女たちに会う時は、意思統一された戦う集団になっていることを願っています。

新加入の堂下弥里(右)は、この日はボランチでプレー 猶本光は右サイドへ出たことではつらつとしたプレーが目立った。 2年のブランクを経て、トップリーグの舞台に戻ってきた清原万里江(右)。TASAKI時代の経験を活かすことができるかr=

悔しい4連敗



 自分たちのサッカーを展開し、対等以上の戦いを展開しながら、再開後は4連敗。苦しい戦いが続いています。特に横浜F・マリノス戦は、前半は完璧と言ってもいい出来だっただけに悔しい思いが募ります。最終的に勝点を得られていれば、城後寿、岡本英也、鈴木惇らにとって、そしてチームにとって、非常に大きな自信を得られる内容でしたが、今の状況では、自分たちのパフォーマンスが結果につながらなければ、それも叶わず。ただ、ただ、残念な思いが胸の中を駆け回っています。

 それでも、勝てなかったという事実は、福岡に勝ちきるだけの力がないということを物語っています。そして、その最大の原因は、90分間をコントロールする力がないということに尽きます。開幕戦も含めて、前半と後半が別のチームになってしまうのが現状で、鹿島、仙台、横浜FM戦のように、後半の運動量にあれだけの差が出てしまえばサッカーにならず、いずれの試合も、失点するのは時間の問題でした。勝機は十分にあった。けれど、90分間全体を振り返れば負け試合。それが今のアビスパの現実だと思います。

 コンパクトなゾーンを形成し、高い位置からのプレスと連動した守備でボールを奪い、素早く攻撃に転ずるというチームのコンセプトに間違いはないと思っています。しかし、ネットで区切られて自陣が守られているスポーツとは違い、ひとつのフィールドを2つのチームが奪い合うサッカーでは、自分たちの時間帯があれば、相手の時間帯もあるのが当たり前。自分たちの時間帯を活かすために、相手の時間帯をどうやって凌ぐか。その力が今のアビスパには必要です。

 後半に動けなくなるのは、単なるフィジカルの問題ということではなく、戦術面、個々の技術、メンタル面等々、様々な問題が絡み合ってのものだと感じています。一番気になるのは、押し込まれた時の守備。アビスパの守備は「前へ出て奪い取る」というものですが、その力を抑え込まれたときに、人数をかけてボールを弾き返すことしかできていません。相手にボールを握られる中で、こちらのポイントに誘い込む、あるいは追い込んでいく、そんな守備力も必要なように思います。

 ただ、できないことを悩み、結果が出ないことを悔むだけなら、なにも生まれません。現実を受け止めた上で、問題解決の方策を考え、そして、そのためのトレーニングを積んでいくこと、そこにしか解決の道はありません。昨シーズンまでの戦い方をベースにして、その特長を最大限に活かすためのエッセンスを、どうやって加えるか。それが、今のアビスパに求められていることだと思います。次節はG大阪との対戦。強敵中の強敵ですが、ホームで戦う試合では勝点3しかいりません。この1週間で、いい準備を積んでほしいと思っています。

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。