「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キューデン、ヤマハとの入替戦へ

ラグビーの聖地・近鉄花園ラグビー場は、静かな住宅街に囲まれた中にある

 1月29日、ラグビートップチャレンジ1・第3節が近鉄花園ラグビー場で行われました。「トップチャレンジ1」とはトップリーグ昇格を争う戦いで、出場資格を持つのは、ジャパンラグビートップリーグの下部リーグに当たる、トップキュウシュウA、トップウェストA、トップイーストの首位に、各リーグ2位同士が総当たりで戦う「トップチャレンジ2」を勝ち抜いた1位チームを加えた4チーム。1回戦総当たりで争われ、上位2チームがトップリーグへ自動昇格を果たします。そして、3位以下のチームはトップリーグ下位2チームとの入替戦に回ることになります。

 普段はラグビーの取材をしない私ですが、今シーズンはキューデンヴォルテクスがトップリーグ返り咲きを目指して戦っていることもあって、その戦いを最後まで見届けようと、レベルファイブスタジアムで行われた第2節に引き続き、取材のために大阪まで足を延ばしました。近鉄花園ラグビー場は静かな住宅街の中にありますが、最寄駅の東花園駅の駅舎にはラグビーボールのオブジェが飾られていたり、駅前にはラガーマンのマスコットが置かれるなど、ラグビーの町らしさが感じられて、中々素敵な感じでした。

駅舎にはラグビーボールのオブジェが飾られている
駅前で迎えてくれるのは、ラガーマンのマスコット
 さて試合。キューデンは初戦、第2節と連敗したことで、既に3位以下が確定。この日のNTTドコモ(2節を終えて2位以内が確定)との対戦結果に拘わらず、入替戦に回ることが決まっていました。しかし、「順位ではなく、プライドのために戦う」と話したのは松本允ゲームキャプテン。そして、昇格の最後のチャンスである入替戦に向けて、自分たちのラグビーを立て直すことに重点を置いて試合に臨みました。

 しかし、そんな気持ちとは裏腹に、開始5分、ハーフウェイライン付近から、約50メートルの独走を許してトライを奪われると、7分、11分、39分と、いずれも長い距離を独走される同じような形からトライを奪われて、前半を終わって0-26。この時点で試合は決まってしまいました。後半21分にワントライ、ワンゴールを返したものの、前半と同じように、簡単に相手に長い距離を独走されることを繰り返し、後半も24失点。「力が足りなかった」。松本允ゲームキャプテンは頭を下げるしかありませんでした。

 トップチャレンジで4位となったキューデンヴォルテクスは、トップリーグ昇格をかけて、2月12日にヤマハスタジアムでヤマハ発動機ジュビロ(トップリーグ13位)との間で入替戦を行います。ここ3試合の戦いぶりを振り返ると、個々の力の差という前に、戦う気持ちを表現できないままに敗れているように思います。入れ替え戦は泣いても笑っても最後の試合。結果を恐れることなく、思い切りぶつかってほしいと思います。その戦いぶりを見届けるため、入れ替え戦も取材に行きます。

何気なく存在しているラグビーショップが、却ってラグビーの町であることを教えてくれる キューでかヴォルテクスのブース。この日は大勢のファンが応援に訪れていたが・・・ スタジアムで遭遇した子猫ちゃん。彼もラグビーファンかな?
スポンサーサイト

福岡の力を全国へ



 さる26日、恒例のアビスパによる福岡市長表敬訪問が行われました。1階ロビーに市役所職員が作る花道を歩く姿が堂々としていたことや、いつもはなんとなく終わる市長との懇談会も、篠田善之監督が積極的に会話に応じるなど、例年とは違う雰囲気が感じられました。それは、5年ぶりにJ1で戦う晴れがましさがあったからかも知れません。市長はじめ、出迎えてくれた市議会の面々も、こころなしかあかるい表情だったように思います。

 さて、今年のアビスパのスローガンは「福岡力」。それはアビスパの力を見せるだけにとどまらず、福岡という町の力を全国に向けて発信しようという意味が込められています。挨拶に立った大塚唯史社長は次のように話しました。
「今年はJ1の舞台で戦います。スローガンは福岡力。その舞台で福岡の力を全国に発信したいと思っています。アビスパが頑張ることで、福岡がもっと元気な町になるよう頑張ります」

110128_08.jpg
110128_09.jpg
 その言葉を受けて、高島宗一郎福岡市長も最大限のエールを送ってくれました。
「久々のJ1の舞台でどれだけ暴れてくれるかなと、多くの市民が楽しみにしています。J1に定着し、さらには優勝を狙って、市民に夢を与えてほしいと思います。アビスパは福岡の大きな魅力のひとつです。福岡市としても、しっかりとアピールして行きたいと思っておりますし、レベルファイブスタジアムで大暴れしていただき、全国にアビスパ福岡の名を轟かせてほしいと思っています。そして、福岡のスポーツと言えば、ホークスではなくてアビスパだという勢いで、なんの遠慮もなく、前に、前に出てきてほしいと思います」

 経営陣を刷新して臨んだ昨シーズンは、アビスパが新しい歴史を作ることを決意し、新たなスタートを切った1年目でした。アビスパが抱えている問題は1年で180度転換するほど簡単なものではなく、いまもまだ多くの難題を抱えていますが、現状に不平不満をぶつけるのではなく、明確なビジョンを設定し、その実現のために、何をやるべきか、何が出来るのかを考えて、とにかく前へ向かって進んでいかなければなりません。そして、そのキーワードは「福岡」だと私は思っています。

 アビスパに関わる全ての人たちのためだけにとどまらず、福岡の町に住む人たちのために何が出来るのか。何を福岡の町に残すことが出来るのか。それを具体的に示し、さらには、アビスパの試合も含めて、全ての行動が、福岡の町を全国に向けて発信することにつながっていることを強く意識していく。それがアビスパの役割だと思います。今年の市長表敬訪問には、そんな思いが込められていたように思います。そういう意味で、非常に身が引き締まる思いがした今年の表敬訪問でした。

2011アビスパ、始動

時折、雪が舞う雁の巣球技場で、アビスパは2011年シーズンをスタートさせた。

 福岡に拠点を置く全メディアが勢ぞろいする中、2011年のアビスパが始動しました。まずは、今シーズンから新たにユニフォームサプライヤーとなったスボルメから提供される新ユニフォーム発表会。引き続き、学校行事で欠席の畑本時央を除く8名の新加入選手が出席した記者発表会が行われ、14:00から、選手たちが一堂に会してトレーニングを開始しました。厳しい寒さの中でのトレーニングでしたが、選手たちからは、新たなシーズンが始まった喜びが感じられました。

 第一印象は「派手だなあ」と(笑)。私の記憶だけでものを言うなら、あれほど鮮やかな色がピッチの上で動き回る姿は見たことがありません。スボルメがユニフォームサプライヤーになるらしいと聞いた時から、そのファッション性を大事にするコンセプトから、これまでとは違った雰囲気になるだろうとは予想していましたが、予想を超える派手さでした(笑)。でも、いいんじゃないかと思います。ただし、50過ぎのおじさんに似合うウエア―を探すのにはひと苦労しそうですが・・・

ピッチの上をカラフルな色が飾る。
J1出は厳しい戦いが待っている。けれど、指揮官の強い気持ちは少しもぶれていない。
 さて、今シーズンから9名の選手が新たにチームに加わりましたが、補強のポイントは、積極的に仕掛けられる選手、動きの量が多い選手、そして複数のポジションをこなせる選手の3つ。「よりハードに、よりアグレッシブに、よりスピーディに」というコンセプトのもとで展開した昨シーズンのサッカーを継続し、さらに自分たちのサッカーの完成度を上げてチームとして成長したいという狙いがあります。様々な制約がある中で、やれる限りのことはやれたのではないかと思っています。

 心強かったのは、福岡に新たな戦いの場所を求めた選手たちが、並々ならぬ意欲を持っていることです。松浦拓弥は次のように話します。
「磐田で試合に出だしてから2年間、インパクトを残せなかった。そういう現実があってアビスパに来た。このチームでインパクトを残して自分の存在をアピールしたい。自分は、出してもいい選手と思われていたから移籍できたわけで、出さなきゃ良かったと思われるような活躍をしなければ、自分自身でインパクトを残せたとは思えない。そういう思いを込めて移籍を決めた」。

 そして、成岡翔にとっては、今回の移籍は自分を見つけるチャレンジです。
「磐田は居心地のいいチームだったし、チームの中でやりやすいやり方も分かっていたのに結果が残せなかった。そこに尽きる。自分に甘かった部分があった。その甘さが何だったのか。それを分かるために、自分の尻を叩くために環境を変えてみたかった。今年は厳しい戦いが続くと思うが、その中で自分がどれだけできるのかチャレンジしたい。その自分を評価をしてくれて、チャンスを与えてくれた福岡に感謝している」

 後がない戦いの中で彼らが新しい自分を見つけた時、アビスパもまた新しい力を身に付けることができるのだと思います。

雁の巣リクレーションセンターの指定管理者である公園緑地管理財団が掲げた横断幕。これも福岡力だ。 久しぶりの全体トレーニングに臨む選手たちの表情は、今年もサッカーができる喜びにあふれていた。 ずらりと勢ぞろいしたメディア。やはり、J1は注目度が違う。結果を残すということは、こういうことなのだろう。

 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。