「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊張感もまた楽し。



 見ている方も身が引き締まるような緊張感。それでいて必要以上にはピリピリしていない。雁の巣球技場は非常にいい雰囲気に包まれています。選手たちにプレッシャーがないと言ったら嘘になります。けれど、選手たちはそのプレッシャーから逃げようとするのではなく、むしろ、今の状況を積極的に楽しもうとしているように見えます。「この時期に、プレッシャーと緊張感の中でサッカーができるのは限られたチームだけ。本当に幸せなこと」とは大久保哲哉。そして、誰もが同じ言葉を口にしています。

 かつて、松田浩監督(現・栃木SC)が率いたチームが昇格を果たした時も、緊張感とリラックスした雰囲気が程よく混じった空派が雁の巣球技場を包み込んでいました。けれども、安定した戦いで昇格を果たした2005年シーズンでさえ、「もしかしたらやばいんじゃないか」という空気が生まれたこともありました。それほど、昇格争いのプレッシャーは大きかったということだと思います。けれど、今は緊張感はあっても、驚くほど力みがありません。それは前回とは大きな違いです。

 その違いは、チャレンジャーとして戦っている今と、上がって当然という期待の中で戦っていたあの頃との違いから生まれてくるものなのかもしれません。驕らず、その気にならず、常に自分たちの立ち位置を見失わず、それでいて、目の前の相手には何が何でも勝利するという強い意志と自信を持っている。それが今のチームの最大の特徴です。横綱相撲ができるチームではありませんが、チャレンジャー精神を発揮して前へ向かっていけるチーム。いいチームになったな。それが率直な感想です。

 だからと言って、どんな結果が待っているかは誰にも分かりません。そもそも、このままゴールを駆け抜けられるほどサッカーは甘くありません。必ず、ぎりぎりの局面に立たされる時がやってきます。その時に、その壁をチームが、そしてチームに関わる全ての人たちが、自分たちの手で切り開く力を持っているのか。それが問われるのが、これからの7試合だと思います。「最終戦が終わるまで何も変わらない」。力強く話す篠田善之監督の言葉を実行に移すことが何よりも求められています。

 そして丹羽大輝は、のこり7試合に向けて次のように話しています。
「去年、一昨年は、昇格の可能性を早い段階でなくしてしまってモチベーションの持って生き方が難しかった。だからこそ、同じ思いはしたくない。それにプレッシャーわ受けて固くなってしまったら自分たちのサッカーができなくなる。このプレッシャーをポジティブに捉えて戦いたい。相手の順位がどうであれ、ぶつかっていくのが今年のアビスパの良さ。それをさいごまで 忘れずにやりたい」
 まずは明日の徳島戦。この能力の高い選手が集まったチームとの戦いは簡単ではありませんが、必ず、勝点3を手土産に帰ってきてほしいと思います。
スポンサーサイト

お礼と復活宣言



 遅くなってしまいましたが、まずはお礼から。10月17日にスポーツ情報誌「INSIDE」第2号を発行させていただきましたが、創刊号以上の反響がありました。これも、我々の活動を支えてくださる皆さんのおかげと、大変ありがたく思っています。また、レベルファイブスタジアムや、雁の巣球技場で多くの方から励ましの言葉をかけていただき、力をいただくと同時に、改めて、1日も早く「INSIDE」を立派な雑誌に育てなければいけないと強く感じています。

 現在は書店での販売を行っておらず、皆さんにはご迷惑をおかけしていますが、山本圭吾氏のご好意により「Fanatica」の店頭で販売していただいている他、通信販売でお買い求めいただけるようにしています。まだ「INSIDE」をお手にされていらっしゃらない方は、是非、ご購入いただきますようお願いします。特に皆さんに読んでいただきたいのは、中町公祐選手の巻頭インタビューです。真摯に心の内を明かしてくれた言葉の一つひとつは必読です。

 そして、オフ会。当日は45名を越す方に集まっていただき、過去、開催したどのオフ会よりも盛況で、幹事冥利に尽きる集まりになりました。サッカーがなかったら、アビスパがなかったら、決して知り合うこともなかったであろう人たちが、サッカー、アビスパという2つのキーワードだけで、まるで何年も昔からの友人のように心を通わすことができる。改めて、スポーツの持つ力を感じました。参加してくださった皆さん、そして、サプライズゲストとして参加してくださったお2人、本当にありがとうございました。

 また、多くの方から私の活動について忌憚のないご意見をいただきましたが、そのひとつ、ひとつは私に力と元気を与えてくれるもので、非常に感謝しています。オフ会は、私がアウェイゲーム取材を始めたため、2004年を最後に開催していませんでしたが、これを機会に復活させて、定期的に開催することにしました。次回は、シーズン終了後を予定しています。11月中には告知できると思いますので、今回参加された方はもちろん、1人でも多くの方が参加していただけるようお願いします。

 さて、7月以降、自ら新しい道へ足を踏み出したことで、少し自分のペースを見失っていましたが、この数週間で多くの方たちとお会いしたことで、また、沸々と力がみなぎってきました。それに選手も、サポーターも頑張っているときに、自分だけが弱音を吐いているわけにもいきません。ということで、まずはブログの運営を正常化しようと思います。引き続き、多くの皆さんにアクセスしていただきたいと思っています。改めてよろしくお願いします。

サッカーの話をしよう



 さて、イベントの告知です。と言っても、オフ会のようなもので、福岡を愛する仲間が集まって、サッカーを話題にして、飲んで、食べて大いに盛り上がろうという企画です。詳細は以下の通りですので、1人でも多くの方の参加をお待ちしています。

 日時:10月23日(土)19:00~
 場所:福岡市天神界隈(参加者の方に別途連絡させていただきます)
 会費:4000円程度
 幹事:中倉一志(オフィスイレブン代表)
 
 参加を希望される方は、必要事項を記載した上でメールにて申し込みください。
 場所等の詳細情報について、こちらから返信させていただきます。

 必要事項:参加人数・氏名・連絡先電話番号 or メールアドレス
 e-mail:event@office-eleven.co.jp

 参加資格はサッカーが好きだという1点のみ。オールドファンの方も、サッカーを見始めたばかりの方も大歓迎。お酒を飲める年齢であれば、老若男女を問わず誰でも参加いただけます。話題は高度な戦術論から、誰がイケメンかというミーハー話まで、サッカーの話なら何でもござれ。とにかく、サッカーという名のつく話題でとことん盛り上がろうというイベントです。楽しいことは私が保証します(汗)。ご家族、ご友人、お誘いあわせの上、是非、足を運んでいただければと思っています。

 なお、今回のイベントには、「アビカラプロジェクト」の中心メンバーである関東在住のサポーターも参加してくれる予定です。普段は中々会うことができない関東のサポーターの皆さんとも、是非、交流していただければと思っています。そもそも、以前は定期的に開催していたイベントを、この時期に再開することを決めたのは、この「アビカラプロジェクト」がひとつのきっかけでした。(アビカラプロジェクトの詳細はこちらから

 今シーズンは新役員の皆さんの献身的な活動と、選手たちの頑張りで、福岡は久しぶりにJ1昇格争いを繰り広げています。しかし、勝負の世界では、いつも思ったような成績を残せるとは限りません。いい時も、悪い時もあるのが勝負の世界の常。そんな中で、いつも変わらぬ思いでクラブを応援することの大切さや、街にプロクラブがあることの意義、そして、どんな立場の人であっても、自分なりの方法でクラブを支えることができるのだということを、お酒でも酌み交わしながら話すことができたらなと思っています。

 とにかく、多くの方たちとお会いして、サッカーの話を飽きるまでしたいと思っています(汗)。是非、是非、皆さんのご参加をお待ちしています。どうしようかなと迷っているあなた。今すぐ、メールしてください。お会いできるのを楽しみにしています。

 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。