「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

求められる、もう一工夫



 遅くなりましたが岡山戦です。昨シーズン一つも勝てなかった相手に対して今回もドロー。内容的にはどちらに転んでもおかしくない試合で、残念なことではありますが、結果は妥当なものだったと思います。むしろ、攻撃の形という点で両チームを見れば、岡山の方に意図的な崩しが多かったように感じています。福岡は、調子を崩しているというよりも、ここまでに敗れた試合や、引き分けた試合と同様に、自分たちのストロングポイントを生かすための工夫に欠けたように感じています。

 J's GOAL のレポートにも書きましたが、前半は互いの相手のトップに入ってくるボールを激しく潰し合う展開。福岡は大久保哲也に、岡山は三木良太・李東明のツインタワーにボールが収まらず、互いに好機を作れませんでした。ただ、攻撃が活性化しなかったというよりも、互いの守備陣が相手の起点をうまくつぶしているなというのが私の印象。特に、丹羽大輝、宮地洋輔の両CBが激しく競り合うところに、素早くプレスバックして相手の自由を奪う末吉隼也のプレーが印象に残りました。

 福岡が攻撃のリズムを刻んだのは、高橋泰がピッチに登場した後半開始から、城後寿がピッチを退くまでの時間帯でした。高橋がタイミングよく上下しながらボールを収め、そして捌くことで、前半は停滞していた2トップの縦のコンビネーションが活性化。それに伴い、両サイドから駆け上がるシーンも増えていきました。城後がピッチを退いてからは再び福岡の攻撃が停滞してしまいましたが、怪我から復帰して間もない城後は万全な状態には遠く、交代も致し方なかったと思います。

 さて、福岡に所属する選手の特徴を考えると、手間をかけずにシンプルに裏を突くサッカーは有効な手段だと思います。けれど、そのストロングポイントを活かすための工夫に欠くきらいがあるのではないかと感じています。裏のスペースを消し、起点となるFWを徹底的につぶすことに力を注ぐチームに対し、強引にトップにボールを集め、一発で裏へ出ようとすれば、攻撃は単調になり、やがては停滞します。自分たちの特徴を活かしたいがための、もう一工夫。それが後半戦を戦う福岡の課題だと思います。

 サッカーにマジックはなく、結局のところ、方向性をぶらさずに地道に積み重ねていく以外に問題は解決しません。しかし、その一方で、シーズン終了後に3位以内に入るという目標を達成するには、目の前の試合で結果を出し続けなければなりません。特に、この日のような難しい試合で勝利することが必要不可欠で、残り18試合となった今、現在の課題は早急に改善しなければならない問題でもあります。この相反する問題とどうやって折り合いをつけるのか。簡単な問題ではありませんが、アグレッシブな姿勢で挑戦してほしいと思います。
スポンサーサイト

多くの皆様への感謝に代えて

 7月24日、多くの方に支えられて福岡発のスポーツ情報誌「INSIDE」を創刊することができました。創刊に至るまでに様々なアドバイスをくださった方々、創刊の趣旨をご理解いただいて、多くの方たちに購入を呼びかけてくださった協力者の皆様、資金面で協力してくださった方々、試合前の慌ただしい時間に販売ブースでご購入してくださった方々、そして、撮影、デザイン、編集、執筆に力を貸してくれたメディアの仲間たち、本当にありがとうございました。ただ、ただ感謝の気持ちで一杯です。

 創刊当日は、どれだけの方に買っていただけるのか不安な面もありましたが、予想を上回る方にご購入いただいたばかりか、多くの励ましのお言葉をいただきました。「INSIDE」を多くの方たちにご購入いただいたことを大変うれしく思うと同時に、皆さんがかけてくださった言葉の数々が強く心に残っています。より多くの情報と、より中身の濃いレポートをお届けすること、そして、1日も早く「INSIDE」を軌道に乗せることが、これからの私の責任だと身が引き締まる思いで一杯です。

 当面は、まだ私の部屋に山積みになっている「INSIDE」を、1人でも多くの方にご購入いただく努力を続けます。8月8日の愛媛戦開催時にレベルファイブスタジアムで販売させていただくほか、遠隔地の方のために通信販売サイトも用意しました。以下のアドレスにある「通信販売」のバナーをクリックいただくと、販売サイトにアクセスできます。遠隔地の方は、是非、ご利用いただければ幸いです。加えて、個別訪問による販売も行います。ご興味のある方は、是非、お声をかけて頂ければと思います。

  http://www.office-eleven.co.jp/

 また、スタジアムで多くの方たちに質問された発行サイクルについてですが、当面は季刊で運営する予定です。したがって、第2号の発売は第30節福岡-草津戦が行われる10月17日を予定しております。そして現在の目標は、安定的な販売数を確保し、ページを増やすこと、そして、季刊から隔月発行にサイクルを上げることです。簡単ではありませんが、1日も早く実現するよう、様々な努力をしていくつもりです。

 なお、株式会社オフィスイレブンは、「INSIDE」販売のために立ち上げた会社ですが、今後は、WEBの運営や各種イベントの開催などを通して、より多くの人たちにスポーツの素晴らしさを知ってもらい、「福岡の街で頑張っている人たちを、福岡の街に住む私たちが応援する」というキャッチフレーズの実現に努めたいと思っています。当面は「INSIDE」の運営を軌道乗せすることが最優先課題ですが、「INSIDE」だけに関わらず、様々なご意見をお寄せいただければ幸いです。

 本当にありがとうございました。これからも夢を追いかけて活動していくつもりです。今後とも、変わらぬご支援をいただきますようお願いします。

敗戦を糧にして前へ進め



 多くの方たちにとってそうであったように、私にとっても、草津との試合は予想を大きく裏切られるものになってしまいました。リーグ戦である以上、敗戦という結果自体は起こりうることです。しかし、その内容がひどすぎました。アグレッシブさは感じられず、運動量もスピードも上がらず、そして肝心なところでミスを繰り返す。それは、ここまで福岡が積み重ねてきたサッカーとは全く別物でした。非常に残念なことではありますが、敗戦は当然の結果だったように思います。

 この試合が今シーズンの開幕戦以上に大事な意味を持つことは、チームスタッフ、選手ともども十分過ぎるほど認識していました。中断前の順位が何かを保証するものではないことも、互いの間にある順位の差が試合に優位性を持たせるものではないことも、120%の力でチャレンジしなければ勝点3を手に入れられないことも意識して臨んだ試合でした。そして、そのための準備も十分に積み重ねて臨んだ試合でした。しかし、その姿勢を試合で見せることができませんでした。

 でも、これもサッカーの怖さなのだと思います。心身ともに万全にしていたつもりでも、ほんの少しの歯車が狂いが、やがて大きなズレとなり、自分たちが思い描いているものと大きくかけ離れたものになっていく。この日の試合は、まさにそんな試合だったように思います。敗因を探すとすればゲームの入り方。草津が前から来ることは容易に想像できましたが、その草津に対して後ろでいなそうとしたことで歯車が狂っていってしまったように感じています。

 1年間を戦うリーグ戦では、常に万全の状態で試合を迎えることは不可能です。それでもコンスタントに結果を積み上げていくチームが強いチーム。そういうチームは、どんな状況になろうとも、ここだけは譲れないというポイントをしっかりと抑えられる力を有しています。そういう観点で福岡を見れば、まだ、そこまでの緻密さは持ち合わせていないということ。サッカーの神様が戒めの意味も込めて、J1昇格を果たすためには、まだまだレベルアップが必要だということを、福岡に知らしめたのだと思っています。

 この日の敗戦はJ1昇格という観点から見れば非常に厳しい結果になりました。しかし、だからと言って下を向いたところで結果は翻るわけもなく、何かが解決できるわけでもありません。まずはこの日の結果を真摯に受け止めて、強く感じる情けなさを次の試合に向かっての糧にすること。それが今の福岡がやるべきことだと思います。J1昇格が簡単な目標ではないことは最初から分かっていたこと。それを実現するために越えなければならない壁に向かってチャレンジし続けるだけです。

 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。