「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

依然として残る課題

3本目に出場して30分プレーした久藤清一。ゲーム感が戻るまでには、もう少しかかりそうだ。

 45分×2+30分×1で行われた九州学生選抜との試合は、0-0、1-0、0-0のスコア。シュート数で学生選抜を大きく上回り、決定機の数も多く作った福岡でしたが、その内容は決して満足のいくものではなかったと感じています。この試合はチームの課題である「組織としての守備」がどれだけ機能するかに注目して見ていましたが、残念ながら、修正の跡は見られず。篠田善之監督も「互いの距離感が長くなったり、近すぎたり、守備は良くなかったと思う」と話しました。

 ハーフウェイライン近くで、高い位置から相手をはめ込んでボールを奪いに行くという点に関しては、少しずつ、少しずつ、形が出来てきたように思います。しかし、問題は、そこでボールを奪えなかった時の守備。相手に自陣内に持ち込まれると、相手のミスか、こぼれ球を拾う以外に、意図した形でボールを奪えることが出来ないのは、これまでと変わらず。数的優位を作れずに、常に1対1の守備を強いられるのも、過去の練習試合と同様でした。

怪我で出遅れた中町公祐は急ピッチでコンディションを上げている。変化を付けられる選手としての期待は大きい。
田中佑昌は、まだ本来のキレ味を取り戻していないが、開幕までには十分に間に合いそう。
 1人、1人のプレスに行こうという意思は感じられるのですが、組織としてボールホルダーを囲い込んだり、サイドへ追い込んだりすることがほとんどなく、そのため、ファーストディフェンダーが簡単にはがされて、後追いの守備になることが多かったように思います。

 そういう状況ではラインを上げることも、高い位置からプレスに行くことも出来ず、最後の最後で人数をかけて跳ね返すしかできなくなっていました。サイドへ展開されると、必ずと言っていいほどクロスを上げられていたのも問題でした。

 相手にプレッシャーをかけられると、ロングボールを蹴るしかなくなったり、奪ったボールをすぐにラインの裏へ蹴り込んだりと、緩急の変化が付けられない攻撃にも課題は残りました。しかし、それよりも、何よりも、守備の安定なくしては長いリーグ戦を戦うことはできません。ボールがいい形で前に入ればチャンスを作ることが出来るのは、この日の試合でも明確になりましたが、いい守備が出来なければ、前線にいい形でボールが入ることはありません。

 1対1で勝てれば問題はありません。しかし、互いの技量に差がないのがプロの世界。そして、ひとつのミスが失点に直結するのがサッカーです。守備の面では互角の勝負は極力避けなければなりません。ファーストディフェンダーが強くプレッシャーをかける前提として、相手の動きを制限し、パスコースや、抜け出してくるコースを限定しておかなければ効果はありません。開幕までに残された期間はわずかですが、課題は明確なだけに、しっかりと修正してほしいと思っています。

別メニューでの調整が続いていた高橋泰も練習試合に復帰。まずまずの動きを見せた。 大久保哲哉の目標は全試合フル出場と得点王。今年も攻守に渡ってチームを引っ張る。 積極的なオーバーラップを見せた山形辰徳。
スポンサーサイト

強い気持ちで

激しく古雨の中、懸命にボールを負う鈴木惇。試合に出たいという気持ちが誰よりも強く伝わってくる。

「アップ、アップ」「右から行け!右から!」「はまってるぞ、GO!GO!」
 小雨交じりの雁の巣球技場に大きな声が響きます。迫りくる開幕戦に向けて、日に日に緊張感が高まっていくのを感じます。それは小雨が強い雨になっても変わりません。傘など役に立たない横殴りの雨の中、激しくぶつかり合い、ボールを奪い合い、そしてゴールを目指します。その姿からは昨年の二の舞はしないという気持ちが伝わってきます。

 その中でも、ここまでのトレーニングを通して「試合に出たい」という気持ちが誰よりも強く伝わって来るのが鈴木惇です。「自分もそう思ってやってきた。去年はトップチームでプレーできないと『なんでだ?』と思ってしまって集中出来ないこともあったが、去年悔しい思いをしたこともあって、今年は、どの試合でもまずは自分がいいプレーをするということを目標にやってきた」とは本人の弁。精神的にも成長し、非常に充実したトレーニングを重ねています。

激しい雨にひるむ者は誰もいない。ただボールだけに集中してチームを作り上げる。
昨年の大怪我を感じさせない田中誠。今年は去年の悔しさを晴らす年だ。
 もちろん、目指すのは開幕スタメンです。九州学生選抜との練習試合を控えた26日のトレーニングでは先発組と思われるチームでプレー。「コンディション的には問題ないところまで来ている。明日の試合でいいプレーをすることが開幕スタメンにつながると思う」と話します。

 高校在学中にJリーグデビューを果たし、出場試合数を4、18、39と順調に伸ばしてキャリアを重ねてきた鈴木。しかし、いつも高い場所を見つめる本人が満足することはありません。そして今年は、もうひとつ上のレベルへ抜け出してほしいと思っています。

 さて、27日はシーズン前の最後の練習試合。鈴木はそのテーマを次のように話します。
「チームの課題は守備。1人、1人の守備も大事だが、11人で守る守備が詰め切れていないと思う。自分たちの状態が悪い時に、時間を作ってから守備の主導権を握るということが出来ていないので、まずは明日の試合で試しながら確認したい」。
 いい攻撃はいい守備から。勝負事のベースは守備にほかなりません。

「学生相手だから隙なくやらなければいけないと思うし、下のレベルの相手だからこそ、気持ちを入れてやらないと意味がなくなってしまう。まずは守備のことを考えてゲームに入りたい」(同)。
 練習試合が多い割にJリーグとの試合が少なかったのが気になる点でもありますが、相手の状況に関係なく、自分たちのサッカーを100%発揮できるようにすることも、リーグ戦を勝ち抜くには必要な要素。開幕に向けて期待が膨らむような内容と結果が欲しいところです。

セットプレーの壁の作り方も念入に確認していく。 紅白戦途中から強くなった雨は、土砂降り状態。 27日は開幕前の最後の練習試合。内容も結果も期待したい。

今シーズンを決める10日間。

アビスパ史上初となるルーキーの開幕先発はあるか?

 宮崎キャンプを打ち上げて1日のオフを取り、25日から雁の巣球技場での最終調整のトレーニングが始まりました。開幕までは10日間。リーグ戦が始まってしまえば大きくチームを変える時間はなく、この10日間でチームのベースをどこまで詰められるかが今シーズンの行方を決定すると言っても過言ではありません。「ここからが勝負」。篠田善之監督がキャンプの打ち上げ時に話したように、今シーズンで最も大事な1週間と言っても過言ではありません。

 トレーニングは、休んだ体を起こすためのサーキットトレーニングから。みんなで声を掛け合いながら、ポールの間を駆け抜け、置かれた障害を飛び越え、全力ダッシュを繰り返していきます。そしてボールを使ったトレーニングが始まると、それまで笑顔を見せていた選手たちの表情が緊張感あふれる表情に変わります。キャンプで見つけた課題をどこまで突き詰められるか。誰もが同じ思いでボールを追いかけます。

開幕スタメンに向けて猛烈にアピールする選手たち。
ボードを使っての戦術確認にも熱が入る。いよいよ開幕が近付いてきた。
 そして最後のメニューは紅白戦を3本。ここまでの練習試合も含めて、最終ラインはほぼ固まったようですが、中盤のポジション争いの激しさは相変わらず。それどころか、田中佑昌、久藤清一が戦列に復帰したことで、更に激しさが増した感があります。

 特にボランチは最激戦区。正確なキックで末吉隼也がアピールすれば、阿部嵩は持ち味の守備能力を発揮するとともに積極的に前に出ていきます。キャンプ中からアグレッシブさでは一歩先を行く鈴木惇。そして、気の利いたプレーでアピールする中町公祐。誰が出てもおかしくない状況が続いています。

 最も注目されるのがFWのポジション。大久保哲哉、高橋泰の2トップは固いと見ていましたが、ここへきて吉原正人が猛烈にアピールを続けています。
「自分に必要なところは分かった。それを課題にしてアピールしたい。岐阜との練習試合のプレーをいつでもやれるようにして、ゴールも取れれば開幕スタメンも見えてくる。自分は開幕スタメンを目指してやっている。次の練習試合でゴールを取りたい」。真っすぐな視線で、そう話してくれました。

 そしてチームとしての課題は、やはり守備の修正にあります。
「監督がやりたいことはみんなが理解している。後は選手が出来るようになるだけ。ラインのコントロール、ファーストDFのアプローチ、ポジションのスライドなど、一瞬のバランスの悪さがやられる原因になる。常にポジションを細かく修正する作業を90分間を通してやれるようにならないといけない。みんなで声を出し合って、その部分に気を使いながら、開幕に向けて準備していきたい」(田中誠)
 開幕戦で必要なのは勝点3のみ。激しいトレーニングは続きます。

六反勇治のコンディションも戻り、GKのポジション争いは激しくなっている。 この日のトレーニングはサーキット系のメニューから始まった。長いリーグ戦を戦い抜くには鍛えられたフィジカルが必要不可欠。 フィジカルトレにも力が入る。

 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。