「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

課題を残すも、勝点3を取ってホーム最終戦へ



 攻めることで自分たちのリズムを作る草津と、まずは守備を安定させてゲームをコントロールする福岡。そのスタイルの違いが反映した試合でした。「あれは僕のミスです。そう書いておいてください」と六反勇治が振り返った開始直後の2分に喫した失点は嫌な気がしましたが、その後、勢いに乗じて一気呵成に攻め上がってくる草津に対し、前からの守備で草津を押し返したことで試合の大勢は決まったように思います。

「ブロックに入ろうと思っていたらボールが抜けてきたので頭で合わせた」(丹羽大輝)という同点ゴールが決まってからは福岡の一方的なペース。戦前の狙い通り、前がかりになる両サイドの裏へボールを集めて面白いように草津を崩していました。前半のうちにゴールは奪えませんでしたが、守備の負担を背負い込んだ熊林親吾が早々と退場処分を受けた草津は、自分たちのサッカーの前提である攻撃が組み立てられず、福岡にとっては、それほど難しい試合ではありませんでした。

 ただ問題は後半の戦い方でした。草津がラインを下げて両サイドの守備に注意を注ぐようになってからは、ボールを支配しながらも全くと言っていいほど攻撃の形が作れない展開に。サイドへ出しては前を塞がれて最終ラインへ戻し、そして裏へ狙ってロングボールを入れるというワンパターンに終始してしまいました。逆転のシーンはゴール前中央を起点にしてパスを繋いで崩した形でしたが、それ以外では、ゴールの臭いがするシーンはなく、勝点3は積み重ねたものの、物足りなさが残る試合でもありました。

 さて、今シーズンもいよいよホームとアウェイを1試合ずつ残すだけになりました。ここまでくれば、チームの成熟度が大きく上がるということはありませんが、そのベースとなる個人戦術の部分では、まだまだやれることはあります。残された少ない時間を有効に使ってそのレベルを上げることが、チームとして、個人として、来シーズンにつながることになります。どんな時でも積み重ねること。それしか上に向かって進む道はありません。

「昇格という目標は早い段階で消えてしまったけれど、来年につなげなくちゃいけないし、そのためには残る2試合とも良いプレーをしなければいけない。来年から頑張ればいいというのではなく、今からひとつずつ積み上げていかないと。そういう意味では、残りの試合も51分の1の試合と捉えて全力を尽くすだけ。まずはチームとして勝つことが最低限。その上で自分の役割を果たせるように準備したい」(鈴木惇)。
 次節はホーム最終戦。いろいろと考えさせられ、いまもまた考えることばかりの今シーズンですが、残り2試合では選手たちの気持ちを見せてもらいたいと思っています。
スポンサーサイト

3連勝目指して、まずは草津戦

抜群の存在感を示す久藤清一。ピッチの上野監督としてチームを動かす。

 今シーズンも残る試合は3試合。51試合を戦う長丁場のシーズンも、気が付けば、あっという間に終わろうとしています。福岡のフロントと、それ以外のところに大きな乖離があることに心を痛めるばかりですが、そんな状況の中でも、選手たちは限られた時間の中で何かを見つけるために、そして、自分たちの力を最大限に発揮するために毎日を過ごしています。その選手たちのために、残る試合を変わらぬ気持ちで見届けたいと思います。選手が戦う限り、シーズンは終わりません。

 そして次なる戦いの相手は草津。今シーズンはいずれも1点差で2敗を喫している相手とのアウェイでの戦いです。第2節に正田醤油スタジアムを訪れた時は、4,782人の入場者数ながらスタジアム全体でチームを熱く後押しする空気が感じられ、アウェイでの戦いであることを強く意識させられた印象が残っています。そんな中での戦いは簡単ではありませんが、アウェイの地に足を運んでくれるサポーターのために、遠く福岡から思いを送る人たちのために、そして自分たちのために、勝ちしかいらない試合です。

鈴木惇も生き生きとしたプレーを見せて出場をアピール。
出場停止処分明けの阿部嵩も負けてはいない。流れを読んだ守備で先発復帰を狙う。
 草津は、広い視野と高いテクニックを持つ熊林親吾と、攻撃にアクセントを加える廣山望を中心にした攻撃に特長があるチーム。両SBは高い位置取りから積極的にオーバーラップし、分厚い攻撃を仕掛けてきます。

 その反面、ボールを奪われた後に後ろに広がるスペースを突かれて失点することも多く、総失点はJ2ではワースト5位に当たる72失点を記録しています。強みと弱みの両方が存在するチームと言えます。

 福岡が勝利するための条件は、草津の攻撃を遅らせ、奪ったボールを素早くスペースへ運ぶこと。打ち合いは望む内容ではなく、これまでの戦いの通り、まずは守備から入って相手の特長を消しておいてから、攻撃を仕掛けるという展開に持ち込みたいところです。久藤清一をボランチで起用した前節の甲府戦では、攻守のバランスが格段に良くなり、その結果、効果的なビルドアップが出来たことが勝因になりましたが、それを再現できれば勝利は近づくと思います。

 草津戦に備えた紅白戦では、久藤が変わらぬ存在感を示しているほか、大久保哲哉、高橋泰、黒部光昭、田中佑昌らFW陣がコンディションの良さをアピールし、ボランチで起用された鈴木惇も生き生きとプレーしているなど、チームの状態は上向き。いろんな思いが交錯していると思いますが、誰もが3連勝してシーズンを終えることに集中しています。「今シーズンを終えなければ来年は始まらない。来年のことよりも、残りの試合全部に勝つことに集中したい」(六反勇治)。その姿を見届けるために、いつものようにアウェイの記者席から念を送りたいと思います。

終盤に入って攻撃面での特長が出てきた大久保哲哉。まずは昨年と並ぶ14ゴールを目指す。 高橋らしい、一瞬のプレーからゴールに向かう動きが増えてきた。 1年間、高いパフォーマンスを維持し続ける黒部光昭。草津戦でも期待がかかる。

クラブの決断



 クラブのフロントと、アビスパに関わる人たちの間に大きな乖離があることを示す決断でした。様々な事情を考慮しても、シーズンを振り返っての決断が、このようなものになるとは全く予想もつきませんでしたし、いまもまだ、その理由を全く理解できないでいます。クラブが下した決断の善し悪しを問う前に、どうすれば、このような結論にたどりつくのかを考えていますが、いくら考えても答えは全く見えてきません。

 失敗することは決して悪いことではありません。そもそも、人生など失敗と成功の繰り返しで、回数から言えば失敗の方が多いもの。失敗を失敗として認め、失敗の要因を自分の中に求め、それを取り除くべく自らの中に足りないものを身につける作業を続けることで、失敗は成功への糧になります。反して、失敗を失敗と認めずに事を起こせば、それは新たな失敗を招くだけです。別の方法があったはず、強くそう思います。

 さて、続投が決まった篠田善之監督にとっては、自身のこれまでのサッカー人生では経験したことのないほどの厳しいシーズンが待ち受けています。力不足を解消する機会を与えられないまま、経営難から強化費が縮小する見通しのチームを率いて真剣勝負の場所に出ていかなければならないからです。自らの内にある問題と、外にある問題の二つを抱えて勝ち抜けるほど勝負の世界は甘くはありません。しかし、1年後に出る結果についての全ての責任をとらなければなりません。

 選手にとっても厳しいシーズンになります。ふがいない戦いが続いた今シーズンですが、彼らが必死になって戦っていたことに疑いはありません。チームが上手く回らなかったのはチームマネジメント面に問題にあったからですが、そのマネジメント面に抜本的な解決を施されないままで、今シーズンと比較すれば飛躍的とも言える成績を残さなければなりません。しかも、選手としての価値は結果でしか判断されません。

 そして、チームを外側から支える様々な人たちにとって、その姿勢を理解できないチームを応援するのは難しいもの。チームが向かう方向と、その手段を理解できなければ、支えたくても、支えようがありません。
 願わくば現場以外の組織も見直して、監督をはじめとするチームスタッフと、チームを強く支援するクラブ体制を整えてほしい。そして、チームを支える人たちに向けて、チームと一緒に戦う事が出来るように道標を示してほしい。切にそう思います。

 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。