「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

システム変更も・・・



 東京V戦で取り入れた4-2-3-1のシステムは、機能したところもあれば、上手く回らなかったところもあり、結局、勝利を呼び込むことはできませんでした。選手たちは個々の役割がはっきりしたこと、シンプルに攻めるという約束事が出来たことで、やりやすさと手応えを試合前に口にしており、本番でどこまでやれるかに注目していましたが、苦しい状況が変わらなかったばかりか、閉塞感を覚える試合でした。

 暑さと連戦の疲労で東京Vが本調子ではなかったとはいえ、守備面では改善点も見られたように思います。この日の狙いは、2列目の両サイドにファーストディフェンダーとしての役割を与えることで、これまで不明確だった守備における最初のアプローチを明確にし、その動きにボランチとSBが連動してサイドへ追いこんでボールを取るというもの。立ち上がりの時間帯は、プレスを避けて大きく蹴ってきたボールを最終ラインで奪ったり、狙い通りにサイドで囲い込むシーンも見られました。

 ただし、攻撃には大きな問題が残りました。攻撃における狙いは、中盤で手間をかけずにシンプルにボールを前線に預け、大久保哲哉を起点にして2列目の3人がポジションチェンジをしながら、相手の最終ラインの裏へ飛び出していくというもの。しかし、2列目の3人は積極的にポジションチェンジする姿勢も、裏へ飛び出していこうとする動きもなく、後方から大久保にボールを集めようという意識も徹底されていなかったように思います。

 また、試合後に鈴木惇が「迷っていた」と口にしたように、ボランチの役割が徹底されていなかったことも大きな問題でした。狙いとしては丹羽大輝が中盤でのつぶし役、鈴木がボールを配給する役を担うはずでしたが、奪ったボールが集まってきたのは、むしろ丹羽の方でした。

 上手く出来なかったことよりも、やるべきことをやろうとしなかった姿勢に大きな失望を感じています。中2日のトレーニングでは準備不足があったとはいえ、選手たちにとってはやりやすさを感じていたはず。やろうとして失敗したのならともかく、失敗を恐れているかのように動き出さない。ゴールへシンプルに向かわない。これでは、いくらトレーニングを積んでも同じことです。やることを明確にしたにもかかわらず、それを徹底して実行できない。この姿勢こそが福岡の最大の問題のように思います。

 次節の鳥栖戦に向けて、新しいシステムの問題点を整理することはもちろんですが、それを試合の中でやり切るメンタルがなければ結果は同じこと。現在の状況は自らが引き起こしていることであることを強く認識して、1週間を過ごしてほしいと思っています。
スポンサーサイト

繰り返される現実に思うこと



 なんとも言いようのない試合でした。立ち上がりから一方的に押し込まれる展開も、何とか無失点で頑張っていましたが、致命的なミスからゴールを奪われるという、いつものパターンで失点。その後もミスを繰り返して失点を重ねる最悪の展開でした。この試合も、いつもと同じ繰り返し。しかも、その程度がどんどん悪化する現状に、チームはどうしようもない状況に陥ったように感じました。

 今の福岡は複数の問題を抱えています。チームの約束事が徹底されていないという当初の課題は、それを繰り返しているうちに個人戦術の部分に派生して、個々のプレーが戦う以前の問題というレベルにまで落ち込み、チームの形云々とは全く別の次元でチームとして成り立たなくなってしまいました。勝負の世界では必ずしも思うような結果が得られるとは限りませんが、J1昇格を具体的な目標にするチームとは信じられない低迷ぶりに、ただ、ただ、困惑するばかりです。

 練習を重ね、23試合を行っても同じことを繰り返す現状は、もはや個々の意識レベルの問題ではなくなってしまった、そのように感じます。練習でも、試合でも致命的なミスを繰り返すという現実を見る限り、「やるべきことが出来ていない」のではなく、残念ながら「自分たちの力はそこまでしかない」と判断すべきで、まずは個人戦術レベルをJ2で戦えるところまで上げることから始めるしかないと感じています。その上で、チームとしての戦い方を改めて見直し、それを個々の選手に徹底するという3つの段階を経ることが、チーム再生のためには必要だと思います。

 チームが何も手を打っていないとは思いません。練習内容に工夫を加えたり、練習や試合に臨む意識を変えようと努力しているとも思います。しかし、それが結果にも、内容にも全く反映しないばかりか、改善の兆しも見えず、むしろ悪化傾向にあるという現実は、向かっている方向が正しくない可能性を示唆しています。今までの延長線上で考えるのではなく、これまでのことを一度クリアにして、全く違った観点からアプローチする必要があります。

 6か月をかけて準備してきたことをクリアにするのには勇気がいるかもしれません。しかし、今はそんなことを言っている場合ではないと感じます。今までの延長線上で物を考える限り、今シーズン中に大幅な改善を見込むことは難しく、そればかりか、来年以降につながるものを残せない1年になってしまいかねません。立場を超えて、それぞれが思っていることを全部吐き出して、耳の痛い話にも耳を傾けて、そして、違った観点で明日からのことを考えること。現体制を継続するのであれば、まずは、そこから始めるべきではないかと思います。

アンクラス、執念の逆転勝利

逆転劇の引き金となった田頭陽子(オレンジ)のヘディングシュート。気持ちの伝わる田頭のプレーは、選手にも、サポーターにも力を与えた

 徹底して守りを固めて、前の3人のスピードを生かしてカウンターを狙うという大原学園の戦術にはまって苦戦を強いられたアンクラスは、ボールを支配しながらもミスから3点を失って、残り25分を切った時点で1-3のビハインド。完全な負けパターンに陥っていました。敗戦もやむなし。そんな空気がスタジアムを支配し始めます。しかし、彼女たちの心の中にあったのは勝利の2文字だけ。L1昇格を果たすためには、こんなところで負けられない。それがすべての原動力でした。

 そんなチームを引っ張ったのは、TASAKIペルーレからアンクラスに移籍してきた田頭陽子でした。L2得点順位のトップを走る実績もさることながら、勝利に対する強い気持ちが周りに伝わる選手。彼女のひとつ、ひとつのプレーが劣勢に立たされた仲間に勇気を与え、スタジアムに足を運んだ観客を引き込んでいきます。そして73分、GK、DFと競り合いながらも、軸のぶれないパワフルなヘディングシュートを決めて2-3。これでスタジアムの空気が変わりました。

 同点ゴールは84分。パワープレーで前線に上がっていたCB内堀律子がファーサイドで頭を合わせてゴールネットを揺らします。そして逆転ゴールは86分。川村真理が放ったミドルシュートが相手DFに当たってそのままゴールへと吸い込まれました。
「すごくきつかったですけど、強い気持ちを持って前へ出ました。最後まで諦めない気持ちで戦えたから今日の勝利が来たと思います。すごく大きな1勝でした」とは田頭。その目は涙ぐんでいるようにも見えました。

 そんな彼女たちの頑張りに、サッカーの神様も心を打たれたようです。試合終了直後に飛び込んできたのは、ここまで9戦全勝で首位を走ってきた伊賀の敗戦の報告。アンクラスは、伊賀との直接対決を2試合残して勝点2差に詰め寄りました。
「伊賀と当たるまでは全勝で突っ走っていくと話していた。(自動昇格が決まる)2位以内じゃなくて伊賀を直接叩いて1位を狙いに行く。そういう意味では今日の逆転は大きかった」と河島監督(アンクラス)は力強く試合を振り返りました。

 さて、7チームによる3試合総当たりで争い、2位以内が自動昇格、3位が入れ替え戦への権利を得るリーグ戦は、伊賀(勝点27)、アンクラス(同25)、狭山(同24)の3強が激しい昇格争いを繰り広げています。そして、アンクラスは次節から狭山(6/28 鴻巣市立陸上競技場)、伊賀(7/5 博多の森陸上競技場補助)との2連戦。第2クールの山場を迎えます。
「本当に大きな第2クールの山場。最初から行け、相手を受けるなと伝えている。自分たちがやりたいサッカーが出来ればいけるんじゃないか」(河島監督)
まずはアウェイで狭山を叩き、ホームへ帰ってきてほしいと思います。

 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。