「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後は笑顔で

081229_最後は笑顔で

 フィナーレを最高の形で締めくくることは出来ませんでした。残念ながら、準決勝では自分たちの力を余すことなく発揮するというわけにも行きませんでした。けれど、素晴らしい戦いをしてくれたと思います。チームスタッフ・選手たちは、廃部という決定の中で悩み、不安を抱え、ぶつけようのない思いを抱えていたはずです。その中で見つけた、仲間とともにひとつになって全力を尽くすという気持ち。選手たちは、その気持ちに正直に最後まで戦い、チームを支える人たちは、最後までチームを見つめ続けてくれました。

「いろんな人たちが、いろんな気持ちを持ちながら、でも、みんながひとつになったからやれたと思います。私はいつも1人じゃないと思ってサッカーをしてきました。TASAKIの歴史が終わって淋しいですけれども、みんなも同じ気持ちで最後までやっくれたと思います。ここまで来ると、サッカーが好きだからやっていたのか、みんなが好きだからやっていたのか自分の中でも分からなくなってしまいました。でも、仲間という割合が本当に大きかったと改めて感じています」(池田浩美)。

 この日の試合は、INACの素早く、そして激しいプレッシャーに立ち上がりから自陣に押し込まれる展開。何とか粘っていましたが、前へ出るパワーを奪われた中では、思うような試合運びが出来ませんでした。14分にはゴールキックのミスから奪われたボールをプレチーニャに決められ、44分にはクロス気味のボールがゴールに吸い込まれるというアンラッキーにゴールを喫してしまいました。無失点で長い時間を凌ぎたかったTASAKIにすれば、この2失点が全てでした。

 TASAKIらしくないミスが出たり、TASAKIらしくない失点シーンがあったのは、彼女たちに様々な思いがのしかかっていたからでしょう。そのプレーのひとつ、ひとつは仕方がなかったと思います。それでも、前半のロスタイムに記録した山本絵美の追撃弾や、3失点目を奪われて試合がほぼ決まってしまったあとも、粘り強くゴールを目指し、終了間際には最後は下小鶴綾を前線に上げてゴールを奪いに行ったことなど、最後まで諦めずに走るTASAKIのサッカーを見せてくれました。

 試合直後は涙を見せる選手もいましたが、「最後は笑顔で」というキャッチフレーズどおり、サポーターが用意してくれた弾幕の前で笑顔で記念撮影をして、TASAKIの20年の歴史に幕を下ろしました。廃部が決まってからこの日まで、チーム関係者が過ごした濃密な時間は、これまで過ごした人生の中で最も重たかった時間だったに違いありません。今はただ、その時間を過ごすことで見つけた何かが、チーム関係者のこれからの人生の大きな糧になることを願ってやみません。さようなら。ありがとう。そしてまた、どこかのスタジアムで会えることを願っています。
スポンサーサイト

TASAKIベスト4へ。有終の美まであと2つ

私たちのサッカーはまだ終わらない

「魂の戦い」。そんな言葉がぴったりの試合でした。TASAKIの特長である全員の高い守備意識と、どこまでも頑張り抜くサッカーが余すことなく発揮された試合。TASAKIの歴史の中でベストゲームの一つに数えられる試合だったと思います。負ければTASAKIの歴史が終わってしまうという不安とプレッシャーの中での戦いですが、選手たちはもちろん、ベンチも、スタッフも、OGの面々も、そしてTASAKIを支えるすべての人たちが、心をひとつにし、自分たちの力のすべてを出すことだけに集中した結果でした。

 試合は裏のスペースを狙って攻撃的に出る浦和と、高い位置からのプレッシングで浦和の攻撃をつぶそうとするTASAKIが真っ向からぶつかり合う展開。立ち上がりは浦和が効果的に裏のスペースを突く展開が続きます。しかし7分、決まったかと思われた浦和のシュートをゴールライン手前で池田宏美がスーパークリア。これがチームに勇気を与えました。ここからはTASAKIがゲームをコントロールする展開へと変わります。

 高い位置からのプレッシャーで浦和のパスワークを封じたTASAKIは、ラインを細かく上下動させて浦和の裏を狙うプレーも巧みにコントロール。そして、マイボールは大谷未央、坂口夢穂、山本絵美らに預けて全体をプッシュアップし、ゾーンをコンパクトに保って浦和に攻撃するスペースを与えません。そして25分には坂口からのラストパスを大石沙弥香が押し込んで先制。浦和を裏狙いの単調なサッカーに陥れて前半を終えました。

 そして圧巻だったのが後半の戦い方。攻撃力を誇る浦和に対し、守りを固めるのではなく、さらに高い位置からのプレッシングを仕掛けることで抑え込みにかかります。FWが最前線から激しくプレッシャーをかけ、それに続いて1人、また1人とボールに襲い掛かります。ボールをキープするのは浦和。しかし、1人をかわしても、次から次へと、人が湧き出てくるようにボールに喰らいつくTASAKIの迫力に、さすがの浦和もタジタジとするシーンが続きます。

 残り10分を切ってから、ようやく浦和がTASAKIゴール前に迫るシーンが続きますが、ここでもTASAKIの前へ出る気持ちは衰えず。シュートに体を投げだし、常に数的優位を保って1点のリードを守り切りました。「耐え抜いた勝利」というフレーズで、この日の試合を報じた紙面もありますが、耐えたというよりは、前からの守備で相手の攻撃を封じ込めたというのが正解。見事な勝ちっぷりでした。「あと2つ。自分たちのサッカーをやりきって、さよならは国立で笑顔でしたい」(山本)。その視線に迷いは全くないように見えました。

やってきました新開地




 神戸ユニバで行われる全日本女子サッカー選手権準々決勝取材のために、前泊用のホテルをネットで探していたところ、「東の浅草、西の新開地」というフレーズを見つけました。大の浅草好きとしては、この言葉は聞き流せません。早速、湊川公園近くにオープンした東横インを予約して、そして、やってきました新開地。浅草ほどごちゃごちゃとはしていませんが、なるほど雰囲気は十分。安酒場と怪しげなゾーン(汗)と、お酒と笑顔。すっかり気に入りました。

 遠征続きで手入れをしていなかった頭を整えるために、まず入ったのは床屋(笑)。洗髪から髭剃りまで、全てついて850円という超破格値に思わずにんまり。刈り揃えたはずの頭のてっぺんが多少でこぼこしていますが(笑)、それもご愛嬌。そして、夜の街に繰り出しました。大衆店が大好きで、B級グルメを自認する私にとっては、どこも、ここも入ってみたいお店ばかり。ただし、初回ということもあって、リスクを避けて調べておいた有名店の暖簾をくぐりました。

08122202.jpg
08122203.jpg
 入ったのは「高田屋京店」。おでんがメインですが、おしんこから刺身まで、ひと通り揃った大衆居酒屋。値段は100円~700円ですが、ほとんどの肴が400円以下という嬉しい価格設定です。店内は20人ほどが座れる円形の大きなカウンターと4人掛けのテーブル席が2つほど。地下でも飲めるようです。

 店に入ったのは6時過ぎでしたが、すでに1階は満員。カウンターのお客さんに詰めてもらって1人分のスペースに体を滑り込ませます。壁に目をやると数え切れないほどのお品書きが貼り付けられています。そんなメニューに目移りしながらも、まずは初心者らしく定番のおでんを注文。すじ、(焼き)豆腐、大根をチョイスします。

 出てきた具材を見てびっくり。どれも大きさはげんこつ大。左の写真の隅に写っているマイルドセブンの箱と比べれば、どれだけの大きさか分かるはずです。とにかくでかい。味噌ダレがかかっていますが、これが定番のようです。そして、お酒は焼酎(甲類)のお湯割り。おでん5個とお湯割り2杯で1560円は、屋台並みの値段でした。

 私が大好きな大衆中の大衆店らしく、満員の1階はアラフォーの女性2人を除いて、全てが男性。背広姿は2人だけ。そして、どう見ても私が一番若い(汗)。いいですね、この雰囲気。大勢で騒ぎながら飲むのも大好きですが、喧騒に包まれた店内で、どうにもならない思いを胸に、けれど、そんなことは決して表に出さず、そして静かに安酒をあおる。長居はせず、くだをまかず、小一時間ほど飲んで「お勘定」と一声かけてお店を出る。そんな飲み方をしたいお店です。ただし、デートには絶対にお勧めしません(汗)。もし、こういうお店に喜んで付き合ってくれるような彼女なら、何があっても離さないことです。

 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。