「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久藤清一の4分間

久藤が走った平塚競技場

 久藤清一がピッチに立ったのは89分。それは、主導権を奪われながらも、最終ラインを高くして湘南の攻撃を跳ね返していた福岡の限界が近づきつつある時間帯でした。運動量で湘南に負け、中盤でのプレスもままならない時間帯。たったひとつのミスがあれば、あるいは湘南にほんの少しの力強さがあれば、確実に失点を喫するギリギリの状態でした。試合終了まではロスタイムを含めて4分。それは、福岡にとっては安全と言える時間ではありませんでした。

 その4分間で、久藤は見事なまでに存在感を見せました。前がかりになる湘南が作るスペーへ入り込んでボールを受け、味方をスペースへ誘うようにパスを出し、さらにパスを出すと同時に新しいスペースへ移動してボールを受ける。確実に高い位置へボールを運び出して時間をコントロールする久藤のプレーは明らかに試合のリズムを変えました。田中佑昌の先制ゴールも、アレックスの勝ち越し弾も見事でしたが、それ以上に久藤のプレーが私の中では強く印象に残りました。

 第48節を終了した時点でJリーグ通算300試合出場にリーチをかけていた久藤。第49節のC大阪戦を控えて雁の巣球技場で汗を流す久藤に声をかけると、「あんまり意識していないですね。先発で出続けていれば違ったんだろうけれど、ここのところ交代出場ばかりだから。300試合って言っても交代出場じゃ、ちょっとね」と言葉が返ってきました。そして迎えた300試合目で久藤に与えられたプレー時間は、たったの4分間。複雑な心境であったことは想像に難くはありませんでした。

 アジアクラブ選手権優勝をはじめ、様々なビッグタイトルを獲得した一方で、日本リーグやJ2でのプレー経験するなど、およそ、日本のプロサッカーリーグのあらゆる場面を経験してきた久藤。節目の試合では先発出場を果たしてピッチの上をフルタイム走っていたい。それが正直な気持ちだったと思います。しかし、与えられた役割に徹し、チームのために淡々と、そして確実に演じていく姿に、強いプロ意識と、ベテランの維持を感じました。この試合で最も重要な役割。それをさりげなくこなす姿に300試合を積み重ねてきた経験が溢れていました。

「相手が前がかりになっていたから、キープするスペースがありましたからね」。スタジアムを引き上げようとする久藤に声をかけると、淡々とした返事が返ってきました。ベテランの味が凝縮された4分間も、先発で出られない悔しさと、ポジションを奪い返すための闘志で心の中が埋め尽くされている久藤にとっては当然の態度でした。今シーズンも残るは1試合。最終戦では、その思いを余すことなくプレーに表してくれるはずです。
スポンサーサイト

最後のアウェー戦を前に

最後のアウェー戦を前に

 いよいよ明日はアウェー最終戦。「なんだかあっけなく過ぎてしまったなあ」と感じている自分がいます。第2クール以降、思うような試合ができない福岡を見ながら「次こそは」と思い、心の底から湧きあがるような試合を見られない現状に「本当の勝負はここから」と言い聞かせ、それを繰り返しているうちに、大きな盛り上がりを感じないままに、ここまで来てしまいました。さすがに辛いものがあります。

 けれどリーグ戦はまだ残っています。あと2試合で今シーズンの印象が変わるわけでもなく、チームが突然変異を起こすわけでもありません。しかし、この2試合で、どのような戦いを見せられるかが、来シーズンの福岡にとって大きな意味を持つものになると思っています。戦術云々よりも、個人、個人がプロ選手としての姿勢と責任を見せられるのか。それが何よりも問われる試合です。ふがいなさを感じさせられたシーズンでしたが、このままで終わっていいわけはありません。

 プロの責任と姿勢というのは、言うまでもなく全力を尽くして勝利のために戦うことです。ただしサッカーは11人でプレーするもの。自分1人だけでは攻めることも、守ることもできず、全員がそれぞれの役割を全うしなければ勝利を手にすることはできません。自分に厳しく、そして仲間にも厳しく求める。できない、あるいは戦術が理解できないからと言って、中途半端なプレーに終始し、互いに厳しく求めあわないのであれば、プロとしての責任を全うすることはできません。

 ACL決勝戦をTVで観戦していた時、非常に印象的な場面にに出くわしました。セパハンのシュートが枠を外れた直後、GK都築龍太が大声で仲間に向かって叫ぶ姿がアップで映し出されたのです。シュート自体はそれほど際どいものではありませんでしたが、シュートコースが空いたこと、相手に対するプレスが甘かったことを厳しく注意したのでしょう。やるべきことを怠ったのであれば、その場で指摘し、確認し、そして二度と同じことが起こらないようにする。チームの一員として、勝利を得るという責任を果たすためにやらなければいけないことです。

 そして、サッカーの目的はゴールを奪うことにあることを強く意識してほしいとも思います。ボールをつなぐのも、大きく蹴るのも、それは目的を果たすための単なる手段にしかすぎません。ボールをつなぐために何をするのかではなく、ゴールを奪うために自分が何をなすべきか。それを実現するために仲間にどんなプレーをしてほしいのか。それを仲間同士でぶつけあうことで、ずれている意識や戦術理解度が統一されるはずです。

 結果を出すことが大事であることは言うまでもありません。ただし、結果オーライの勝利なら何の意味もありません。湘南戦では、ゴールを奪う、ゴールを守る気持をプレーで表現し、目標を達成するために強く求めあう姿を見せてほしいと願っています。

大阪グルメ探訪の旅 三昧な1日

「餃子の」の餃子

 大阪へ行くと何か食べずにはいられない。そんな気持ちに襲われるから不思議です。何ともディープな場所が、ここ、かしこに存在する町が、B級グルメを愛する私の心を揺さぶるからなのかも知れません。「高くて旨いのは当たり前。安くて旨いからこそ意義がある」。常日頃、そう思っている私の感性と一致する場所が多いということもあるのでしょう。ただし胃袋はひとつ。あれもこれもというわけにはいかないので、あちこち徘徊しながら気になる店に寄ってきました。

これが餃子の「餃子の」本店
 最初に立ち寄ったのは「餃子の(本店)」。路地の入口に出されている看板が目印です。路地に面するビルの壁にはポルノ映画のポスターが貼られ、自転車が無数に止められている様子はまさにディープ。その一番奥に大きな提灯と看板が気になっていて、どうしても行きたかったのですが、今回、初めて足を踏み入れました。時間は日曜日の午後1時。店の中をのぞくと1階のカウンターは、餃子と一品料理をつまみにビールを飲むおっちゃんたちで満席です。

 お店の人の愛想がないのもいい。勝手に2階へ上がると4人掛けのテーブルが10個ほど会議室のように並べられています。いいですね、この雑沓のような雰囲気。慣れない人は苦手かも知れませんが私的には最高のシチュエーションです。早速、餃子と本日の定食「回鍋肉」を注文。本当はビールと言いたかったところですが、仕事前ということで断念しました。餃子は皮が大きく、餡は少なめ。若干スカスカした感じがしますが、そんなことはお構いなし。こういう店は雰囲気で食べるものです。

 食事をしている人も、メニューも、まさに大衆中華です。一番安いのは焼餃子315円。高いものでも800円台でした。味も充分。予想通りのお店でした。実は、この日は本町のホテルに泊まったのですが、ホテルに行く途中に偶然にも「」を発見。迷わずに足を踏み入れてしまいました。結局、この日は「」三昧な1日になってしまいました(汗)。それにしても、餃子2人前、かに玉、タンメンと瓶ビール2本で1780円は安い。「蟹はどこ?」などと野暮なことは言いっこなし(笑)。安くてうまければいいんです。

この日の定食は回鍋肉 たこやき道場「わなか」。長蛇の列に今回は断念 自由軒の前にも人が並ぶ

 さて、なんば、千日前周辺は大阪に行ったら私が必ず立ち寄るところ。いつもなら、たこ焼き道場「わなか」に必ず行くのですが、今回は長い行列に並ぶ気力がなく断念。日曜日ということもあって、すっかり全国区になった「自由軒」にも人が並んでいました。その様子を写真におさめながら歩いていくと、立ち食いうどん屋が2軒。その安さにまた心が引かれます。うどんに天ぷらと玉子と昆布を入れて310円。今度行くときには寄らないわけにはいきません。

 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。