「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徳島へ。高速バスとローカル列車の旅

徳島に集結した福岡サポーター

 練習や試合を取材して記事を書くのが、我々フリーライターの主な仕事ですが、もうひとつ欠かせない仕事があります。それは遠征の手配。会社勤めではありませんから、路線をひとつ、ひとつ自分で調べ、かつ、旅費は自腹ですから極力安い方法を探さないといけません。しかも、年々落ちる自分の体力と相談しながら(汗)、多少は無理をするけれども、大きくは無理しないことも大事な要素。1、2試合ならともかく、アウェー全試合の旅程を組むとなると手間がかかります。

 最近、一番困ったのが4/29に行われる徳島への遠征です。どうやら、飛行機とタクシーを利用すれば日帰りも可能ということが分かりましたが費用は5万円近く。体力的には一番楽ですが、わざわざ出かけて行って試合だけを見て5万円というのは、いかにもコストパフォーマンスが悪い。そこで、いろいろと考えた末に、以下の行程で徳島に乗り込むことを決めました。前日、大阪によってC大阪の試合を取材するという手もあったのですが、今回は体力温存ということで1試合のみの取材です。

4/27  博多交通C 22:15  →  高速バス(夜行)  7200円
4/28  →  岡山駅 07:00
 岡山 09:04  →  高松 09:58  マリンライナー15号
 高松 10:03  →  池谷 11:34  高徳線
 池谷 12:35  →  鳴門 12:52  鳴門線  3270円
 鳴門にて宿泊  6405円
4/29  鳴門 10:30  →  スタジアム 10:40  タクシー  1000円
 スタジアム 16:30  →  鳴門 16:40  タクシー  1000円
 鳴門 18:02  →  池谷 18:20  鳴門線
 池谷 18:36  →  高松 19:31  うずしお26号
 高松 19:43  →  岡山 20:36  マリンライナー60号
 岡山 20:51  →  博多 22:44  ひかり483号  15830円
 合計  34705円

 安いといえば安いような、高いといえば高いような(汗)。行きは高松から特急を乗り継ぐ手もありますが、のんびりとローカル電車の旅もいいかなと。しんどいようなら、当日特急に乗り換えるという手もありますし。この行程だと、28日の午後が自由に使えるので、鳴門の町を探索するのもいいかなとも思っています。まあ、あれや、これやと考えながるのも楽しみのひとつ。遠征の楽しみは旅程を立てるところから始まっているのかもしれませんね。
スポンサーサイト

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。