「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悔しい・・・

キックオフ1時間前とは思えない西京極

 悔しい敗戦でした。福岡のリズムで始まり、京都が盛り返し、最後はノーガードの打ち合いのようになって・・・。どちらにも勝つチャンスは同じようにありましたし、同じように負ける危険性もありました。「引き分けがフェアな結果だったと思う」とリトバルスキー監督は語りましたが、私もそのように思います。しかし、最後のパウリーニョのFKと、アンドレの反応の良さは脱帽でした。あれは止められない。けれど、悔しさは晴れません。

 組織的にボールを動かして攻撃を組み立てるチームと、前の強さを前面に押し出して戦うチームの対戦。特徴は正反対ですが力は五分と五分。予想していたとおり、それぞれが自分たちの形からチャンスを作り、それぞれが相手の特長を消しに行くという戦いになりました。90分間、ゲームをコントロールできなかったのは仕方のないところ。実力伯仲の対戦では、どちらかが一方的に試合を支配することはできませんし、相手のエースを1試合にわたって抑え込むこともできません。

 ぎりぎりのところで我慢しながら、隙を見逃さずに攻撃を仕掛ける。そして相手もぎりぎりのところで踏ん張る。簡単にはゴールが奪えない。しかし、不用意なプレーは確実に失点につながる。福岡にとっても、京都にとっても我慢を強いられる戦いでした。そんな試合で勝敗を分けるのは、ミスとセットプレー、そして2ndボールのコントロールだと思っていましたが、生まれた3つのゴールはセットプレーとミス絡みからのものでした。

 福岡の敗戦の理由を問われれば、やはりミスとしか言いようがありません。先制点を喫したシーンでは、福岡は流れの中で大きなミスを2つ続けました。実力に差があるのならともかく、一連のプレーの中で2つもミスが出ればやられるのは当然でした。2点目を呼んだパウリーニョのFKは素晴らしいものでしたが、その前に、あの時間帯、あの場所でファールを犯してしまったことが問題でした。敗因は守備のシステムというよりも、肝心なところでミスを犯したことにあるように思います。

 さて、困ったときは原点に戻る。これがすべての原則です。以前のように無失点を前提にするチームなら、リトリートした体制から囲い込むのが原則。攻撃的にシフトした今のチームなら、攻められる前に自分たちで仕掛ける守備をするのが原則です。敗戦という結果に囚われて腰が引けるようなら悪循環に陥ります。ただし、明らかに対戦チームに狙われ始めた左サイドの守備の整備は急務。このポジションにはチェッコリと柴村しかいませんが、どう立て直すのか注目したいと思います。
スポンサーサイト

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。