「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五輪2次予選、日本が3連勝を飾る

北京五輪2次予選

 昨日は午前中の練習を見学した後、そのまま東京へ。アジア男子サッカー2008 2次予選(北京オリンピック2008 2次予選)を取材してきました。メキシコ五輪で銅メダルを獲得後、28年間の低迷の時を経てアトランタ五輪に出場したのが1996年。以降、五輪には3大会連続出場中ですが、世界のトップレベルに近づくためには、この年代が世界の舞台に立ち続けることが何よりも大事。そういう意味では、絶対に勝ちぬかなくてはならない大会です。

 この日の対戦相手は2次リーグ最大の強敵と言われているシリアでした。しかし、時差調整に苦しむシリアは日本の敵ではありませんでした。正直に言って、ちょっと拍子抜け。このくらいの相手であれば、今の日本が負けることはありません。16分、家長の見事なミドルシュートで先制点を奪うと、24分にはセットプレーから平山が頭で合わせて2点目。71分には再び平山がダメ押し点を奪ってシリアを順当に下しました。

 さて、結果は申し分のないものでしたが、試合の評価を尋ねられた反町康治監督は「評価するのが難しいゲーム。次のアウェーでの試合(4/18 vs.シリア)をしてから正当な評価を与えたい」と答えるにとどまりました。その理由の一つはシリアの出来。香港、マレーシア相手に完勝した姿は全く感じられない平凡なチームだったからです。また、日本の出来も90分間の中で山あり、谷あり。いい時間帯と、悪い時間帯に差がありすぎたからでした。

 細かくパスをつないでビルドアップしてから、左右に大きく展開してサイドから攻め上がるのが日本の特徴。先制点を奪う直前から追加点を奪うまでの時間帯は、まさにこのパターンがはまった時間帯でした。反面、立ち上がりの悪さが日本の課題。その傾向は、この日の試合でもみられ、ファールで取り消されたとはいえ、開始直後には完璧にゴールネットを揺らされました。さらに2点目をあげてからは集中力が切れるシーンが散見され、後半途中までは、チームが連携を失いバラバラになってしまった時間もありました。

 日本の実力からすれば、2次予選は戦いながらチームを作っていく場所。本当の勝負は最終予選にあります。「試合に勝てばすべてOKというわけではない。足元を見つめてやり直すことも必要」(反町監督)。力のあるタレントがそろっていますが、チームとしての強さや、凄味が感じられないのが現段階のU-22日本代表。北京五輪への出場切符を手に入れるためには、個々の高い能力をベースにして、1+1が2にも、3にもすることが求められているように思います。
スポンサーサイト

力の差を見せた一戦

笠松運動公園陸上競技場.

 開始直後のリンコンのゴールですべてが決まったように思います。前田秀樹監督によれば、最も注意していたのが福岡のセットプレーで、攻撃の狙いは上がってくるチェッコリの裏。けれども、そのセットプレーから失点し、チェッコリの前で勝負しては、せっかくのゲームプランも成り立ちません。そして福岡は人もボールも動くサッカーを展開。着実にゴールを重ねて最終スコアは4-1。すべての面で力の差を見せつけた試合でした。

 最も印象に残ったのは、先制点を挙げたリンコンが喜びを爆発させたシーン。腕をのばして真っすぐベンチを指さすと、クルークコーチとハイタッチ。そしてエジソンさんと強く抱き合っていました。決定力不足の切り札として加入しながら、ここまで全く働けなかったことが一番悔しかったのはリンコン自身のはず。結果を出せたことでホッとしていると思います。22分にはチェッコリのアシストを受けて2点目をゲット。63分に宇野沢祐次と交代してピッチを後にしました。

 高さがありポストプレーの出来るFWが必要な福岡にとっては、リンコンに目処が立ったのは大きな収穫でした。活躍の予感を感じさせる林祐征も1年間プレーできるかはまだ未知数。それに2人で競い合うことで互いのレベルも上がるはずです。ポジショニングや、ボールを受けにくるタイミングなど、まだ周りとの連携はいまひとつですが、このメンバーに入って試合をするのは2試合目。これから、もっと連携は高まっていくはずです。

 この試合を見て、もうひとつ感じたことは、福岡は攻撃の形、いわゆる点を取る形を身につけたということです。いつも書いていることですが、これまでの得点は練習試合も含めて、ほとんどがトレーニングどおり。意図した形で崩せる力はあるといっていいと思います。相手がJ2ということもあるでしょうが、以前J2にいたときは、下位相手にも得点を奪うことに四苦八苦していたことを考えれば、大きく様変わりしたと言えます。

 ただし、その分、守備が若干不安を抱えているように見えます。攻撃に力を入れれば、守備がリスクを負うのは当然ですし、ある程度、危険なシーンが増えることは仕方のないことではあります。でも、どうも慌ただしい。バタバタした落ち着きのないプレーが気になります。最終的にはバランスの問題だと思いますが、チームが勝ちきるサッカーを目指す中で、相手に攻めさせない守備の構築が求められているように思います。

鳥栖スタで見つけたグルメな一品

IBUSKI HOTDOG_1

いつまでくよくよしていても仕方がないので、気分転換に

 開幕戦の九州ダービーの時に長蛇の列が気になっていたので、第2節の鳥栖-愛媛戦の時に覗きにいってきました。既に昼食を済ませていたので写真だけでもと思ったのですが、運悪く、買い物を待つ列が途切れたときで(汗)、さすがに写真だけでは帰れなくなって購入しました。「IBUSUKI HOTDOG」。スタジアム内のオーロラビジョンでも宣伝していましたが、何でも阿蘇で作ったソーセージだそうです。網の上で焼かれるソーセージのにおいと色が食欲をそそります。

 網の上で焼かれているパンに、焼きたてのソーセージをはさんで渡してくれるのでいつも熱々。がぶりと噛み付くと、長径で2センチはあろうかというソーセージから染み出るジューシーな肉汁と、キャベツの甘さが口に広がって美味。味付けはシンブルにマスタードのみで、ホットドックと言えば、ケチャップと洋がらしを連想してしまう私にとっては、少々物足りなくもないですが、ソーセージ本来の味を楽しむにはこれが一番です。これで1本500円。十分に納得のいく一品です。

IBUSKI HOTDOG_3 IBUSKI HOTDOG_2 IBUSUKI_4

 お店の場所はメインスタンド通路のやや北側。ドイツ国旗が飾られています。まあ、場所が分からなくても、メインスタンドの通路を、長い列と煙を目指して進めば簡単に見つけられます。また、鳥栖スタジアムは、スタンド内通路にホーム、アウェーの仕切りがありませんから、アウェーチームのサポーターの方も購入可。鳥栖スタジアムに行かれた際には、是非、味わっていただくことをお勧めします。私の取材予定では、次に鳥栖スタジアムに行くのは第10節(4/22)の鳥栖-湘南戦。今から楽しみにしています。

 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。