「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グローバルアリーナ

スタジアムから見渡すグローバルアリーナ

 1万人収容のサッカー・ラグビー専用スタジアム。天然芝2面、人工芝1面のフットボールコート。400メートルトラックを備えた陸上競技場。観客席付のセンターコートを含めて10面のテニスコート(ハードコート)。さらに少年サッカーなら2面が取れる土のグラウンドに、観客席のある体育館とトレーニングジム。各施設の周辺は自然に囲まれており、起伏にとんだクロスカントリーコースや、ゴムチップで舗装されたジョギングコースもあります。これが民間の施設なのですから驚くばかりです。

 グローバルアリーナが優れているのは、各種スポーツ施設が充実しているからだけではありません。多くの日本の総合運動場の類では、食堂と言っても売店を大きくした程度の名ばかりのものだったり、宿泊施設も「泊まれればいい」程度だったりするものですが、併設されている宿泊施設はホテル並み。3つあるレストランはどれも本格的なものばかりです。スポーツ施設を利用しなくても、近所の人たちが食事や散歩に頻繁に訪れるというのもうなずけます。

 HPには「スポーツと食べる・泊まる・楽しむが合体。それがグローバルアリーナ」とキャッチフレーが書かれていますが、まさにその通り。アンクラスの試合を取材に行ったときも、スポーツ施設を利用する人たち以外にも、多くの人たちが訪れて、食事やお茶、そして自然を楽しんでいました。福岡市内からはやや遠いことと、公共交通機関で行くには不便なことが難点といえば難点ですが、機会があったら、是非、行ってもらいたい施設です。

 スポーツを観る、あるいは楽しむために施設に訪れ、その前後にはカフェやレストラン、あるいは自然に囲まれたテラスで談笑する。そこにはスポーツと関係ない人もいるけれど、いつしかスポーツ談義に花が咲く。応援したいチームのグッズが欲しければ買うことも出来る。スポーツを媒体にして、老若男女がひとつになってコミュニケーションできる素晴らしさを感じることが出来る場所でした。私は体験したことがありませんが、ドイツのスポーツシューレとは、こういうものなのかなと思いました。

「こういう施設が福岡市内にあって、そこでアビスパが練習していたら」と思わずにいられませんでした。それこそ、「アビスパ福岡」というクラブを媒体にして、サポーターやファンだけではなく、あらゆる人たちが集える場所になるのではないかと。福岡フットボールセンター周辺を、そういう目的で開発、管理してくれないものでしょうか。叶わない夢ではないような気もするのですが。
スポンサーサイト

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。