「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも心を折らずに

バックスタンドに続く長蛇の列
長い列を作って開場を待つ福岡サポーター

 千葉戦では久しぶりにチームに落ち着きのようなものが戻ってきた福岡ですが、それでも1-3の敗戦。福岡は依然として苦しい状況に追い込まれています。川勝監督就任後、攻撃的なサッカーと、意識の変革のためにチームを3つに分けて徹底した区別を導入した福岡ですが、一時は変わるかに見えた姿も、結果として悪い方向へ行ってしまったと判断せざるを得ません。自分たちのベースを失った福岡にトンネルの出口は見えていません。

 J1で戦うチーム編成ができなかった福岡の力不足は認めざるを得ません。そういうことでは、とにかくトレーニングするしかないのかもしれませんが、同じことをやっても同じ結果の繰り返し。選手だけではなく、現場スタッフ、フロントを含めて、自分たちの行動を見直す必要があると思います。既存の慣習や、自分の考え方に固執せず、誤りは誤りと認めた上で、もう一度クラブが一丸となるには何をすればいいのか。立場を超えて原点を見直す必要があるように思います。

 そして、クラブの外側にいる私たちも、なぜチームを応援しているのか、その原点に立ち返らなければいけないと思います。チームを応援している理由は人それぞれ。立場もそれぞれ。でもチームを大切に思う気持ちは同じはずです。選手たちが苦しんでいるいま、彼らに力を与えるために何ができるのか。現状を変えるために何を行動すればいいのか。それを考えて実行に移すこと。それが最も求められているのだと思います。

 千葉戦のスタンドでは、様々な行動が見られました。今まで以上の声援を送る人も、チラシを巻いたサポーターも、ゴール裏で応援をしたサポーターもいました。そして、ネイビーのものを身につけるサポーターも増えてきたように思います。批判のための批判や、ネガティブな思想は何ももたらしません。チームのために何ができるか。自分も当事者として考え、そしてそれぞれの立場で行動に起こすこと。それが我々がやらなければいけないことだと思います。

 変わらぬ現状と、何をしたらいいのかという悩み、そして、何かを変えなければいけないという気持ち。心の中は様々な思いが渦巻いています。でも原点はひとつ。アビスパ福岡というチームを愛しているということ。それさえ忘れなければ、私たちにもできることがあるはずです。それぞれの立場で、それぞれができることをすること。いま我々は試されています。
スポンサーサイト

がんばれ!アンクラス vs.エルフェンAS狭山FC

ゴール前で競り合う福岡J・アンクラスとASエルフェン狭山

 西鉄大牟田戦の「大保」駅。ここからテクテクと10分ほど歩いたところに小郡陸上競技場があります。九州大学サッカー、九州女子サッカーリーグ、高校選手権などでよく使われ、田んぼの中のにぽつんとたたずむ競技場ながら、きれいな、よく整備された緑の芝生が印象的なスタジアムです。その小郡陸上競技場で20日、mocなでしこリーグ第9節(スケジュールの関係で未消化となっていた試合)の福岡J・アンクラスvs.ASエルフェン狭山FCの試合が行われました。

 狭山とは2度目の対戦になるアンクラスですが、前回の対戦では3-1とリードしながら残り30分で3失点を喫して逆転負けした相手です。「ホームでは絶対に負けられない。借りは返す」。試合前はそんな強い気持ちがあったはず。そして、その気持ちを形に表して終わってみれば5-0の快勝。前回のホームゲームでは敗れてしまったために中止になってしまった試合後の抽選会も復活して、239人の観客とともに勝利の喜びに浸りました。

 この日はアンクラスに懐かしい名前が戻ってきました。松窪裕子選手。大学2年生の時まで福岡女学院アンクラスに所属した元女子ユニバーシアード代表選手。その後、日体大へ編入して関東大学リーグで活躍していましたが、4年ぶりにアンクラスのユニフォームに袖を通しました。長身を生かしたポストプレーが得意な選手で私が好きだったプレイヤー。久しぶりに見る姿を期待を持って追っていました。フルタイムプレーするのは1年ぶりとのことで最後はバテバテになっていたようですが、これから彼女らしいプレーを随所に見せてくれるはずです。

 そして、試合で最も注目を集めたのは、以前、このブログでも紹介したことのある川村真理選手でした。この日は今シーズン3度目となるハットトリックを記録。通算16得点で、mocなでしこリーグ・ディビジョン2の得点王争いでダントツの首位に立っています。シーズン開始直後とは顔つきもプレー振りも全く変わってきましたが、戦いながら自信を身につけていっているようです。チームメイトの内堀律子選手とともに、昨年、第1回AFC U17選手権を制した日本代表のメンバー。大きく羽ばたくことを期待しています。

 さて、残り試合は10となったところでアンクラスは勝ち点21で3位。首位の大原学園とは9、2位の新潟には7の勝ち点差がありますが、消化試合が1試合少なく、それぞれとの直接対決を残していることを考えればディビジョン1昇格は十分に射程圏内と言えます。次回のホームゲームは9月10日の13:00。鳥栖スタジアムでキックオフされます。彼女たちに力を与えるためにも、是非、会場へ足を運んでください。

えっ・・・・・

 昨日の深夜(というか、本日未明)、原稿の整理が進まないので現実逃避にネットサーフィンをしていたら、あっと驚く記事を発見しました。今年は本当に驚くことばかりですが、松田前監督解任に匹敵する、いやそれ以上の衝撃に襲われています。どこで、何が起こっているのか、全く分からなくなってきました。それでも、まだ確定したわけではありませんし、復帰に向けて必死の努力をしているであろう選手本人を否定するつもりはありませんので、具体的な意見は差し控えますが・・・。もし、事実だとすれば論評する価値もないと思います。

 一般論として・・・
 私はサラリーマン時代に、新規事業の立ち上げと軌道乗せのために100%子会社へ出向していたことがあります。社長は本体からの天下り。役職者の大半は複数の関連企業からの出向者で占められていました。出身会社が違えば物事に対する価値基準が違います。しかも、それは長い期間をかけて形成された文化、宗教のようなものですから、これを統一することは不可能に近い。結果として、それぞれの担当者が、それぞれ単独で物事を決めるということになりがちでした。

 また出向者は基本的には部外者ですから、責任が発生するようなことには傍観者を決め込むか、第三者的に無責任な発言をするかのどちらかです。元会社での自分の立場はほぼ確定しているため、出向先で好業績を挙げても自分の身には返ってきませんし、失敗すれば、出向先から責任を追及されることは間違いないからです。また、好きで出向してきたわけではありませんから、出向先の仕事に理想と夢を見つけられないのも当然のことでした。

 組織というものは、統一された価値基準(いわゆるビジョン)があってこそ機能するもの。ところが組織が組織として成り立っていないのですから、常識では考えられないようなことが次から次へと起こります。しかし、1人、1人は自分の中で培われてきた価値基準に基づいて行動しているのですから、誰も自分が悪いとは思っていません。かくして、組織の自浄作用は失われ、転がるように崩壊へ向けて突き進んで行きます。

 それでも私がいた会社が運営できたのは、中間管理職が私を含め本体職員で占められていたからでした。我々にとっては、新規事業会社への出向とはいえ、実質的には自分の会社。他人事では済まされません。新規事業を成功させようという夢も理想もありますし、そこでの成否は確実に自分に跳ね返ってきます。もともと、本体の100%子会社ですから、「ここは○○会社のもの。あなたの価値基準ではなく○○会社の価値基準に従ってもらう」という錦の御旗がありました。役職上は相手が上であっても、こちらは出向者を雇っている会社の本体職員。肩書きと実際の力関係が逆転しているという事情もありました。もっとも、この手段を使うには相当なリーダーシップが必要とされますが・・・。

 結局、そういうことだと思います。腹をくくってリーダーシップを発揮できる立場を用意し、そこへ適任者を迎え入れること。それだけで組織は大きく変わります。それをせずに腐ったみかんだけを取り除いたのでは、一時的に変わったように見えても、新たに腐ったみかんが生まれて同じことを繰り返すだけです。崩壊しかけた組織をたてなおすためには、緊急処置としての個別対応は必要ですが、加えて根本的な改革を施さなければ結局は何も変わらないということだと思います。

上記は私の本当の経験談です。おそらく、あらゆる組織に当てはまることだとも思いますが。

 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。