「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消えた変化の兆し



 10月30日にレベルファイブスタジアムで行われた福岡J・アンクラスvs.ジェフ千葉レディース戦は、一言で言って、非常に残念な試合でした。今シーズンはコンディション不良者が続出し、ほとんどの試合をフルメンバーで戦えないという悩みを抱えるアンクラスですが、それでも、第11節の浦和レッズレディース戦、第12節のベレーザ戦で見せた変化は、これからに期待を抱かせるものでした。その変化が、どのような形になっているのかを楽しみにしていましたが、残念ながら、思い描いていたサッカーとは程遠い内容でした。

 何よりも残念だったのは、浦和戦、ベレーザ戦で見られたチームとしての統一感が全く消えてしまったということです。プレスのかけ方も、タイミングもバラバラ。ボールの取り所は全く定まらず、それぞれが思い思いに動くため、守備ブロックの統一感は皆無でした。これではボールを奪うどころか、サッカーにさえなりません。鮮やかな崩しから先制点を奪い、1人、1人の頑張りもあって、前半は1-0で折り返しましたが、逆転されるのは時間の問題でした。

111101_08.jpg
111101_09.jpg
「中断明けの2試合は、チームとしてどう守るかがはっきりしていて、全体の声かけも良く、連動して守れていた。けれど、それ以降、互いの距離や、ボールの奪いどころ、プレスの掛け方などに曖昧な部分が出てきた。1プレー、1プレーの集中力が少し薄れてきて、それが積み重なって後手後手に守備になってしまっている。基本のところから見直さないと変わっていかないと思う。チームでやりたい形を全員が同じビジョンで戦うことが必要」。堂下弥里は声を振り絞るようにして試合を振り返ってくれました。

 シーズンも残すところは3試合。ほぼ最下位が確定し、しかしながら、チャレンジリーグに入れ替え戦に出場する権利を持つチームがいないため残留は決まっている。今シーズンに対する具体的な目標を持てなくなったことが、モチベーションや高い集中力を維持することを妨げていることにつながっているのでしょう。まして、彼女たちはアマチュアチーム。結果や、内容で生活が脅かされるわけでもありません。様々な事情で選手間に温度差が生まれてしまっては、チームとしての統一感を作るのは難しいものです。

 しかし、自分たちが成長し、その結果としてチームが強くなるためには、常に一歩、二歩先を見て努力を積み重ねることが必要で、たとえ順位が確定していたとしても、無駄に出来る試合はなく、それは、プロであろうと、アマチュアであろうと変わりはありません。この日、試合後に開かれた選手ミーティングは非常に長いものでした。おそらく、いろんな意見が出たのだと思います。一番悔しい思いをしたのは選手たち自身。その気持ちを大切にして、残り3試合を戦ってほしいと思っています。

111101_10.jpg 111101_11.jpg 111101_12.jpg
スポンサーサイト

更なる挑戦 矢田貝実希子(DF 背番号2)

矢田貝実希子(やたがい みきこ)
1986.11.4生
出身地:広島県
身長/体重:149/41
前所属:バニーズ
登録年数:6
2009年度成績(得点数/出場試合数):1/5
通算記録(得点数/出場試合数):4/51

 身長149センチの小柄なSB。しかし、身長のハンデを感じさせない鋭い出足で駆け上がり、時としてゴール前にまで顔を出すプレーが観客の目を引き付けます。「得意なプレーはオーバーラップ。スポーツは体が大きい方が有利だと言われるじゃないですか。でも小さくても、こんなにできるんだなと周りから思われたいです」と本人は話します。短いセンテンスでハキハキと話す様子は、気の強さも窺わせます。

 出身は広島県。中学校から本格的にサッカーを始め、高校は関西の強豪校・日ノ本学園へ。卒業後は宝塚バニーズ(現パニーズ京都SC)で2年間プレーしたあと、母校の日ノ本学園のスタッフとして後輩たちを指導する毎日を過ごしていました。「選手としてプレーするのは、もういいかなって。でも、後輩たちがすごく楽しそうで」。そして、日ノ本学園の監督の勧めで福岡J・アンクラスへ。今年で復帰後3年目のシーズンを迎えました。

 現在はアルバイトしながらサッカーを続ける毎日。大変じゃないかと聴くと、あっさりと答えが返ってきました。「サッカーをするために福岡へ来たんだし、バニーズにいた時も8時から夜まで働いていたし、そういう生活がずっとなので、自分にとっては普通です。サッカーができれば、それでいいという感じです」
 そして、サッカーの魅力をたずねると、次のような言葉が返ってきました。
「ゴールが決まった後とか、GKがセービングしたときとか、みんなで集まって、ワーッて盛り上がるじゃないですか。それが楽しいです」

 選手に復帰して感じることは、女子サッカーに対する関心度が高まったことだと話します。そんな中でも福岡は特別だと話します。
「アビスパがあるから、みんながサッカーを知ってますよね。ジェフレディースとか、浦和レッズレディースはJリーグの下部組織ですけれど、アビスパとアンクラスは全く別の組織なのに、試合で紹介してくれたり、ボールスタッフをさせてくれたり、すごく宣伝してもらっているなって感じます。アビスパのレプリカを着たサポーターに、頑張れって言われると凄くうれしいです」

 そして、再開するシーズンについて抱負を話してもらいました。
「一緒に昇格した伊賀、狭山にだけは絶対に負けたくないですね。それに、昇格組の3チームが8位、9位、10位になったら、やっぱり昇格組は下から3つと言われる。それだけは嫌。少なくても7位以上が目標。それに、アビスパと比べたら迫力はないかもしれないけれど、頑張っている姿はJリーガーに負けない自信はあるので、もっと、もっと見に来てほしいです」

更なる挑戦 板谷麻美(DF 背番号20)

板谷麻美(いたや まみ)
1989.10.15生
出身地:福岡県
身長/体重:159/54
前所属:-
登録年数:5
2009年度成績(得点数/出場試合数):2/19
通算記録(得点数/出場試合数):6/71

 小学校まではソフトボールとテコンドーをやる女の子。サッカーは福岡女学院中学校に進学してから始めました。
「女学院にはソフトボール部がなかったし、何か体を動かしたいなと思っていたんです。たまたま担任が鶴原一徳先生(現・ANCLASユース福岡女学院SS監督)だったし、日韓W杯で鶴原先生が張り切っていたのを見ていて、だったらサッカーをやるのもいいかなと思って」
 チーム内では、最も遅い時期からサッカーを始めましたが、間もなく頭角を現して、なでしこリーグ2部に初参戦した2006年シーズンでは18試合の出場し2得点。以降、コンスタントに試合に出続けています。

 ポジションはDF。昨年まではボランチでプレーすることが多かったのですが、今シーズンはCB、SBとしてプレーしています。そして、サッカーの面白みは何かと訪ねると、守備の選手らしいコメントが返ってきました。
「点を取られないところが嬉しいというか、楽しいというか。上手く抑えたときは『シメシメ』という感じです(笑)。攻撃の選手が感じるのとは違った面白さですね」
 持ち味は当たりの強さとひたむきなプレー。「ガチンコの1対1のぶつかり合いで負けたら自分の良さがなくなってしまいますから」とは本人の弁。

 そして、今年からプレーする最高峰の舞台について、次のように話します。
「レベルが上がったのでやりがいはあります。その反面、1試合、1試合、気が抜けません。週末からリーグ戦が再開しますけれど、よりレベルアップするためにも頑張らないといけないなと思っています。予想していた以上にやれていると感じている部分もあるんですけれど、それでも簡単に失点してしまうことがあるので、やはり、守備は個人じゃなくてDFラインの4人が連携してやらないといけないと改めて感じます」

 課題はポジショニングと攻守の切り替えのスピード。トップレベルの戦いの中では、不利な体勢では得意のヘディングも競り勝つことはできず、ラインを整えるのに時間がかかれば、その隙を突かれてしまいます。「無失点に抑えること。もし失点したとしても、なるべく0-0の状態を長く保つことを心がけています」。90分間に渡って集中力を切らさずに素早くラインを整えられるか。それがアンクラスの守備を安定させる鍵を握っています。

 さて、週末にはリーグ戦が再開。中断期間中の準備が問われる試合が始まります。 「ここまで試合に出続けられているのは、りつ先輩(内堀律子)が怪我で戦列を離れていたという理由もあるので、りつ先輩が戻ってきても、私もいなくてはと思ってもらえるようなプレーヤーになりたいです。『凄い』というプレーが出来る選手じゃないんですけれども、がむしゃらに頑張るので、その姿を見てほしいです」。ピッチの上で躍動する板谷選手のプレーに注目です。

 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。