「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライジング2連勝 大分に逆転勝ち

チームの中心として得点を重ねるカルロス・ディクソン。前日の23Pに続き、この日も21Pを挙げた。

「(第1戦の勝利は)勝負どころの流れが、僕たちの方に流れただけ。気を引き締めてやらないと足下をすくわれる」(小川忠晴HC・福岡)。
「ターンオーバーされない正確なプレーをするというのがキーになる。今日の結果で身にしみたと思うので、明日は期待していただきたい」(鈴木裕紀HC・大分)
 ライジング福岡の先勝で迎えたライジングvs.大分ヒートデビルスとの第2戦。両監督ともに必勝を誓っての戦いでしたが、結果はライジングが前日と同スコアの92-79で勝利を飾りました。

 勝負を分けたポイントは3つあったように思います。前日の反省から、アグレッシブなディフェンスを仕掛ける大分は、第1Qの立ち上がりからライジングを圧倒。あっという間に10点差をつけてライジングを突き放しにかかります。しかし、ここで我慢して崩れなかったのが最初のポイント。攻め返すのではなく、まずはディフェンスを整えることを選択したライジングは、やがて落ち着きを取り戻してリズムを奪回。4点差まで詰め寄りました。これが、その後の展開に大きな影響を与えたように思います。

 2つ目は第2Qの攻防。試合の流れは五分と五分で、互いに激しくゴールを狙う展開が続きます。ここで特筆すべき活躍を見せたのがベンチスタートの石谷聡。大分に流れが行きかけるたびに、アウトサイドから正確なシュート(3Pシュートを含めて7得点)を決めて流れを渡しません。さらにはライジング陣内で相手のパスに果敢に飛び込んでボールを奪い返すシーンも。前半を終了して42-43と大分が1点のリードも、流れは完全に福岡のものになっていました。

 そして、勝負が決したのは前日同様に第3Qでした。立ち上がりの勢いが消えた大分に対し、ライジングはリバウンド、スチールで大分を圧倒。さらには相手のターンオーバーを誘って、ボールを奪ってからのファーストブレイクという自分たちのスタイルで得点を重ねます。「ターンオーバーが非常に多く、そこからのファーストブレイクから、相手に簡単に得点を重ねられたという昨日と同じ状況になってしまった」(鈴木HC)。第3Qを終えて69-56とライジングがリード。事実上の勝負が決まりました。

 これでライジングは4勝4敗の五割に復帰。開幕当初はチームの完成度に課題がありましたが、2日間のプレーを見る限り、チームとしての連携が高まってきているように感じます。また、全員が献身的に守り、全員で攻めるという意識が徹底されていましたが、そのスタイルこそ、今シーズンのライジングが目指すもの。着実に積み上げてきているように思います。次の試合は、まだ未勝利のホームでの高松との対戦。ブースターの前で勝利を挙げて、勢いをつけてほしいと思います。

主将・仲西淳(#1)。得点は3ポイントだったが、守備面での貢献大。チームのリズムを作った。111107_03.jpg タイムアウトで選手たちに支持を 送る小川忠晴HC。バスケットには的確な情報分析が欠かせない。

続きを読む »

スポンサーサイト

bj版九州ダービー。まずはライジングが先勝

チームの司令塔であるポイントガードを務める竹野明倫(#8)

 2連敗、2連勝、そして2連敗と、波に乗り切れないライジングにとっては、アウェイとは言え負けられない1戦でしたが、試合の流れを巧みに引き寄せて92-79で先勝。「今はチームとして勝って自信を付けることが何よりも大事」(小川HC)というチームにとって大きな1勝になりました。中々相手を突き離せない展開でしたが、我慢を重ねて第3Qの勝負所で一気に仕掛けての勝利。「お互いが、お互いをカバーしあって、チームとしてバスケットをやれた」と仲西淳(#1)は試合を振り返ってくれました。

 試合は序盤の攻防を経てライジングがリードする展開で進みます。しかし、点差を広げても、相手を突き放すことが出来ずに詰め寄られる展開は、前節の滋賀の試合と同じもの。我慢比べの試合は第2Qを終えて43-40の僅差で折り返します。勝負を分けたのは第3Qの残り7分を切ってからの攻防。50-50の同点に追い付かれた後、互いにスコアを伸ばせない時間を経て、ライジングが一気に流れを引き寄せて72-58で3Qを終了。これで試合が決まりました。

要所で貴重な得点を重ねたケビン・パルマー(#15)。bjリーグでのプレーは今年が初めてだが、高い技術と得点能力に期待がかかる。
タイムアウトで戦況を確認するライジング福岡。タイムアウトのタイミングも微妙にゲームの流れを変える
「第1Qの出足が良かったこと。それが今までと一番違った点」と話すのは仲西。ここまでは立ち上がりで相手にリードを許し、それを追いかけるという展開の試合が続いていましたが、追いつかれた時間があったとはいえ、全体を通してリードを保っていたことでメンタル的に落ち着いて試合を進めることが出来たようです。第3Qの立ち上がりは、それまでリードしていたリバウンドが取れずに難しい展開になりかけましたが、その時間帯を我慢できたのも、落ち着いて試合の流れを読めたからだと思います。

 しかし、最終的に13点差をつけての勝利とは言え、試合データを眺めてみれば差はほとんどありません。「どちらが勝ってもおかしくない数字。勝負どころの流れが僕たちの方に流れた。その違いだけ。気を引き締めてやらないと足下をすくわれる」と話すのは小川HC。「勝つには勝ったが、ポイント、ポイントで修正しなければいけないところもあるし、大分はタレントが揃っていて、我々の脅威となる力を持っている」と、仲西も警戒を緩めていません。

 勝負を分けるのは立ち上がりの攻防と、中盤戦での「我慢」。大分との第1戦ではミスも目立ちましたが、そのミスをお互いにカバーし合いながらプレーできたことで、最終的に勝利の流れを引き寄せることが出来ました。しかし、大分もホームで連敗はできず、昨日以上の難しい試合になるはず。もう一度、チームとしてのバスケットをしながら、我慢すべきところで我慢できるかが試合の鍵を握ることになりそうです。さて、間もなくティップオフ。今日も熱い戦いを期待しています。

昨シーズンのリバウンド王・ゲイリー・ハミルトン(#2)。滋賀から移籍してきた。この日も11のリバウンドを取ってゲームを作った。 突破を仕掛ける石谷聡。派手なプレーはないが、見えな所での体の張ったプレーで流れを呼び込んだ。 ヒートデビルス所属のDEVIL GIRLS。この日は女子高生を思わせる衣装で会場を盛り上げた。

続きを読む »

ライジング、滋賀を突き放せずに逆転負け

第1Q途中から出場し流れを引き寄せた竹野明倫選手

 10月29日に行われたbjリーグ第7節。ライジング福岡は、ホーム初勝利を目指して戦いましたが、結果は79-82で敗戦。残り3分までリードを保っていながら手痛い逆転負けを喫してしまいました。試合後、コートで挨拶に立った小川忠晴HCは「負けた者が言いわけをする必要はありません」と一言。開幕戦で琉球ゴールデンキングスに2連敗しましたが、アウェイの宮崎戦で2連勝を飾り、「さあ、これから」と思われましたが、チームの完成度という点で、まだ課題を抱えているようです。

 試合の主導権を握っていたのはライジングでした。立ち上がりこそ3-10とリードを許したものの、途中からコートに入った竹野明倫が流れを変えて、第1Q終了間際に20-19と逆転。その後は終始リードを保って試合を進めていました。ただ問題は、相手を突き放すべきところで突き放せなかったことにありました。自分たちの流れに持ち込んでリードを広げかけては、滋賀に詰め寄られるの繰り返し。結局、それが最後の最後でひっくり返された要因だったように感じています。

活躍が期待されるケビン・パルマー。「らしさ」も見せたが、本人の実力からすれば、まだまだの出来。
シュートを放つディオニシス・ゴメス(滋賀レイクスターズ)
 試合の流れを変えたのは、残り2分50秒で小川伸也(滋賀)が放った3ポイントシュートでした。ファールを受けながらもシュートが決まってバスケットカウント。しかも、その直後のケビン・パルマー(ライジング)の行為がテクニカルファールの判定を受けて、滋賀に合計2本のフリースローが与えられます。これを小川が確実に決めた滋賀は、この一連のプレーで一気に5点を奪って71-72と逆転。これで試合の流れは全く逆になってしまいました。

「粘り強く戦っていけば、最後は僅差で勝てると思っていた。小川のビッグショットが勝負を分けたと思う。一時は7点差をつけられて、ゲーム中はイライラすることもあったが、みんながひとつになってプレーし、常にポジティブにプレーしていたのが勝因」と話したのは滋賀のアランウェストオーバーHC。その言葉通り、しつこく、しつこく、喰いついていったからこその勝利だったと思います。

 一方、「試合前に注意していたことは、ほぼやれていた。ただ、ところ所での気の緩みや、トラディションが遅くなってやられたシーンがあり、今日は、そういったところでの点の取られ方に問題があった」と試合を振り返ったのは小川忠晴HC(ライジング)。アグレッシブなディフェンスからのファーストブレイクなど、「らしさ」は見せましたが、細かな部分を抑えきれず勝利を逃してしまいました。また、リバウンドを思うように取れず、守備に甘さが見られる点も気になる部分です。
 さて、次節はアウェイで大分との2連戦。苦しい戦いが続いていますが、勝利を挙げて流れを変えてほしいものです。

果敢に仕掛ける仲西淳主将。今シーズンも熱い気持ちでチームを引っ張る。111101_04.jpg 華やかなチアダンスもバスケットボールの魅力のひとつ。RFCチアーズのダンスでチームも勇気百倍。 滋賀から移籍してきたゲイリー・ハミルトン。昨シーズンのリバウンド王の加入は、ライジングに新たな力をもたらす。やってきた111101_06.jpg

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。